ホーム | ブックス トップ | サイトマップ 
トップ  |  イラスト  |  インタビュー  |  イベントスケジュール  |  ニュース  |  ニュースな本棚
ランキング  |  ブックカフェガイド  |  書店ガイド  |  投票 ザ・対決!  |  プレゼント
<   2004年 09月 ( 27 )   > この月の画像一覧
最後は介錯してやらないと
カットされちゃってるけど、この前に、「ペン入力にしてペンは日本刀の形をしてる」って話で盛り上がってたので、最後にプレイヤーが日本刀ペンで、すっと首を斬ってあげるってのは、いいなーと思っての発言。
*「ベストセラー本ゲーム化会議:金閣寺編」の脚注です。
by gogoyone | 2004-09-13 03:37 | BGK
寺が普遍的にもつもの、そこにひとがくる理由を焼こうって話だから
そうかな? そうかな? 違うような気もするな。なんか、そう言うと座りがいいから、自分でもふむふむと思って、んなこと言ってるけど、主人公が金閣寺を焼く理由って、なんかそんなことなのかな。
*「ベストセラー本ゲーム化会議:金閣寺編」の脚注です。
by gogoyone | 2004-09-13 03:32 | BGK
でもそれを燃やしてしまうんだよって話
また言ってる。しかも、最初は“寺が普遍的にもつもの、そこにひとがくる理由を焼こうって話”とか言ってたのに。
でも、なんかそういうふうに多層的に解釈できて、いろいろ言いたくなっちゃう魅力があるってことで。
*「ベストセラー本ゲーム化会議:金閣寺編」の脚注です。
by gogoyone | 2004-09-13 03:31 | BGK
ありありと感じたのである
いや座談のとき、ここは「このあたりとかー」とか言ってるだけなんだが、読者に判りにくいだろうから、長々と引用している(のだろう)。実際に、こんなに朗々と朗読したわけじゃないですよ、もちろん。
*「ベストセラー本ゲーム化会議:金閣寺編」の脚注です。
by gogoyone | 2004-09-13 03:30 | BGK
何かで読んだ
大塚英志『サブカルチャー文学論』でした。「三島由紀夫とディズニーランド」という章が、
“三島由紀夫の担当編集者だった川島勝による『三島由紀夫』のあとがきに「自決の年の正月、三島は家族でディズニー・ランド行きをたびたび提案したが、夫人は『豊饒の海』が完成した後にしたいと断っている」という記述があり、おやと思わせる”
という記述からはじまってます。
*「ベストセラー本ゲーム化会議:金閣寺編」の脚注です。
by gogoyone | 2004-09-13 03:29 | BGK
三島コレクションカード
表は写真で、裏面には詳細なデータを入れてください。いや、真面目な話、文豪コレクションカードあったら、集めちゃうかもな、俺。
*「ベストセラー本ゲーム化会議:金閣寺編」の脚注です。
by gogoyone | 2004-09-13 03:28 | BGK
発表会で『ワンダと巨像』を見たよ!
ソニー・コンピュータエンタテインメントの発表会の招待券をいただいたので行ってきました。
なんで招待券をもらえたのかというと、『ICO』おもしれーよーといろんなところで大はしゃぎしたからです。最近5年の中でベストゲームを選べって言われたら迷わず『ICO』ですから俺は。やってない人は今からでも遊ぶがいいですよ(廉価版でてるし)。
その『ICO』コンビ(プロデューサー海道賢仁&ディレクター上田文人)の新作『ワンダと巨像』の発表があるということなので、激烈なデートスケジュールをキャンセルして(虚しい嘘)ゴー!
詳細は、ITmedeia
ICOチームが創る完全新作「ワンダと巨像」詳細、ファミ通.comSCE発表会続報! 『ワンダと巨像』、気になるゲーム内容は?を見てください。
っつーことで、感想! 遊びたぁぁぁーい。

