2005年 05月 28日 ( 1 )

スパイス・イン・ユア・ライフ

 これは京王線・京王井の頭線『明大前』駅前で見つけた看板。

スパイス・イン・ユア・ライフ_a0037241_20502314.jpg


 とうがらし・刺激物料理の『うしろ禿』って……。

 確かに刺激物はハゲる原因だと言われているけれど、なにも自分の店をそんなに自虐しなくても。うしろ髪を引きようがないほど頭部後方がロンリネスな感じになっている男性には、マジで刺激が強い看板だ。僕のように、まる禿だともう気にならないが。

 実際、昔から刺激の強い食べ物はハゲのもとだと言われてきた。
 しかし熊本大学が発表したところによると、唐辛子と大豆を同時に摂取すると、ハゲるどころか育毛効果があるのだそう。

 唐辛子に含まれるカプサイシンが全身の知覚神経を刺激し、毛髪の成長因子を分泌させる。ただ、これだけでは髪の毛は生えない。そこに大豆に含まれるイソフラボンが加わることで毛髪の成長が促進されるという。いままで薄毛や抜け毛を気にし辛いものを絶っていた貴兄、これからは麻婆豆腐や豆腐チゲなど、思う存分食べていただきたい。あるいは塗っていただきたい

 ただ、ハゲる最大の原因は、毛髪が成長する夜の10時から深夜2時の間に睡眠をとらないためだとも言われている。おいしい唐辛子料理が解禁になったところで、それをツマミに深酒していれば、やはり「うしろ禿」は広がるばかりなのだ。

 「とうがらし」と言えば、ついでに後日譚を。以前このブログで、西武新宿線『西武柳沢』駅前のビデオショップに立てかけられていた「春が来た! 何しに来た?」という禅問答のような看板を紹介した。

 きのう西武柳沢に行ったら、看板が変わっていた。

スパイス・イン・ユア・ライフ_a0037241_20531684.jpg


 「秋来(た)りなば冬とうがらし

 元ネタを間違ってパロッていることも含め、相変わらず、全力で意味不明。確かにこのビデオショップ、品揃えはなかなかホットで刺激的なようだが(吉村智樹)。

スパイス・イン・ユア・ライフ_a0037241_22425399.jpg


 ブログ未発表コラム&未発表写真もたっぷり200連発! みうらじゅんさんとの対談、パラパラ漫画もついて、たったの880円! 『吉村智樹の街がいさがし』(オークラ出版)。全国の書店・一部セブンイレブン、ポプラ(関西)にて発売。またAmazonにて購入できます

■日記ブログ連日更新 exciteブログ『吉村智樹の原宿キッス』→ここをクリック

by yoshimuratomoki | 2005-05-28 20:54