2004年 10月 29日 ( 1 )

コーヒー・スコッチ・マーメイド

 女性誌のランチ紹介ページを担当していた頃は、ずいぶんたくさんのパスタを食べた。専門店のパスタは確かにうまい。でも本当は喫茶店の鉄板焼スパゲティのほうが好きだ。じゅうじゅう音をたてるケチャップソースまみれの太め麺、千切りにされた赤いハム、そしてザク切りのタマネギやピーマンの苦みがたまらない。これに粉チーズをてんこ盛り。こんなンマイもんないよ。

 お客がみんなミートスパゲティを頼むという評判の喫茶店を取材したことがある。実際に食べさせていただくと、なるほど、トマトソースにほのかなよい香り。そして味にコクがある。この味の秘訣はなんだろう。

 ご主人にうかがうと、隠し味はなんとコーヒー。ミンチ肉をいったんコーヒーに漬けるのだという。そうすると肉のクサみが取れるうえに、味が深まるのだとか。喫茶店のスパゲティはパスタの世界では邪道かもしれないが、隠し味がコーヒーなら、喫茶店のほうが「専門」だ。

 しかしスパゲティはいいが、「ラーメン」はどうなんだ!

コーヒー・スコッチ・マーメイド_a0037241_1263577.jpg


 これは京成本線『お花茶屋』というサイケな名前の駅前で見つけたもの。店名はご丁寧にアロマ。

 しかしコーヒー味のラーメンって、味が想像できないのだが? 早速、名物の「珈琲味ラーメン」を注文。すると「手間がかかるから、もうやってない」んだとか。残念! 訊けばスープに大量のコーヒーを使用し、麺にもコーヒーを練り込んであるとか。それは確かに手間がかかるよな。

 さて気になったことが、ひとつ。珈琲味ラーメンの食後は、いったい何を飲めばいいんだろ

by yoshimuratomoki | 2004-10-29 12:09