一位の座を奪われたアイドルの絶叫

まるで全国民が熱狂しているかのように伝えられる「あまちゃん」は、こと関西においては視聴率がまったくふるわない。
もともと「あめちゃん」文化圏ゆえ、その牙城を崩すのは難しいようだ。

この番組に限らず、近年の関西は「なんにも流行らない」状況が続いている。
日本一高いビルができてなおトレンドがびくともしない関西は、ラテン系だとイメージされるケンミン性から実はもっとも遠い、クールな気質が根づいているのだろう。
テレビでよく見る“いかにも”な関西人は、もうテレビの中にしか棲んではいない。

そんな関西において、唯一といってよい、本当にブームになったもの。
それは「パンケーキ」。

ここ数年でパンケーキショップのニューオープンがどれほどたて続いたことか。
蓮舫でなくとも「ホットケーキじゃダメなんですか!」と問い質したくなるほど、薄くて丸くてふにゃふにゃした、三笠焼のあんこ抜きみたいな、たよんない形状の粉モンが巷を席巻し、その勢いはいまだとどまることを知らない。

そしてパンケーキの余波を受け、カフェスイーツクイーンの座から陥落したのが、ワッフル

一時はあれほど「カリカリしてて香ばしい」「蜜蜜しててしっとり」ともてはやされたワッフルは、時代の流れだろうか、カリカリもミツミツもしていないカフェ版一銭洋食にトップを奪われた。
重みのある甘みが好まれなくなったのだろうか。

そういえば、単なる僕の感想でしかなくソースもないが、都市部の街角でよくあったワッフルのテイクアウトのお店、最近減っている気がするんだけど…。

しかしながら、ひとたびスポットライトを浴びると、その甘い記憶をそうやすやすと忘れることはできない。
もう一度、一位に返り咲きたい!
ショウケースの片隅から、ワッフルの叫び声が聞こえてくる。

こんなふうに。

一位の座を奪われたアイドルの絶叫_a0037241_1948990.jpg


おもしろ街ネタ、ゆるゆる街ネタ、B級珍スポット満載!
週刊メールマガジン「吉村智樹の街めぐり人めぐり」(毎週月曜日発行)
(角川マガジンズ/ちょくマガ)

http://chokumaga.com/magazine/?mid=107
▲記事の一部をお読みいただけます。ぜひ覗いてみてください。

9月中にお申込みいただくと、9月中に発行されるメルマガはすべて無料でお読みいただけます。
吉村智樹事務所メールフォーム
http://www3.to/tomokiymail

by yoshimuratomoki | 2013-09-04 19:49 | 京都府

「彼女募集中」です

京都の東大路通りを歩いていたときのこと。
足元から、ただならぬ悲しい波動が伝わってくるのを感じ、ふと地面を見たら、これが貼ってあった。

「彼女募集中」です_a0037241_1555452.jpg


彼女募集中

こんな汚い合板の木端に殴り書きして、しかもアスファルトに直接貼りつけたところで、彼女なんて見つからないだろう。

とはいえ、恋を失ってうつむいて歩いている女子には、この地底からの叫びが、案外効くのかもしれない。
「上を向いて歩こう」は名曲には違いないが、実際問題、人間は上を向きながら歩き続けることなんてできないのだから

「上を向け」「前向きに」と、自分にうそをついて無理にポジティブに生きていると、道端に落ちている恋に気がつかず、通り過ぎてしまう。
楽天的もいいけれど、落転的な気分の日が自分を救う場合もある。

ところでこの募集、どこに応募すればいいの?


おもしろ街ネタ、ゆるゆる街ネタ、B級珍スポット満載!
週刊メールマガジン「吉村智樹の街めぐり人めぐり」(毎週月曜日発行)
(角川マガジンズ/ちょくマガ)

http://chokumaga.com/magazine/?mid=107
▲記事の一部をお読みいただけます。ぜひ覗いてみてください。

8月中にお申込みいただくと、8月中に発行されたメルマガはすべて無料でお読みいただけます。


吉村智樹事務所メールフォーム
http://www3.to/tomokiymail

by yoshimuratomoki | 2013-08-29 15:09 | 京都府

京都スナップ 「ポイ捨ては独り身のはじまり」

以前ブログで「やめろ、ひったくり。彼女が出来ないぞ!!」という、大きなお世話にもほどがある警告看板を採りあげたことがあった。

京都スナップ 「ポイ捨ては独り身のはじまり」_a0037241_11395084.jpg



先ずそういう問題じゃないし、「彼女が出来ないならやめよう」って思うひったくり、いないだろ、っていう感じで、なんかいつもの調子なことを書いた記憶がある。

さて先日、妻が京都でこんな写真を撮ってきてくれた。

京都スナップ 「ポイ捨ては独り身のはじまり」_a0037241_11404186.jpg


「ポイ捨ては独り身のはじまり byもえりか」。

これまたお節介な。
まるで「やめろ、ひったくり。彼女が出来ないぞ!!」と生き別れになった妹のようだ。

かつては男が吸い終わったタバコをピーンと指ではじいて道端に捨てるのがカッコいいと思われる時代があった。
実際にモテてもいた。

しかし時代は変わった。
いまそれをやったからと言って、かっこいいと思う女性はいやしないだろう。
それどころか路上喫煙をした時点で恋愛対象とはみなされない。
ポイ捨てすれば、ポイ捨てされる。
もえりかもきっとそう言いたいのである。

