2010年 04月 04日 ( 1 )

キッドナップブルース


街を歩いていると、「飼い犬のフンはちゃんと始末してください」「立小便するな」「ここに自転車置くな」「金返せ」といった、さまざまな警告看板が目に飛びこんでくる。
特に住宅地に多いのが「花を盗るな」という忠告だ。

日本では古来より「花泥棒は罪にならないという独特な考え方がある。
「桜の枝を折る人は、花の美しさに惹かれてそうしたのであって、とがめるものではない」といった意味を詠んだ和歌もあり、花を摘むことはむしろ風流だという考え方が根付いているのだ。
しかしそれはあくまで大昔の話であって、現在は窃盗と不法侵入があいまった大きな罪になる。

これは京阪本線「寝屋川市」駅へ向かう道すがらに見つけた立て札。

キッドナップブルース_a0037241_081366.jpg


この「お願い」を書いた人こそ、風流人と呼ぶべきだろう。
花泥棒を頭ごなしに叱るのではなく、花を「花子」という小さな女の子に見立て懇願している。
そして「花を盗るのは誘拐レベルの犯罪だ」ということも、それとなく表している。
うまい。

しかしこの「お願い」が幼女嗜好傾向の犯人に可虐的なヨロコビを目覚めさせてしまい、逆効果なのでは? と、チト心配になる。

そして花壇を掘り起こせば、花子を誘拐しようとした凶漢たちのなきがらが……。
花子は彼らの栄養ぶんで、今日も蠱惑的なきれいな花を……。

「フフフ。だからぁ、『誘拐しないで』って、言ったじゃない」(花子)

吉村智樹へのメールはこちら

by yoshimuratomoki | 2010-04-04 00:08 | 大阪府