Woman.exciteシネマ
「指輪をはめたい」公式ブログ  blog.excite.co.jp/yubiwamovi
初日舞台挨拶レポート完全版!
という訳で・・・初日明けましたよ、みなさん!!!
映画をご覧になってどういう感想をもたれたのか、また是非教えてください。
あ、yahoo映画レビューに投げて頂いても毎日観てますから!

そんな訳で沢山取材頂いて色々なところに載っている初日舞台挨拶レポートですが
こちらでもほぼほぼ完成版で細かいところまで掲載したいと思います。

あ、まだご覧になっていないという自分を焦らしているMなお方は、
今週末27日(日)、ユナイテッドシネマ豊洲10:00の回、池袋シネマ・ロサ11:45の回、MOVIX亀有
13:30の回、京成ローザ1015:55の回にて、二階堂ふみさんと岩田監督のトーク付き上映となりますので、この機会を狙いうのはいかがでしょうか。あともう一人、驚きのゲストも手配中です。

初日舞台挨拶レポート完全版!_a0231242_15514928.jpg

映画『指輪をはめたい』 初日舞台挨拶
■日時:11月19日(土)  14:15~14:45(30分間) 
■会場:新宿バルト9 スクリーン8
■登壇者:山田孝之、小西真奈美、真木よう子、池脇千鶴、二階堂ふみ、岩田ユキ監督

MC:本作は昨年撮影が行われまして、そしてついに初日を迎えました。まずは初日おめでとうございます。

山田:ありがとうございます。

MC:色々なプロモーションの中でも男性に見て欲しいとおっしゃっていましたよね。お客さんを見ると男性も結構多いですね。
山田:そうですね、本当に嬉しいです。アピールした甲斐がありました(笑)

MC:どんなところを特に男性には注目してもらいたいな、楽しめるんじゃないかなっと思いましたか?
山田:映画はファンタジックなイメージになってますが、元々の原作者が男性ですし、男が結婚するにあたって、実はどういうことを考えてるのか、そういうところが読んでみてすごく面白く、男性には共感してもらえるところが多いと思いました。男性にこそ見てもらいたいなと思って頑張ってました(笑)

MC:輝彦は一見草食男子っぽいんですが、記憶を失くしているのに女の子3人と付き合ったり、意外と肉食な輝彦ですよね。最近やはりのロールキャベツってことですよね?

山田:何ですかロールキャベツって(笑)

MC:一見周りが草食で中身が肉食っていう
山田:はぁ~(笑)全然知らないです、どんどんそういう言葉が出るんですね(笑)

MC:輝彦についてはどんなところが男性として共感できますか?
山田:今まで取材を受けたりしている中で、男性記者に逆に質問で返したりしたりもしたのですが、男は一度は結婚することを考えた時に、どういう基準で女性を見てるかとか、どうやって女性を選べばいいんだろうとか、浅はかなんですが、男はそこは一度は通る道って聞いたので、そこが楽しめるところなんじゃないかなと思います。

MC:続きまして小西さんにお話を伺いたいと思います。今回仕事も頑張っている才女で、輝彦に関することになると、いつものペースが乱される、みたいな可愛いらしさをもある役どころですが、智恵役をどう演じていかれましたか。
小西:最初に脚本を読ませていただいた時に、パッと見はなんでもパーフェクトにこなせる感じがするんですけど、でも実は内側には情熱を持っていて、猪突猛進に突っ走っていて、そこがすごく人間くさくて可愛らしいなと思うところもあって、そう人間らしく出せればいいなと思いました。

MC:特にこういうところを注目すれば楽しめるようなポイントはありますか?

小西:どこかなー(笑)後半に向けてそれぞれの女性の存在が明らかになった時に・・・どこまで言っていいのかな(笑)こういうことがあります!(※パンチをするアクション)その最中に一瞬で皆さん気づかないかもしれないですけどアクションもしています(笑)楽しんでください。

MC:真木さんは今までに演じているキャラとは違う、ツインテールの髪型にセクシーでチャーミングな衣装に身を包んでいましたが、めぐみ役を演じてみていかがでしたか?
真木:そうですね、まずこの役を逃したら、もうこういう役っていただけないかもしれないと思って、それがこの作品に出たいと思った一番の理由です。現場に出ていくまでにどうやろうって色々と考えたんですけど、あんまり自分の頭の中に凝り固まっていってもそれが正解だとは限らないしと思って、体当たりで現場に行って、あとは監督からもらう演出でめぐみちゃんを作っていこうと思って毎日撮影をしてました。

MC:めぐみちゃんのキャラクターと真木さんを照らし合わせたときに、どこか似ているところはありましたか?
真木:そんなにお二人(智恵と和歌子)程、ストーカーっぽくないところ(笑)
会場:笑
作品を観てもらえれば分かるんですけど、めぐみちゃんはわりとこう見えて控えめな女の子なのでそこらへんかな(笑)

MC:さて、続きまして池脇さんにお話を伺いたいと思います。今回の和歌子さんは携帯電話ももってないし、すごく奥ゆかしくて古風な感じの女性だったわけですけども、一方でパペットを創作するなど、芸術センスをもったキャラクターを演じてみていかがでしたか?
池脇:そうですね、子供に全くウケないパペット人形劇を健気に続けているですが、とにかく輝彦さんのことが好きで好きでたまらない、それだけに生きているところがあるのかなって思いながらやっていました。人形劇と輝彦さん、それだけで彼女の人生は作られてると思います。

MC:演じている中でこれはやりがいあったな、面白かったなって思ったところはありましたか?
池脇:人形劇を披露する場面があったのでそこは面白かったです。どういう声で話そうかなとか、監督が作り上げてきた和歌子をどういう風に伝えていこうかなって楽しさはありました。

MC:続きまして二階堂さんにお話を伺います。スケートリンクの少女ということでスケートも相当頑張ったと思いますが、今回の撮影の現場はいかがでしたか?
二階堂:とにかく撮影がほとんどスケートリンクで、衣装がレオタードなんですけど、すごく寒いし風を受けるシーンがあってそれもすごく寒いし、段々足が冷えてきて筋肉が硬直しちゃって、現場では思い出すと第一に寒かったなって(笑)でも岩田監督の、のほほんとした世界観だったり、可愛らしいファンタジックな雰囲気が現場でも流れていたので、すごく楽しかったです。

MC:エミというキャラクターは可愛らしい外見なんだけど、大人びているところがあって山田孝之さん演じる輝彦にもさりげないアドバイスをつぶやいてましたが、そんな彼女を演じてみていかがでしたか?
二階堂:可愛らしすぎてもいけないし、でも逆にセリフひとつひとつに重みがあったので、演じる上でそこは難しかったです。

MC:それでは岩田監督、ついにこうして初日を迎えたわけですがそれぞれのキャラクターがすごく個性的で、このキャストの皆さんを作り上げていったこだわりをお聞かせいただけますか?
監督:そうですね、一人一人に対する思いはほんとにたくさんあるんですけど、この作品を企画してから本日で4年も経ってるんですね。その間にいろんなものが流行っては廃っている中で、人の持つ原始的な部分は面白いなと思っていて、たぶん原始時代も男の人はかっこつけたくて、大き目のマンモス挑んでいったりしただろうし、女たちはその骨で男を挟んで殴り合ったりしただろうし、そういう人間が根本的に持ってる良い格好したいとか嫉妬したりとか、それでも綺麗な星を見たら明日頑張っちゃおうと思えるとか、そういう人の成長の軌跡みたいなものをちゃんと描きたいなと思っていました。皆さん漫画チックなキャラクターではあるんですけどそこを人間くさくて嘘がなく演じてくれる人たちを選んで、結果とてもうまくいってると思います。

MC:映画の中でも3人の彼女がいて、今日も男性ひとり黒一点ですが、撮影中は女性に囲まれて楽しかったですか?
山田:輝彦は曜日で会う彼女を分けていたので、同じく撮影も別々だったのであまり囲まれた感じはしませんでしたね(笑)
客:羨ましいぞーーーっ!!!!!
会場:爆笑
山田:ありがとうございます(笑)

MC皆様にお伺いしたいのですが、もし自分が記憶をなくしてしまって、見知らぬ人が恋人だと現れたらどうしますか?

岩田監督:一週間くらい話をしてそこで違ったらなかったことにします。昔のフィーリングで今付き合ってもしょうがないので。
小西:お手数ですが、証を見せてくださいって言います。写真とか見ても思い出せなかったら・・・うーん、まずはおしゃべして気が合ったらデートします。
池脇:信用できないと思うので、親族や友達の記憶が自分に少なからずあったら確認します。本当にこの人は恋人なのか周りから聞けるまでは会いません。
二階堂:とりあえず、その時自分のやりたいことを一緒にやってみて、楽しかったら恋人だと認めると思います。
真木:たぶん、普通に付き合うと思います。本当だったら可哀想ですし。
山田:会ったときにガッて好きになってたら、記憶を無くしたとしてもまたすぐ好きになると思う。コミュニケーションをとって段々好きになってたら、また段々好きになると思います。なるようになるんじゃないですかね(笑)

MC:最後に山田さん締めの一言をお願いします。
山田:締まるかどうかは別にして・・・(笑)とにかく楽しんでもらいたいです。映像も音楽共に美しいので、頭の中をぐるぐるかき乱されるような作品だと思います。観てその場で映画を楽しむ+自分に何か置き換えて、一歩引いて映画をモノにしてもらいたいです
今日もし男女で来てる人はこの後でもいいですし、そうじゃない人は帰って異性と話してもらいたいですね。そうすればまた何か、自分も相手も見えてくるものがあるんじゃないかなって思います。・・・決まった!
会場:爆笑

映画指輪をはめたい 公式サイト
by kinofilms_kt | 2011-11-21 16:03 | イベントレポート

今度の山田孝之は、記憶喪失の男に挑戦!小西真奈美、真木よう子、池脇千鶴ら豪華女優陣に囲まれ、愛する人を思い出せないサラリーマンを熱演!2011年11月19日(土)全国公開!
by kinofilms_kt
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
メディア情報
イベントレポート
お知らせ
未分類
検索
最新の記事
WOWOWでのOAが決まりま..
at 2012-08-02 16:17
岩田ユキ監督 静岡舞台挨拶中..
at 2012-02-13 11:00
いよいよ3月21日(水)に、..
at 2012-02-13 10:31
初日舞台挨拶レポート完全版!
at 2011-11-21 16:03
二階堂ふみさんのトークショー..
at 2011-11-18 12:00
以前の記事
2012年 08月
2012年 02月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
タグ
フォロー中のブログ
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ブログトップ | ログイン
woman.excite TOP Copyright © 1997-2009 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム