exciteMUSIC
PROFILE

1973年東京生まれ原宿育ち。
ホフディランのボーカル&キーボーディストでありつつ、ザ・ユウヒーズ・BANK$名義でも常にPOPな作品を発表。
ポッドキャスト界では日本最多エピソードを誇る人気番組「こむぞう」を毎日配信しつつ、数多くの番組・企画をプロデュースしている。
とにかくなんかいつも楽しそうにしてるグルメ番長。おそらく探せばヤバイ過去もあるだろうが、このプロフィール欄では意図的にそこの部分は割愛させてもらいます。
(監督)

ホフディランオフィス お仕事のご相談はこちらへ
軟式カレーフェア4日目
昼にフリーペーパーの撮影を行い、夕方はお茶の水の楽器屋へ行きがてら淡路町の『トプカ』へ。
お茶の水・神保町界隈にはご存知のように数々のカレーの名店がひしめき、なかなか自分の中で新しい店に行きづらい現象があります。

そんな中、一度行ってみたかったトプカへ軟式カレーフェアの時こそは!と思い、共栄堂・エチオピア・カーマその他もろもろのカレー神に後ろ髪を引かれながらも、ひとり淡路町へと足を向けて行ってまいりました。

まず最初に伝えておきましょう。

ウマイ!!!!!!!!!!!!!!

なんだ、このウマさは!
初めてエチオピアのカレーを食べた時、初めて共栄堂のカレーを食べた時、初めて夢民のカレーを食べた時、その度に「カレーの神が降りたー!!」と勝手に思って興奮してた訳ですが、トプカのカレーもまさにそのレベル。
これはウマイ!!
すごいね、ビックリ。

そしてもう一つビックリなのは、夜は居酒屋営業をしてるらしく、真剣にカレーにむしゃぶりつてるのは俺一人で、その他はほとんど居酒屋として利用してるサラリーマンだらけ!
あちらこちらから上司へのグチが聞こえ、「だったら会社やめちまえ!」なんて異常なテンションの島耕作だらけ。

なんかカレーっぽくないんだよね、店が。
でも、味はマジで100店満点のすごいお店です!

神保町からちょっと歩きますが、その価値は大です!!

f0146268_23345982.jpg
# by yuhiblog | 2005-03-03 03:18 | 軟式グルメ
軟式カレーフェア3日目
なんと!

軟式カレーフェア3日目は、スタジオ帰りに下北沢のスープカレーの店『心』へ。

札幌で人気の店らしいですが、マジスパほどのインパクトはなく、むしろおしゃれカフェっていう感じ。

普段スープカレーの店行くと、僕は死ぬほど辛いのを注文するんですが(そして後悔するんだが)、今日は週末のライブのことも踏まえ、喉をいたわってほどほどにしておきました。

「納豆とオクラのスープカレー」というのを頼んだけど、そこまで辛くしなかった上に納豆とオクラのネバネバによってさらにまろやかになり、かなり物足りなかったですね。。
ウムが頼んだ「骨付きチキンのスープカレー」の方がうまかったな。

今まで食べたスープカレーの中では、最もブイヨン(=出汁)の味が強くて、逆にスパイスの味は弱いかな。
要はいわゆる一般的な意味でのスープに近い感じ。
つまり、スープカレーではなく、カレースープってことか??

つまり、スープ好きには結構美味しいだろうが、カレー好きには物足りないという。

つまり「カレーに短し、スープに長し」と、そういうことでしょうか。

つまりばかり言うとりますが、とどのつまり、もうちっとスパイシーな方が僕は好きですね、つまり。
とはいえ決してまずくはないよ、結構値段設定が高めのスープカレー界において、ここはコストパフォーマンスもとても良いし。
次はもうちっと辛くして食べてみようかな、そしたら結構旨いかも。

f0146268_23302886.jpg



それにしても、皆さんからのカレー情報楽しく読ませてもらってます。どんどんホットに語って下さい。
# by yuhiblog | 2005-03-02 03:05 | 軟式グルメ
軟式カレーフェア2日目
バンクス!
なんと!

軟式カレーフェア2日目は新宿の『ゴーゴーカレー』へ。

ゴーゴーカレーという店名は、店と同郷(金沢)のゴジラ松井の背番号55にちなんで付けたという。
早稲田のつけ麺屋『高木や』のご主人が、元ドリフターズの見習いさんで、早稲田に高木ブーさんが住んでることから、名前を『高木や』にしたのと同じようなもんですかね?
ちゃうか?ちゃうか?

それにしてもここのカレーの量は、とにかく多い!
いやいや、悪い事じゃないですけどね、それにしても多い!多すぎる!
メジャーカレーっつー『ロースカツ+チキンカツ+ウィンナー+エビフライ+ゆで玉子』が入った、ラーメンで言うとこの『全部入り』的なメニューがあるんだけど、カレーだけでもこれだけあんだから、そんなん確実に食いきれないだろうなあ。
俺ははなから挑戦する気も起きないけど、ロースカツにチキンカツってねえ、せめてカツはどっちかだけでよくねーか?

