2004年 09月 26日 ( 1 )

オペレーション・マインドクライム

 9月も終わりだというのに、いまごろになってハードな夏バテに苦しんでいる。

 観測史上最高気温を記録した今年の酷暑でさえ平気だったのに、最近の蒸し暑いにもほどがある戻り夏には本当にマイッた。いったん涼しくなったのに、また暑くなるんだもんなぁ。身体がついていかない。「さらば」と言っておきながら何度も帰ってくる宇宙戦艦ヤマトじゃないんだから

 こうも暑いと、食欲が湧かない。いや、腹はキッチリ減るのだ。律儀に鳴るのだ。喧嘩もしてないのに、お腹と背中がくっつきそうなのだ。ただ米を咀嚼するのがジャマくさいのである。米を噛むのがダルいということは、当然の事ながらオカズを噛むのもウゼェんだよこの野郎!

 そうして栄養を摂らずにいるとスタミナはどんどん切れていき、体力は落ち、目がかすみ、指に力が入らないためキーボードが打てなくなり、パソコンを立ち上げる気力もなくなり、モノが考えられなくなり、自分の名前もわからなくなり(確か、おれの名前速見もこみちだったよな?)、日付けの感覚がなくなり、3日に一回は更新するというexciteさんとの約束も、こうして爽快なまでに守れなくなるってぇ寸法である(すみません……。今月中にあと3本書きますんで……)。そう、すべては挨拶なしに帰ってきた蒸し暑さが悪いのである。

 しかし、そんなことばかり言ってても、ますますダメ人間になるばかりだ。それでなくてもたいていダメなのに、このままでは田代サンのように人生ランナウエイしてしまう。早くスタミナを、闘魂を身体に注入せねば。あんまり噛まずに済む10秒チャージメシを食さねば。僕は景気付けのためにブラックビスケッツの『スタミナ』を口ずさみながら、ホームベースである高円寺(JR中央線・総武線)の商店街をさまよった。

 すると、まさに求めている食べ物が見つかった。

オペレーション・マインドクライム_a0037241_5232330.jpg


 なにしろ「スタミナ作戦」である。「作戦」とはいささか大袈裟な気もするが、トッピングの豚肉は良質のタンパク質(東京では、肉といえば豚だ)であり、ここで豚肉を選ぶのは、作戦としてかなり有効。まさに「ジャスッてる」。リノール酸は牛肉の7倍、さらに麺類に含まれる糖質をエネルギーに変えるビタミンB1が豊富。豚肉と麺の組み合わせはベストカップルなのだ。なにより麺類はあんまり噛まずに済むので、体力が落ちている時にはおおいに助かる。

 やはり身体がスタミナを欲していたのだろう。ンマくてンマくて、箸が止まらない。麺が、肉が、するすると胃に吸い込まれてゆく。そして丼から瞬く間に肉そばが消えた。まるで『スパイ大作戦』で、命令が吹き込まれたテープが自動的に消滅したように。

by yoshimuratomoki | 2004-09-26 05:26