スマッシング・パンプキンズ

 長澤まさみって、系譜的には内田有紀のラインなのかな。

 東京メトロ半蔵門線、都営三田線・新宿線『神保町』駅で降りた。

 古書街として名を馳せる神保町だが、夜はうってかわって居酒屋の街になる。都心でありながら若者文化とほぼ無縁な激シヴタウン神保町は、日がくれると、いたるところ赤ちょうちんが灯りはじめる。新橋ほど酔客が大騒ぎすることもなく、さりとて赤坂ほど敷居が高くなく、仕事に疲れたサラリーマンたちが品よく飲める、実に好ましい街だ。

 居酒屋のショウウインドを眺めていると、珍しい肴を見つけた。

スマッシング・パンプキンズ_a0037241_2282748.jpg


 『カボチャの極楽

 山本~、また野球やろうよ~(欽ちゃん)。いや、その極楽ではなく、かぼちゃでできた天使の輪だ。大きなかぼちゃを輪切りにし、大胆にそのまんま揚げた天ぷら。輪を以て尊しとなす、日本のサラリーマン社会の理念を見事に具現化している。

 実際、夏のかぼちゃは天にのぼるほどうまい。ビタミン、カロチンが豊富で、食べると疲れが取れる。身体の調子が良くなる。活力や体熱の源であるでんぷんもたっぷり。さらに天ぷらにすると、甘さが劇的に増す。激あま~いかぼちゃの天ぷらをツユにひたしてサクッと食べたら、もう! たまんねっす。揚げるとこんなに味がよくなる野菜はほかにないだろう。

 全国各地の夏祭りでは、かぼちゃを神前、仏前に供えるところが本当に多い。まさに極楽からの贈り物。天の神様が「夏バテに苦しんでる人間たちよ。これを食べて、明日からも元気に頑張りなさい。天だけに、天ぷらでな」と、天使にかぼちゃを地上へ運ばせたのだ。

 そんなヘブンズ・ベジタブルなのに、シンデレラを王子様のもとへ運んだことさえある愛の果実なのに、人間はなんて罪深い。見た目が野暮ったいからって、たまにこんなふうに、

スマッシング・パンプキンズ_a0037241_22102157.jpg


 自虐ネタに使ってしまうのである(吉村智樹)。


本日のお題 デートで「ファミレス」って、どう思う?
回答は → こちらへ。

日記ブログ、ほぼ一日おきに更新しております。内容は、かぼちゃみたいに空洞です。
exciteブログ『吉村智樹の湘南ハートブレイク


スマッシング・パンプキンズ_a0037241_23524263.jpg


●僕が編集している読み物&投稿サイトもよろしく!
井戸端会議ポータルサイト『デイリー ミミィ&カッキー
読んでね。投稿してね。
メールもこちらのサイトのTOPページからお受けしております。

by yoshimuratomoki | 2006-08-27 22:10