ところで誰なんだ、もえりか
片桐えりりかならニコニコ生放送事件で知ったけど。
たばこのポイ捨て同様、やはり火の気にはご注意

by yoshimuratomoki | 2012-12-31 11:42 | 京都府

京都スナップ 「謝肉祭」

京都スナップ 「謝肉祭」_a0037241_17474946.jpg


お肉屋さんの名前が「謝肉祭」……。

謝肉祭とはズバリ直言して「肉を絶つ祭」のこと。
ラテン語で「carnem levare」と表記し、日本語訳すると「肉よ、さらば」。
お肉屋さんと、本来それにもっとも遠い店名が、なぜかミートしているのだ。

確かに謝肉祭自体は、お肉を食べて祝うお祭りに違いない。
カトリック教国では、3月9日から四旬節(イエスが荒野で断食した40日間に日曜日を加えた46日間)のあいだ、肉食を禁じている。
長いあいだ肉食ができなくなるため、前日にあえてたくさんお肉を食べるお祭りを行い、これを謝肉祭という。

そういった点ではパーティ気分でお肉をふるまうにはもってこいのネーミングなのだ。
が、それから46日間も、誰もお肉が食べられないのだから、経営が心配である。

ちなみに世界最大の謝肉祭「リオのカーニバル」では、コーフンした男女がいたるところでシテしまうため8400万個もの避妊具が無料配布されるという。

まさに肉食。

by yoshimuratomoki | 2012-12-13 17:48 | 京都府

京都スナップ 「豆腐素敵」



京都に引っ越して驚いたのが、意外なまでの「アジア・エスニック料理店」の多さ

うちから徒歩圏内でも韓国・インド・タイなど、認識している料理店だけで10軒に及ぶ。
いつでも世界各国のグルメに触れられるため、おかげでアジア旅行したい欲がすっかり失せてしまった。

寺町あたりでは見渡す限りエスニックレストランやエキゾチックBARがひしめく路地があり、京都とは、いや日本とは思えない賑々しい光景が広がっている。

あっさりした京料理はあくまで観光客が食べるもの。
地元の方々は夜な夜なアツアツのナンを頬張り、ひーひー言いながら緑色のカレーに随喜の涙を流し、シンハ・ビールで喉を潤すのである。

思考の根底に仏教があることと外国人在住者が多いことが京都をエス二シティ―化させている理由だとされている。
が、もうひとつ、僕は「京都は豆腐がうまいから」ではないかと考える。

豆腐はそもそも中国生まれで、韓国、インドネシア、ミャンマー、ベトナム、カンボジア、タイなどでも頻用されているワールドワイドな食材。
どんなに辛いスパイスもからしも、唇の感覚が遠のくほどの山椒も、豆腐は受け容れ、抱きしめてくれる。
豆腐はまるで、熱く角の立った料理を「ふーふー」さましてくれる母親だ。
アジア・エスニックの料理の共通語は豆腐という名の母性だと言って大げさではない。
マザー!

やっこや煮物にするのが一般的だが、ステーキのように焼いて食べるのもまた一興。
水質がよく、職人が精魂込めて作る京都の豆腐はきっと、熱い国、寒い国の料理の味わいをさらに底上げしているに違いない。
「鳥羽街道」駅近くで見つけたこの韓国料理店も「トーフステキ」と大絶賛である。

京都スナップ 「豆腐素敵」_a0037241_16474155.jpg



下書きしてあるのが愛らしいなあ。
「ビビパ」も、あとでピリッとクる。

吉村智樹事務所http://www3.to/tomokiymail

by yoshimuratomoki | 2012-11-28 16:48 | 京都府

京都スナップ 「知らんけど」

京都スナップその2 「しらんけど」

妻が「バスで北大路方面を走っていたら、車窓から変な名前のお店が見えたよ」と言う。

「変な名前? なんていう店?」と訊くと、「いや……しらんけど」。

知らんのかい!
そういう大事なことは(僕には大事なことなので)憶えておいてよ~、とブーたれたのち、自転車で教えられた場所へ向かったら……あった。

店の名前は、

京都スナップ 「知らんけど」_a0037241_13244946.jpg


カラオケ喫茶「しらんけど」。

本当に「しらんけど」という名前の店だった。
ちゃんと教えてくれていたのに、愚痴ってごめん、母ちゃん、堪忍。

「カラオケ喫茶」とは、その名の通りカラオケシステムがある喫茶店のこと。

……なのだが、実際はご年配ののど自慢主婦たちが集う寄りあい処と化す。

たいていがママの自宅を兼ねており、ご近所の奥様方が手作りのお惣菜を持ち寄り、分けあうことが許されている。
いま流行の言葉で云うと、歌える「住み開き」だ

ドアを開けると、六本木や原宿を舞台とした、シティ演歌なるジャンルのサウンドが耳に飛び込んでくる。
店内は喫茶店なはずなのに鍋焼きうどんの香りが漂い、窓辺のちょっとしたスペース随所に、靴下を再使用したウサギの人形など、おばちゃんたちハンドメイドによるファンシー雑貨がぎゅうぎゅうに置かれている。
そういう点では一種の、メイド喫茶とも言える

休日ともなれば「キングレコード専属歌手」を自称する近所のご陽気なおっちゃん(正体はレコード会社の自主制作部門歌手)が歌唱指導にあたり、ミラーボールがまたたくなかでの町内会どうしのチークタイムなどもあり、おばちゃんたちの頬が軽く紅潮したりする。

1枚100円~300円ほどのチケットを歌いたいぶんだけ購入し、カウンターのママに手渡しながら一曲ずつ歌う。
たいていの店には小ぢんまりしたステージセットがあり、そこに立つと店内が見渡せる。
グレードの高い店になると照明を点滅させ、さらにカメラを使って店内のスクリーンに「中継」できる機能まで備えている。
カラオケボックスのように知人の前のみで歌うのではなく、一般客も聴いているのだから、緊張感もある。

若者は「としよりくさい」と敬遠するが、もったいない。
これほど出会いの場として、うってつけのソーシャルな(通信カラオケの)ネットワークはない。
個人専用の「ひとカラ」がブームにありつつあるが、逆に見知らぬどうしが歌を聴きあう「おされカラオケcafé」を造っても流行るんじゃないか?
北欧家具が並んでいて、ソファがあって、女子がともさかりえの「カプチーノ」とか歌う感じの(なんでその歌なんだ)。

吉村智樹事務所http://www3.to/tomokiymail

by yoshimuratomoki | 2012-10-18 13:26 | 京都府

失敗写真(京都)

京都スナップその1 失敗写真

叡山電鉄「修学院」駅へと続く商店街を歩いた。

ここは「けいおん!」の舞台としても知られ、学生の道草にピッタリな、のほほんムードのアーケード通り。

商店街にある一軒のリサイクルショップの店頭に、こんなものが売られていた。

失敗写真(京都)_a0037241_1451131.jpg


失敗写真」。

失敗写真が1枚50円……。

修学院駅がある「えいでん!」の「えんせん!」には、京都造形芸術大学や京都精華大学など芸大・美大が多い。
著作権フリーでトレースできる写真や、コラージュアートの素材となる写真は、あればあるほど学生は助かるだろう。

とはいえ、1枚50円……。
「成功写真」のプリント代よりも高い。

そういえば、デジタルカメラを使うようになってからこちら、写真撮影で「失敗」することは、ほぼなくなった。
できあがりの美醜はおいておいて、最低限の「対象にピントを合わす」という点で、逃すことはもはやない。
軽いポケットカメラですら、手ブレを瞬時に補正してくれるので、そこそこ小奇麗なものは撮れる。
スポーツ新聞で連載を持ていたときなど「重い一眼レフだと機動力が落ちてシャッターチャンスを逃すから」と、ポケットカメラでの撮影を推奨されたほどだ。

そう考えると、失敗写真の、しかもプリントが手に入る機会なんて滅多にないと言える。
「失敗写真」、意外とレアで、価値があるのだ。

50円くらいの価値は。

吉村智樹事務所http://www3.to/tomokiymail

by yoshimuratomoki | 2012-10-03 14:52 | 京都府

リトル・シーバ


同じ近畿地方にもかかわらず、大阪と京都は相容れない部分がある。
大阪の人間はすぐに「京都人は本音を話さない。腹黒い」と言い、対して京都人は「大阪は下品。そもそも大阪が関西の中心だなんておかしい」と譲らない。
これは語りつくしても解決を見ない、永遠のテーマなのだろう。

しかし、普段は仲たがいばかりしている大阪と京都をバロムクロスさせる、素敵な食べ物がある。
それが「しば漬け」だ。

おツユたっぷりなみずみずしい大阪・泉州産の水茄子と、京都・大原でとれた色鮮やかな紫蘇。
これがコラボし、表皮はぱりぱり、果肉はしっとりした最高のしば漬けができあがる。
水茄子は京都が好んで使う唯一の大阪食材かもしれない。

しば漬けのお茶漬けなんて、もうたまらん。
大阪の水茄子、京都の紫蘇と茶葉、滋賀県の良水、これに兵庫県播磨の海苔、和歌山の鯛が加われば最強のお茶漬けになる。
お茶碗のなかで近畿が平和協定を結ぶのだ。
山口美江もきっと喜んでくれるだろう。

こんな素晴らしいしば漬けだから、嬉しくって、

リトル・シーバ_a0037241_18454019.jpg


つい作りすぎてしまうのも、無理ないのである。

……あ! 奈良県、忘れてた!

茶碗に盛ったごはんにプリッツを2本挿して、しば漬けで目鼻に見立てれば、♪あっという間に、せんとくん(見えない見えない)。

吉村智樹へのメールはこちら

by yoshimuratomoki | 2010-04-03 18:46 | 京都府