2010年 05月 27日 ( 1 )
Psychic Lover Ⅲ -WORKS-全曲解説【1】
『Psychic Lover Ⅲ-WORKS-』発売までのカウントダウンとして記憶を掘り起こしながら全曲解説にチャレンジしてみたい。 コンプリートできたら(できるか!?)拍手してくださいwww!!

1.NO NAME HEROES
作詩・作曲:YOFFY 編曲:サイキックラバー
2002年の9月にレコーディング。
『超ロボット生命体 トランスフォーマー マイクロン伝説』挿入歌
e0115242_1111126.jpg
サイキックラバーのデビューシングル「NEVER ENDING ROAD」のカップリングとして2003 2/1発売。
一万枚限定、トランスフォーマーのオモチャ付きという画期的な仕様!

2001年の冬、当時アニぱら音楽館に出演していたデビュー前の謎の二人組「サイキックラバー」に「超ロボット生命体トランスフォーマー マイクロン伝説」のタイアップ話が持ち上がった。 日本に先駆けて海外で放送される等、諸々の事情から発売は2003年の春になるという・・・ 随分時間的猶予があるなぁ~と思ったけど、そこはデビューに向けて楽曲を書き溜める絶好のチャンスだと、ポジティヴに解釈出来た。
『NO NAME HEROES』はそんな時期に出来た曲だ。 最初はトランスフォーマーの主題歌を一年間担当するという話だったので、(実際には前期OP&ED、後期はEDのみを担当)後期のオープニングテーマにしよう!とイメージして書いた。

楽曲のイメージは北欧のHARD ROCK BANDのような、透明感と哀愁を帯びたメロディアスなROCK。
この手のサウンドはTNTがカッコ良かったなぁ~

キーワードは「NO NAME」=無名。 これほど自分たちにピッタリくるイメージは無かったし、実際失う物は何もなかった。2001年の頭には”もう音楽を辞めよう”とまで決意したくらいだったし・・・もう自分にとっては”敗者復活戦”、ただただガムシャラに突っ走っていた。

イカロスの翼をモチーフにしたサビも、アニソン界という太陽に向かっていく当時の感情そのままだ。
果たして自分の声が、音楽が、通用する世界なのか? まだまだ自信はなかったけれどやるしかない、そんな意気込みを思い出す。

デビュー曲「DREAM AGAIN」、「NEVER ENDING ROAD」でアレンジを担当してくれたZ旗のギタリスト、川瀬さんとのスタジオワークを通して、プロのレコーディングに必要なクオリティを知ることが出来た後だったので、この曲は外部のアレンジャーは起用していない。
のシンセパートは自分でプログラミングし、後はリズム隊を生でレコーディング。
サウンドプロデュースを任せてくれたディレクター熊田さんに感謝したい。

今では常連と化したSTUDIO SLINKYで初めてレコーディングからMIXまで行い、ロックバンドとして最もオーソドックスな形態で作られた作品だ。
e0115242_112590.jpg

当時のアー写撮影現場より・・・アニソン界のホスト(笑)
by yoffy4649 | 2010-05-27 23:59 | Songs | Comments(6)