2005年 10月 27日 ( 1 )

はれときどきぶた

 先日とある某メジャーチェーンのラーメン屋に行った時のこと。隣の客が連れ合いの女性に、「ここのトンコツスープ最高だろ? これだけトロミを出すには長時間トンコツを煮込まないと無理だよ」と話していた。確かにこの店のスープはとろりとしており、その味は、まさに天下一品なのだが……。

 実はそのラーメン屋のスープは鶏肉と野菜を煮出して作っており、豚はチャーシューにしか使っていないので有名なのだ。あまりにストロンゲストな知ったかぶりに、隣の僕まで恥ずかしくてイタタタたまれなくなった。

 そういう客への反省を促すためだろうか。東急東横線『白楽』駅前を歩いていたら、こんなラーメン屋を見つけた。

はれときどきぶた_a0037241_463998.jpg


 『ラーメン 知ったかぶりのブタ』。

 うぅ……耳に痛い店名だ。しかし食うんちく語りたがりの輩には、豚の耳に念仏だろう。

 とはいえ僕も豚にまつわる「知ったかぶり」で恥をかいたことがある。なんかの本に、「ラグビーボールは昔、豚の膀胱を膨らませて使っていた」と書いてあったので、酒の席で得意げに話をした。ちょうどトリビアブームの頃。

 ところが、これがまったくのデタラメ。ローマに大昔、豚の膀胱で作ったボールを使う球技があったらしく、これとラグビーボール起源説がごっちゃになったのだそうだ。あやうく、おだてられて木に登るところだった(吉村智樹

吉村智樹が無責任編集 おしゃべりWEBマガジン『日刊 耳カキ』。
 読んでね。投稿してね。メールもこちらからお受けしております。

by yoshimuratomoki | 2005-10-27 04:14