Woman.excite
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
昨年高菜の出荷の終わり頃..
by 手仕事初心者 at 17:51
高菜の塩漬けの作り方を調..
by れもん at 18:23
とても魅力的な記事でした..
by 派遣社員 at 10:18
とても魅力的な記事でした..
by 履歴書の送り状 at 11:55
ありがとうございます!!
by s-recipe at 21:42
萌音さん ありがとうご..
by s-recipe at 21:42
とても魅力的な記事でした..
by 履歴書の封筒 at 10:30
こんにちは。横浜のブログ..
by 萌音 at 09:46
とても魅力的な記事でした..
by 履歴書の書き方 at 10:57
とても魅力的な記事でした..
by 伝える履歴書 at 10:44
最新のトラックバック
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

料理研究家・村上有子(フードデザイン株式会社 代表取締役)
by s-recipe

>>村上有子オフィシャルサイト

■1人一日400円以下のメニュー
 今週の節約レシピ

■Flower Foods Factory

2010年 11月 30日 ( 1 )
豆腐とねぎの和風あんかけ大根ご飯
今日の午前中もいつものように試作。

すでに来年にアップするためのメニューを考えております^^;。

もう年末なんて早いですね~~><;。

いつからだろう??こんなに時間が早く過ぎるようになったのは・・・

年明けは、きっとお正月の食べ過ぎ、飲み過ぎ?(私だけかな?)のせいで、胃もたれしている方も多いと思い・・・

今回のテーマは、「胃に優しい豆腐料理」を考えました^^。

胃腸に優しい食材としては・・・消化を助ける効果のある大根とかいいですよね^^。

・・ということで思いついたメニューは、「大根ご飯」。

なんとも胃に優しそうです^^。

まずはお米を研いでおきます。

大根は角切りに切っておきましょう。

大根は上の葉に近いほうが、甘味があって美味しいのでその部位を使うのがポイント。

さらに、油揚げは小さく角切にしておきます。

炊飯器にお米を入れて、1合の目盛りまで水を加えます。

そこから、お酒を入れる分(大さじ1)と大根から出る水分の分(大さじ1)を引いて、大根、油揚げ、塩を加えます。
e0159969_1926541.jpg

それを炊飯器で普通に炊飯したら・・・「大根ご飯」の出来上がり!
e0159969_19265665.jpg

大根が甘くて意外な美味しさなのです^^。

その上に、さらに身体に優しい豆腐を使った何か・・をのせたかったのですが・・・

するりと食べられて、温かいもので・・・・

そうだ!豆腐の和風あんかけ風のものをのせて、スルスルっと食べられたらどうだろう??っと思いつきました^^。

身体の温まる、ねぎと生姜は入れたいし・・・味のポイントになるものを入れたら、味が調うし・・・・

・・・・と考えて作ったのが、「豆腐とねぎの和風あんかけ」。

フライパンにゴマ油を敷いて、ねぎを炒めます。

そこに裂いた「カニかまぼこ」を入れて一緒に炒めたら、かつおぶしだけで取った出汁と生姜汁を加えます。

豆腐も加えて沸騰したら塩、醤油で味を調えて、最後に水溶き片栗粉でトロミをつけたら・・出来上がり!
e0159969_19282446.jpg

「豆腐とねぎの和風あんかけ」

この間、築地で買ったかつおぶしを使ったからかもしれませんが、かつおの風味が効いていて美味しい!

しかも、意外にカニカマから旨みが染み出していて、みりんなどを加えなくても味が調っている!

これを先ほどの、「大根ご飯」の上にかければ・・・・

「豆腐とねぎの和風あんかけ大根ご飯」の完成!
e0159969_19291930.jpg

(最後に大根の葉をサッと茹でて小口に切ったものをのせました!)

レンゲでたっぷりすくって口に入れると・・・優しい味が胃に染みわたる・・・

生姜の風味も効いていて旨みもたっぷり!しかも下の大根ご飯の大根の甘さが・・・・

たまらない美味しさでした!

一つ、また美味しいお料理が完成してしまった^^。

これなら、胃の調子の悪い方でも大丈夫そうです^^。

このレシピ、来年の2週目ぐらいに節約レシピに登場しますので、楽しみにしていてくださいね^^。

・・て、その時は忘れていそうなぐらい先の話ですが・・・・(笑)
by s-recipe | 2010-11-30 19:34 | Comments(0)
 
woman.excite TOP Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ | BB.excite | Woman.excite | エキサイトホーム