画面の静謐さや美しさは『ICO』をちゃんと受け継いでいます(載せてる写真は、巨大スクリーンをぼくの貧弱デジカメで撮ったものなので。本当はもっと綺麗ですぜ)。でも、静謐さと矛盾しちゃうかもしれないけど、画面が荒々しく動く! メインで公開されたのは、巨大な人型の敵と、小さなプレイヤーキャラの闘いで、これが激しい!
R1が「しがみつきボタン」。暴れまくる巨大敵にジャンプしてしがみつく! そして巨大な敵の上をよじのぼったり、背中を走ったり!
この時のプレイヤーキャラの動きがリアルで、かろうじてしがみついてたり、暴れる背中をおととと言いながら移動したり!
で、急所にたどり着いて、剣で刺す!
という展開。つまり、動く巨大な敵そのものがゲームフィールドなわけです。
ぐねぐねと揺らぐ豆腐のような変形コリジョンの上でリアクションするプレイヤーキャラの開発映像も公開されていました。この巨大敵の上での冒険があるので、キャラの動きの凄さは『ICO』よりも見せ場が多そうです。
というか、静謐なグラフィックイメージなのですが、動いてるのを見ると、大冒険! 『ICO』よりも激しい感じです。
でも、敵が神話っぽい感じなので、ちゃんと静謐なイメージも残っていて、独特の不思議な気持ちよさも。
巨大敵の中には飛翔するものがいたり、しがみつき方も、馬で追いかけて、攻撃して姿勢を崩して、地形を利用して等、いろいろなパターンがあるそうです。
というわけで、期待!
by gogoyone | 2004-09-11 04:04 | game
ライブドアほりえもん特集だったが
エキサイトブックス:ニュースな本棚デジタル界の風雲児たちアップされました。
最初は「GOGO!ほりえもん」というタイトルでライブドアのほりえもん特集の予定だったけど、それはちょっとイヤーン!と言われ、ほりえもんは1ページで、糸井重里や孫正義やはてな近藤淳也やのデイリーポータルZ林雄司など、いろいろなネットで活躍中の人たち特集に。
でも、ほりえもんの部分が長いよ!ということで、さらに短く修正。など、紆余曲折しながら完成した特集です。
でも、ライブドアほりえもん爆裂発言集つきだったりします(いや、つっこみやすくて、やっぱり面白いもん、ほりえもん!)。
ほりえもんの稼ぐが勝ち ゼロから100億、ボクのやり方を読んでおもしろかったのが、発言が、ぼくが昔いた会社コンパイルの社長仁井谷正充さんとそっくりなところ。倍々で成長する、とか、宇宙ロケットをうちあげるのが目標とか、おんなじ!! ちょっと懐かしく思いながら読んでしまいました。
Tシャツで行動している自分にとっては、「なんだ、あんなTシャツで!」とか年寄りな評論家から言われている堀江さんにぜひがんばってほしいです。
っつーか、夏に背広とネクタイ禁止してはどうか、そろそろ! 暑いだろーに。暑いカッコしてるからクーラーぐるぐるまわして、外が暑くなってんじゃないのか。


□LINK:木村カエラblog:巨神兵どーーーん!
by gogoyone | 2004-09-09 14:04 | news
『デスノート』です
□BOOK:大場つぐみ・小畑健『DEATH NOTE デスノート1巻2巻3巻
3巻まで一気に読む。『死のノート』を手に入れた少年・月くんが自分の理想とする世界を実現するために凶悪犯を殺していく。その少年と、警察&L(という世界の迷宮を解決してきた人物)の対決の物語。
ノートに名前を書いて、人をガンガン殺しちゃう冷酷かつ凶悪な少年主人公! 少年漫画史上最凶ですよ、前代未聞じゃないでしょーか。『アシュラ』は、まだ大飢饉の時代に生まれて……とかあるけど、ないからね月くんには! 凶悪犯だけじゃなくて、罪もない人殺してるからね。
ただ、ゲーム的な死というか、この駒はもう使えなくなりましたという感じの死なので(メフィスト賞を取りそうな感じ!)、陰惨さはない。
けど、じゃぁゲーム的な展開で素晴らしいのかといえば、コンゲーム的な、知的遊戯っぽい部分は意外と子ども論理で、ツッコミどころ満載。などというと面白くなさそうだけど、そんなことなくて、知的な装飾をまといながらも、どんどん展開して、どんどん規模拡大する少年ジャンプ伝統の展開で飽きさせないとゆー不思議な漫画になってて、えーと、続きが早く読みたいです。
あと、物語の構造とかテーマなどから、どう展開するのだろうと考えると、そーとー面白いです(月くんとLが組んで、死神たちと大戦争とか、ダメーな展開を妄想したり)。


□LINK:鋼鉄城
新宿でボードゲームが遊べる呑み屋さん! おもちゃとかもたくさんあるらしい。行かねば。

by gogoyone | 2004-09-09 01:44 | BOOK
怒涛のドキュメンタリー上映、行かねば
某誌の原稿を書き上げ、某ゲームをしあげて送り、エキサイトブックスの原稿がうひゃぁという理由で修正要求がきたので修正して送り、KOWの思考ルーチンを改善。よく働いた。


ドキュメンタリー・ドリーム・ショー――山形 in 東京2004」 凄い!怒涛のドキュメンタリー上映! えーと「鉄西区」「アトミック・カフェ」「S21 クメール・ルージュの虐殺者たち」「350元の子」「オルド」等、観たいのいっぱい。
オルドって、覚えるだけで1カ月はかかるキルギスタンのゲームらしい、どんなのだろう。


□BOOK:松浦寿輝『半島 小さな半島を訪れた主人公。ゲームセンターの地下から、トロッコの通る地下坑道へ。幼児が監禁されている闇。街ではテーマパーク建設計画が持ち上がっているが詳細はわからない。現実と幻想が一体となった迷宮世界の物語らしい。松浦寿輝による『パノラマ島綺譚』か!? 読みたい。


□BOOK:村上春樹『アフターダーク入手。
□BOOK:思春期をめぐる冒険―心理療法と村上春樹の世界なんて本もあるのな。


□BOOK:赤ペンを持って「憲法」を読もう タイトルいい。赤ペン持ってシリーズとか出してほしい。


チュンソフトCD 収録曲はリクエストで決定。ドアドア! んでもトルネコはない。
by gogoyone | 2004-09-08 01:52 | news





Copyright © 1997-2004 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム