exciteMUSIC
PROFILE

1973年東京生まれ原宿育ち。
ホフディランのボーカル&キーボーディストでありつつ、ザ・ユウヒーズ・BANK$名義でも常にPOPな作品を発表。
ポッドキャスト界では日本最多エピソードを誇る人気番組「こむぞう」を毎日配信しつつ、数多くの番組・企画をプロデュースしている。
とにかくなんかいつも楽しそうにしてるグルメ番長。おそらく探せばヤバイ過去もあるだろうが、このプロフィール欄では意図的にそこの部分は割愛させてもらいます。
(監督)

ホフディランオフィス お仕事のご相談はこちらへ
したコメ・たけしさん&田中くん&いろいろ
POP!

さて、今ぼくの手元には2つの素晴らしい読み物があります。

一つはこれ
f0146268_23202890.jpg


皆さんもご存知のとおり、昨日のしたコメでのサニーデイ田中くんの一世一代のビートたけしさん大接近計画の模様をスポニチがすっぱ抜いた記事です。

左 ビートたけしさん
右 いとうせいこうさん

真ん中 誰????

という世間の反応を予測しつつ、勇敢にもステージセンターへと向かった40代男の晴れ舞台であります。

そしてもう一つの読み物はこちら

f0146268_2324630.jpg

盟友・西寺郷太による「プリンス論」
これまた、ミュージシャンが書いたとは思えないくらい本気のリサーチで、日本では初めて出されたプリンス本です。
(ほんとにすごいんだ、これが!)

友人二人のこの出版物(一人はただの熱唱ですが)に共通するものは、ずばり
『愛』
なのです。

二人とも本業はもちろんミュージシャンですが
たけしさんへの偏愛ゆえのこの到着点
プリンス愛が行きついた末の作家としての本出版
どちらも本気で「愛」のパワーに満ち溢れてるんです!

僕もよく、好きなカレーや街散策・ディズニー、ふしぎ発見なんかの
言わば音楽以外のことで雑誌やテレビに出させてもらうと、少なからず
「ミュージシャンなのになにやってんだ!」
的なお叱りを受けることがあります。

でも、その都度言ってるのが
「好きだからやってるんだよ・・」
なんですよ。

そもそもミュージシャンという職業だって、音楽が「好き」だからやっただけで、本来僕らにとって一番大事な原動力は「好き」であり「愛」だと思うのです。

「愛」こそが一番大事で、それが理由ならなんでもいいんですよ、ぶっちゃけ。

田中くんがたけしさんを大好きということで、みんなで色々考えて、最後はステージど真ん中でたけしさんの横で歌うまで至ったのですが、これって通常のイベントルールでいったら、絶対アウトなんですよ。
ホフディランの、さらにそのサポートのベースの田中って人がたけしさんの隣で歌うって、なんなの???って(笑)

でも、せいこうさんたけしさんTTの3ショットに嫌な感じがしないのは
田中くんが本気でたけしさんを「愛」してる感が伝わってくるからなんだよね!

世間的な知名度とかその人の立場とか、イベントサイドの立ち位置とか、そういうの関係なく、このステージで一番たけしさんを愛してる人がそばに行くべき!という、すごくシンプルな出演者の流れがあるからこそ、この光景って綺麗なんだなと。
(そういう空気を可能にしてくれた、いとうせいこうさんが最高です)

同じく郷太の「プリンス論」も、普通なら音楽ライターが書くべきもので、現役ミュージシャンが書くのは色んな意味でイレギュラーなんだけど、それを全く感じさせないのは、郷太の本気のプリンス愛なんですよね。

ちょうどこの日、サンボマスターが「世界はそれを愛と呼ぶんだぜ」と歌ってましたが
ホフディランが今週土曜に完全フリーでリリースするシングルも
「愛しあって世界はまわる」
なのです。

よし、やっと宣伝につなげた!

という心を叫びはさておき、本当に好きなこと、愛してることを信じ続ければいつか叶うというのをすごく感じた今週なのでありました。

ちなみにビートルズの「All You Need Is Love(愛こそはすべて)」は1967年に通信衛星を使って全世界に同時放送された、言わば初めてフリーで全世界にばらまかれた曲で、それこそが<愛>がテーマだったんです。

つーわけで、みんなで愛をばらまきましょう!


f0146268_032662.png

ホフディラン 愛しあって世界は回る

f0146268_0322797.jpg

26日からフリーダウンロード開始!
みんな愛をバラまいてねー!
QRコードまたはwww.hoff.jpより!
by yuhiblog | 2015-09-24 00:41
<< 愛しあって世界は回る! 祝!ボニーピンク結婚 >>
INFORMATION

帰ってきたホフディラン
この商品を買う
LINK
Excite Music 連載ブログ
おことわり
コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。

また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。