ルーにはなんか肉の佃煮みたいのが入ってて(佃煮かどうかは知りませんが)、味もけっこう濃いですね。

僕が個人的に好きなのは、ここのお皿で、こういうトレーって妙にカレーを美味しく感じさせない?
給食を思い出すというか。
まあ、毎日この皿だったら、たまにはちゃんとした皿で食わせろ!と思うんだろうけど、嫌いじゃないですねこういう銀トレーって。

すげー美味しいカレーという訳じゃないけど、なんか許せてしまう、祐天寺のナイアガラ的な店ですね。
たまに食べたくなります。

そうそう、昨日のコメントで何人かの人も書いてましたが、カレーにキャベツ、これは結構合いますね。
なんと!

f0146268_23292464.jpg
# by yuhiblog | 2005-03-01 00:11 | 軟式グルメ
軟式カレーフェア
バンクス!
さてさて、一体このブログで何ができるのか?

その答えはカレーではないか?

と思い立った僕はいきなり1週間の軟式カレーフェアを開催するに至りました。

初日に訪れたのは神保町の『キッチン南海』。

ここはカレー好き・定食好きの間であまりに有名な店だったため、今まであえて避けてたんですよ。
なんか、すでに人の手垢がついてるようで悔しいでしょ。(悔しくないか?)
しかし昨年、一念発起して同じくキッチン南海バージンのBANK$ウムと一緒に行って、初めて食べてみたところ、

「うまーーい!(大声で稲川淳二風に)」

今まで行かなかったことを本気で後悔した。

という訳で今回、軟式カレーフェア初日に訪れた訳ですが、やはりうまい!
50円のキャベツも山盛りで良い!

しかしランチタイムは混み過ぎで、4人掛けテーブルに相席とかになると、マジで身動きとれません。
定食屋とはいえ、もうちょっとだけ席に余裕が欲しいですね。

楽器街に近いということもあり、ミュージシャンには南海ファン結構多いです!

さてさて、そんな訳で始まった軟式カレーフェア、皆さんも独自のカレーフェアを行ってみてはどうですか?
うまいカレー屋の情報、画像もお待ちしております!!

f0146268_16153453.jpg
# by yuhiblog | 2005-02-28 13:35 | 軟式グルメ
ヘイヘイ

昨日、ホームランナイターに来てくれた人、ありがとうございます!
かなりの盛り上がりで、嗚呼、日が良い日が良いという感じでしたね。

来れなかった人に内容説明


<LIVE>
BANK$
DOMINO88
Casper&The Cookies(from USA)


小宮山雄飛+UMU(BANK$)
KIYOSSIE(DOMINO88)
谷井一郎(エレキコミック)
サカモト(エレキベース)+増沢(ザ・ガールハント)
BEST3-D(田中ゲンショウ+北田マキ+堀内ジュンヤ)
竹内誠(サザンハリケーン)
大川たけし(東京60WATTS)

こんなメンツでLIVE&DJイベントをやった訳です。

といっても、微妙に憶えてない部分もございます。
なんか最後の方に酔っぱらってWE ARE THE WORLDとか歌った気が。。
てか、東京で一番音楽のかからないDJイベント(つまり喋りが多い)のようで、いかがなものなのかと。

いっそのことトークショーというくくりにした方がいいんじゃないかと?

さてここで告知です、今週の土曜(3月5日)に原宿のDESIGN STUDIOという新しく出来るビルでBANK$がフリーライブを行います!

<場所>原宿 KDDI DESIGN STUDIO (竹下通りと明治通りの交差点)
<日時>3月5日 17時開演(14時から整理券配布)
<入場方法>エトランスフリー(整理券優先)
<WEB> http://www.kds.kddi.com/
BANK$初のアコースティック編成なんで、僕らもかなり楽しみにしてます、ぜひとも皆さん遊びに来てください!

そして昨日のホームランナイターの感想などなど、またごじゃんじゃんコメント&トラックバックしてみて下さい。
俺的には、実は出演者以外にも楽屋に俺の大好きなミュージシャンが勢揃いしてくれてたのが、かなり嬉しいイベントでした。
今年はマジでつながってくよ!

f0146268_14575762.jpg

マネージャにライブ撮影を頼んだら、なぜか足元だけ写ってた。
新手の嫌がらせか??

f0146268_1458767.jpg

お客さんがなぜか勝手に白鶴の「まるー!」をやり始めた。しかも一人バツがいる、、。
# by yuhiblog | 2005-02-26 14:56 | ブログ
INFORMATION

帰ってきたホフディラン
この商品を買う
LINK
Excite Music 連載ブログ
おことわり
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。