視聴方法
スポーツ専門チャンネル J SPORTSは、FISワールドカップをはじめ、 いろいろなウインタースポーツを放送中!
視聴方法はこちら!

online shop
パワーモーグル エア編!
スーパーテクニック満載のDVDです。
J SPORTS
online shop

バックナンバー
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
スタービーチがリニューア..
by スタービーチ at 12:40
自分はワンピースが一番好..
by ワンピース at 14:48
エリザベス女王杯 201..
by エリザベス女王杯 2010 at 11:53
なるほど
by url at 17:14
昨日ヤった子めちゃくちゃ..
by こんな女初めてだよ! at 11:23
ち○こ見せてあげたついで..
by チリチリ at 20:59
俺のチン型使ってニューバ..
by 海のくまさん at 16:38
ぬオォォーーー!! w(..
by まさーしー at 08:36
昨日ホテルで女性2人に乳..
by しっかり者 at 18:25
すんげえケ ツでかい女に..
by ジャスミソ at 17:38
メモ帳
最新のトラックバック
voyeur sex c..
from voyeur sex cam
asian fuck a..
from asian fuck
hot nude cel..
from hot nude celebs
gay group ad..
from gay group
incest cartoon
from Mauglie Blog
incest young
from Mauglie Blog
teen incest
from Mauglie Blog
free incest ..
from Mauglie Blog
incest xxx
from Mauglie Blog
incest comic
from Mauglie Blog
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


最終!団体戦を終えて! 喝!!
朝、早くに信じられないニュースがTVで放送されていた。オーストリアのコンバインドチームの宿舎に、ドーピング疑惑のため、深夜抜き打ちで警察官数名が捜査。そのため明日の試合を控えていた選手が、ほとんど睡眠出来ない状態で試合に望み・・・・・・・・・いったい何が起きたの?


今年の世界トップ10位の選手はいつでも表彰台を狙える

MORGENSTERN Thomas 選手とKOFLER Andreas 選手。現在世界ランキング6位と7位の活躍で、オーストリアチームが最高の結果を出しましたね。
ノルウェーチームのLJOEKELSOEY Roar(4位) ROMOEREN Bjoern Einar(9位)BYSTOEL Lars 選手(10位)選手層から言えば、当然優勝候補NO1でしたけど・・・・特に失敗ジャンプをした選手がいるわけではなかったのに、残念!これが、ジャンプの難しさかな?


MORGENSTERN Thomas 選手。彼の、ジャンプティクニックは、とてもベーシックな技術ですが、最近のルールに対して効率の良い技術だと思います。特にすばらしく、彼しか出来ないものではありませんが、完成度の高い状態で、ラージヒル・団体戦を迎えられたのでしょう。日本選手で言えば、伊東選手と同じ傾向があります。お互い年がまだ若いので、アプローチポジションで、お尻の位置が、他の選手よりも、あえて若干低くくして(これは、まだ若年のため足のパワー不足を補うために姿勢を低くする)しながら、そのまま膝が前に倒れないように、立ち上がって、一番高い位置まで、出来るだけ早く、そして長いストロークで飛び出しているのです、今回彼が、この2戦他の選手より抜きに出ていた所は、誰が、何と言ってもタイミングが、ほとんど狂う事無く飛び出して行けた事ですね。最後は、タイミングがジャンプの生命線ですから、どんなに凄いテクニックを持っていても、パワーを持ち合わせていても、タイミングが1mも外れれば、全てダメで、当然遠くには、飛んでいけませんので。
また、本人も話していましたが、ここのジャンプ台のプロフィールが自分に合っていたそうです。だから、タイミングも合わせやすかったのでしょう。
原田選手が、日本で調整していた時よりも、こちらのジャンプ台で練習した方が、はるかに大ジャンプをしていました。これは、大きな要因としては、彼も話していましたが、このジャンプ台は「1・2・3・」でピッタリと立てるそうです。ジャンプにとってタイミングはこれほど大切なものなのです。


本当に、6位が予想順位なのだろうか?私は違うと思う!!

日本チームは本当に、6位が現状の力だと思っているのでしょうか?参加した4選手の個人の最高の力を引き出して上げれば、表彰台も狙えたと思いますし、その結果を出せる選手が、そろっていたのではないでしょうか?岡部選手は、現在世界ランキング11位、葛西選手は17位伊東選手が18位。しかし、オリンピック直前のワールドカップでは、3選手は、うなぎ登りで調子を上げて、直前では、いつでも表彰台を狙える位置まで調整されていたではありませんか。
それが、会場入りして初戦で、原田選手の失格から始まり、選手一人が悪いかのようなスタッフのコメントや対応。これでは、他の選手にも影響が出るに決まっています。ノーマルヒルではそれが影響したのか、3選手共、考えられない成績で終わったわけです。初戦の結果と今後のチーム環境を考えた時に、ブレーキを掛けるなら、スタッフが誰か一人挙手して、「全て私の、指示、管理ミスでした、申し訳ありませんでした」と言って責任取って、日本に帰国するぐらいの、スタッフパワーが必要ではなかったのかと、それほど、タイミング的には、チームにとって大きな問題だったはずです。そのぐらい大きなアクション対応があれば、こんなにチームのモチベーションも下がらなかったのではと思う。

また、組織環境にも、問題がありますね。葛西・伊東・高橋選手は、私のチーム選手ですし、岡部選手は、雪印スキー部の選手です。お互い別々に、日頃練習して、信頼しているコーチと技術を育んでいるのです。これが現状の日本ジャンプ界であり、現実企業が選手を育成しているのは否定できないところです。
ところが、突然、オリンピックや国際大会になると、我々の手から離れて、ナショナルチームのスタッフと行動を共にして、技術指導されても、これは、矛盾が生じ、一番困惑しているのは選手でしょう。この問題は、実に簡単な、ただの環境作りですから、すぐにでも解決出来るはずです。これが解決出来ないようでは・・・・・・
選手の力を出し切れるわけがありません。
根本的に組織変革をしなければ、この先も同じ事の繰り返しになるのでは?代表選手を送り出した企業のコーチや監督が会場に入れないのでは、選手のコンディションや精神状態など全てに把握する事が出来ないので対策が出来ません。選手と直接合って話す事も、指導する事も出来ない事に、疑問を感じないのでは、
これは「長野の栄光から時間が止まったままですよ。」

あえて厳しく総括させて頂くと、惨敗したのは、選手ではなくて、JAPANスタッフ陣営だと思っているのは、私だけでしょうか?しかし選手が、信用出来ないコーチだと言って話す事も拒否されているようでは、チームとして成り立っていませんからね。
高橋がゲートの外側まで来て我々と打ち合わせをしなければいけないような環境を作るのは、やめましょうよ!!選手は、ぎりぎりまで勝ちたくて必死なのですから・・・・


今回の、結果成績を謙虚に受け止めて、世界で戦うためには・・・・・・・
今、何が、誰が、必要か?
全ての固定観念を捨てながら、深く考える必要があるのではないでしょうか。
オリンピックはアマチュアスポーツですが・・・・・・スタッフは、プロの軍団・・・・・・・


 来年の札幌世界選手権でリベンジをかけるためにも・・・・・・・・・


    ソルトレークで惨敗した葛西と再起を誓い、次の年・・・・・・・・
    イタリア・バルディフィレメ世界選手権で・・・・・・・・
    彼は、個人戦・団体戦と3個のメダルを取り
    そして、その年のソルトレークで開催されたワールドカップで
    オリンピックのリベンジとなる優勝。
    これは選手とスタッフの距離が短く、なによりも、選手以上に
    スタッフが情熱があるから出来た事なのです。



 オリンピックに関するレポートは、今回が多分最後となります。
  沢山の方々に見て頂きありがとうございました。
  帰国後も宜しくお願いします

by style_kino | 2006-02-22 02:42 | jump | Comments(6)
Commented by naoko at 2006-02-22 16:27 x
初めて書き込みさせて頂きます。
原田さんの失格に関しては本当にショックでした。
スタッフやコーチが誰も庇おうとしない。
マスコミもまるで面白いものを見つけたような扱いと批判の中、
暗い気持ちで一杯でした。
ファンの一人でさえこんな気持ちなのに、選手が思い切り跳べるはずが
ありません。
荻原次晴さんや木下監督の、この失格については選手一人のせいではないというブログを読んで、ほっとしました。
長野のときは小野さんをヘッドコーチとして、金メダルを取るために
組織が一丸となっていたと思います。
今回の失格の事も小野さんなら、一番に原田さんを庇っていたと思います。
これではまるで、選手もコーチもスタッフもみんなバラバラだということを露呈したようなものです。
そしてまるで、原田さんに詰め腹を切らせるかのような引退記事…。
こんな状態のままなら、やっている意味が無い。
ベテラン勢と心中でもいいじゃないかとさえ思ってしまいます。
Commented by みいな at 2006-02-22 18:40 x
目からウロコです。原田選手についてのことや報道、選手の不振、今のルールには日本人選手はムリ的な話・・・全部、なんだか違和感がありました。なので、木下さんのレポートを読んで、目からウロコです。そうか、そうなんだって、もやもやの原因がわかりました。
私はスポーツのコーチやスタッフ、JAPANチームの組織などについては全然わかりませんが、フィギュアスケートのように、それぞれのいつものコーチがそばにいることっていいなぁと単純に思います。もちろん、競技や環境には違いはあるんでしょうが、ただでさえいつもとは全く違うところにいるわけですから、いつもと同じようにできる環境を周りが用意することが、本当に大事ですよね。
そして、選手のことを誰よりも思って行動できるスタッフがいることがどれだけ心強いかと思います。
飛ぶのは選手だけど、選手だけでいいわけがありません。なんだか大事なことを忘れていました。
今回のことを教訓にできるといいんですが・・・。
素敵なレポートをありがとうございます。
これからもブログ、楽しみにしています。
オリンピックだけじゃないですもんね!この次に期待してます!
Commented by kagehiro at 2006-02-23 22:50 x
原田選手の件で未だに私が分からないのが、FISの表によれば身長174cmの場合61kg以下ならスキー板254cm、その下は59kg以下なら251cmです。何故原田選手は253cmのスキー板を使用していたのでしょうか?身長を1cm低く登録してしまったのではないのでしょうか?関係者の人に確かめた訳ではないので、私の推測ですが。
Commented by にゃんこ at 2006-02-24 23:41 x
こんにちは、はじめて書き込みさせていただきます。
今回の五輪の日本ジャンプ陣については、選手の失敗ばかりネタにしたり、ルールやマテリアルで「日本いじめだ」だと引っ張りつづけていて、肝心な部分が伝わってこないなあと感じておりました。特に、まるで原田さんのミスがすべての元凶であるかのような報道には、心が痛みました。

そんな中、選手達の勝利のために必死に奔走している、このブログで「現場の率直な声」が聞けたことは、本当にうれしく思います。
日本チームは、お互いをサポートできないほど気持ちがバラバラになってしまったのか、と暗い気持ちでいましたが、木下監督のように、こんなに一生懸命な方がまだいらっしゃるんだと思うと、ほっとしました。
日本が勝てない理由、それ以外の外国人選手の好調・不調の理由、マスコミはほとんど報じていませんが、なるほどそうだったのか!とうなずくことばかりでした。
一ファンとしても、結果がすぐに出なかったからといって即落胆せずに、長い目で見守っていきたいなと思います。
冷静で、かつ情熱的なレポート、本当にありがとうございました。
これからもがんばってください。応援してます!
Commented by 木下 at 2006-02-26 06:48 x
私は、原田選手の直接担当ではありませんが、多分、原田選手が、過去シーズン登録していた身長が173cmだと思います。そうなるとFISの規定で、253cmのスキーを使用するとなると、体重が60kg以上必要になります。
ところが、彼は今シーズンワールドカップに出場していないために、FISに登録されている、身長が、とても不安的要素がありました。普通ワールドカップを転戦している選手は、、シーズン初めか、サマーグランプリの時に、測定して登録確認しておくものですが(それでも選手は時々大会時に、念のため確認のために測定しているものです)
はっきりしていることは、FISの公認測定で、彼の身長は、174cmと認知されたのでしょう。試合後の測定で、そう判断されたんだと思います。
ですから、今シーズンワールドカップに参加していなかった彼を、大会前に、FISの測定をさせるべきだったのです。まして、彼は試合ぎりぎりまで、日本で調整を行っていましたから、尚更、自分で確認する機会が無かったと思います。少しでも、不安要素がある場合、シーズン中何度も測定しても構わないのですから・・・・・・ほんの少しの配慮だったのです。
Commented by kagehiro at 2006-02-26 11:23 x
木下様コメントありがとうございます。>FISの公認測定で、彼の身長は、174cmと認知されたのでしょう。試合後の測定で、そう判断されたんだと思います。
やはりそうでしたか。たかが1cm、されど1cm。用具との兼ね合いもあるでしょうし、本人及び周囲の人の配慮不足でしたね。
ジャンプ競技は札幌五輪以来、好きでよく見ております。今回も土屋ホームスキー部の選手はもちろん、原田選手も応援していたのでとても残念でした。
NHにエントリーされなかった選手や、代表に選ばれなかった選手たちは、もっと悔しい気持ちだったでしょうね。
<< トリノを離れて、25日に帰国しました 予選ランドの結果!! >>



J SPORTS STYLEトップ



Copyright (C) 2005 J SPORTS Broadcasting Corporation
All Rights Reserved. No reproduction or republication
without written permission.
Copyright © 1997-2005 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム