exciteMUSIC
PROFILE

1973年東京生まれ原宿育ち。
ホフディランのボーカル&キーボーディストでありつつ、ザ・ユウヒーズ・BANK$名義でも常にPOPな作品を発表。
ポッドキャスト界では日本最多エピソードを誇る人気番組「こむぞう」を毎日配信しつつ、数多くの番組・企画をプロデュースしている。
とにかくなんかいつも楽しそうにしてるグルメ番長。おそらく探せばヤバイ過去もあるだろうが、このプロフィール欄では意図的にそこの部分は割愛させてもらいます。
(監督)

ホフディランオフィス お仕事のご相談はこちらへ
<   2009年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧
3人ホフディラン
3人ホフディラン、やってきました。

渋谷BOXX、来てくれた皆さん、ありゃーと!

今月14日(日)にも、3人ホフディランにてFM横浜で、なんと30分近くライブを完全生中継します!!
(詳細はホームページでチェックを)

さらにもうすぐ発表になりますが、8月の頭にも都内某所にて3人ホフディランでフリーライブを行います!

シンプルで、歌や演奏が伝わりやすく、意外と良いですね、この組み合わせも!

3人ホフディラン_f0146268_2219178.jpg

ゲンショーさん、別にそんなポーズ頼んでないですよ・・・
by yuhiblog | 2009-06-07 22:20 | 軟式LIVE
おごりびと
一昨日は、小山薫堂兄貴に念願のお寿司をおごってもらった。

もうかれこれ2年程、兄貴には
「銀座で最高の寿司をおごってあげよう」
と言われていたのですが、なんだーかんだーと時が過ぎるうちに、気付けばアカデミー賞を獲得して、銀座どころか世界の小山薫堂になってしまっていたのです。

そんな兄貴が、久しぶりに「おごりびと」になってくれたのです。

場所は銀座の『きよ田』

限りなく薄口にして軽いお寿司(特に果物のような味がする鳥貝!)も最高でしたが、やはり薫堂さんと行くと、色んな面白い話、いい言葉が入って来るんですね。

特にこの日は僕ら以外にお客さんがいなく、貸し切り状態だったので(世界の小山薫堂とサシで二人きりの寿司カウンター!贅沢)、店のご主人からもお寿司だけじゃなく器やまな板に至るまでの素敵な話を聞けて、その一言一言がまさに『粋』なんですね。

それもこれもやっぱり薫堂さんが『粋』なんでしょうね、粋なところには粋な話や言葉が集まってくる。
こういう所から、また新たな面白い企画やアイデアが生まれてくるんでしょう。

うまい寿司、うまい酒、うまい話

最高の夜でした、薫堂兄貴ごちそうさまです!


おごりびと_f0146268_1054048.jpg

味わいはありつつ、あっさりさっぱりの絶品マグロ


おごりびと_f0146268_10544632.jpg

なんと、白州正子作の器!!これで飲んでまずいはずがない!
by yuhiblog | 2009-06-04 10:55 | 軟式グルメ
3人ホフディラン
ほい

昨日は3人ホフディラン、すなわちホフ+田中ゲンショーによる3人セットでTVKの『オンガクのDNA』に出てきました。
収録後の映像などここで観れるみたいです。

http://www3.tvk-yokohama.com/dna/

久しぶりにスカパラの谷中さんとも会えて楽しかったす。

谷中さんといえば、僕など足元にもおよばない『飲んべえ』です。

数々の伝説をあちこちの酒場で作ってる訳です。

ということで、番組でもぜひ谷中さんとそこら辺の泥酔話をしたかったんですが
「スポンサーが酒造会社Sなんで、泥酔話とかは・・・」
と言われてしまい

ついつい
「え? お酒の話できなかったら谷中さんとの話なんてなんも無いじゃないですか!」
と言ったところ

谷中さんから
「おい!そりゃねーだろ!酒の話抜いたら俺なんも無いのかよ!
『谷中』ー『酒』=0かよ!!」
と怒られました(笑)

と言いつつ、結局最後には
「また飲み行きましょうね!」
と酒の約束でお別れ、、、、結局酒じゃん!

おそらく僕が知る中でも最も豪快な酒飲み(褒め言葉です)でしょうね、谷中さんは。

p.s.
最近なぜかリアルタイムでほとんど聴いた事のなかったeverclearの旧譜ばかり聴いてます。
by yuhiblog | 2009-06-02 13:39 | 軟式ニュース
INFORMATION

帰ってきたホフディラン
この商品を買う
LINK
Excite Music 連載ブログ
おことわり
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。