本当にあったヤワイ話

 普段、口にしている言葉のなかには「なにもそこまで略さなくても」と思ってしまうものがたくさんある。

 たとえば最近よく耳にするのが「難しい」を略した「むずい」。あと「うっとうしい」を略した「うっとい」。なにもそこまでショートカットしなくても。難しいと言うことが、そんなに難しいのか。うっとうしいと言うことが、そんなにうっとうしいのか。思わず、むななる(胸ぐら掴んで問いただしたくなる、の略)。

 しかしこれらはあくまで口語であり、書き言葉ではないから、まだいい。実際に試験やレポート、パブリックな書面にそう書いてしまう人は、まずいないだろう。

 いや、いた。いたのだ。

 これは阪神西大阪線・阪神本線『尼崎』駅前の中華料理屋で見つけたメニュー。

本当にあったヤワイ話_a0037241_2055296.jpg


 『焼きそば(カタイ)』
 『焼きそば(ヤワイ)』

 ヤワイって! 確かに柔らかいことをヤワイとはよく言うけど。そこまで表現をヤワくせんでも。

 メニューにまで柔らかいをヤワイと縮めるのは、なぜなのか考えた。どうやらこの店のポリシーらしい。それを表明するメニューが、ふたつ隣にあった吉村智樹)。

エキサイトブログ2周年 ただいま僕のサイン入り著書プレゼント中
応募はここをクリック
トラックバックでご応募ください。

by yoshimuratomoki | 2006-02-11 20:07