2005年 02月 11日 ( 1 )

バスルームから愛をこめて

 温泉複合型施設がたいへんなブームである。この数年で天然温泉がウリの大型スパがどれほど誕生したか。そしてラーメンの人気もいまだ衰えることを知らない。だ、だからって、

バスルームから愛をこめて_a0037241_7144746.jpg


 「温泉ラーメン」って! なにもソレとコレを合体させなくても。

 これはJR中央線・総武線『阿佐ケ谷』駅前で見つけた看板。このラーメン、実際に鹿児島の有名な温泉地からお湯を汲んできて、麺やスープに使っているらしい。隠し味が温泉、まさに秘湯だ。

 確かに温泉は泉質がアルカリ性であるなら、入浴だけでなく飲んでも身体にいい。脂っこいラーメンに温泉を使うのは、なかなかいいアイデアだ。

 せっかくなら草津や箱根や鬼怒川や別府など、温泉地や効能別にメニューを作るのはどうだろう。トンコツダシなら「白骨温泉」、白湯スープなら「乳頭温泉」、魚介の具がたっぷりの「イカ保温泉」(く、苦しい)といったように温泉地名にかけてゆくとか。

 ところでこの店、店名からもわかるように焼き鳥屋だ。ラーメンをこんなに推していいのかよ!(吉村智樹

*2月13日(日)、ラーメンの聖地・荻窪でカフェをオープンします。ウエイターやってますので、ぜひ遊びにいらしてください。詳細はここをクリック

by yoshimuratomoki | 2005-02-11 07:22