ズッコケ三人組

 よく「肉じゃがは、東京は豚肉、大阪は牛肉」と言う。これは当たっているようで、当たっていない。必ずしもそうとは限らない。なぜなら大阪にある僕の実家では、肉じゃがといえば鶏肉だったからだ。

 肉じゃがのみならず、すき焼きもカレーもシチューも、肉といえば鶏だった。ステーキも鶏の胸肉。おでんにも手羽先を入れていた。

 これは牛肉を買うほど裕福ではなかったからなのだが、鶏肉LOVEの僕には微塵も不満はなかった。VIVA貧!

 鶏の肉じゃがは本当にンまい。ブロイラーの皮や脂から出た旨味たっぷりのダシが、じゃがいもに沁み渡り、えも言えぬンまさ。初めて牛や豚の肉じゃがを食べた時、「パサパサして、いっこもうまない」と思ったほど。

 それに残り物の冷えた肉じゃがは鶏皮のコラーゲンが煮こごりになり、まことにケッコーな味になる。翌日また別の料理として楽しめる。別のおかずとして一品浮くのである。高校時代これが弁当に入っていた時は、いつもわが家に生まれたことを感謝していた。ンまいうえに経済的。これほどリーズナブルな料理はほかにない。僕は生まれつき鶏肉ばかり食べまくってきたためか、ナチュラルボーン・チキン野郎なチンケな男である。しかし、我が鶏肉人生に悔いなし

 しかし残念ながら、居酒屋に「鶏の肉じゃが」は置いていない。そういう料理は、存在しないことになっているからだ。「料理はこうでなければならない」という固定概念を覆すことが可能な、和食でも洋食でも仏でも伊でもない「家庭料理というアナーキーなジャンルだからこそ為しえた奇跡。家庭料理とは、そういった「ずっこけ」にこそ真髄がある。

 これはJR大阪環状線「天満」駅周辺で見つけたお店。

ズッコケ三人組_a0037241_23244890.jpg


 『家庭料理 ずっこけ

 きっとこの店も、掟破りなメニューを出してくれることだろう。行儀悪いとされる「味噌汁ぶっかけごはん」なんかあれば最高なんだが。あれはうまいで(吉村智樹)。


本日のお題

PHS、使ってる? 使ってた?
回答は → こちらへ。

今週のお題

絶対『ん』で終わるしりとり
回答は → こちらへ。

ズッコケ三人組_a0037241_23524263.jpg


●僕が編集している読み物&投稿サイトもよろしく!
井戸端会議ポータルサイト『デイリー ミミィ&カッキー
読んでね。投稿してね。
メールもこちらのサイトのTOPページからお受けしております。

by yoshimuratomoki | 2006-10-19 23:25