【見逃し!】NHK「Rの法則」の料理監修をしました

やっちゃいました!

NHK「Rの法則」の抹茶料理を監修したのですが、「放送いつだっけ?」と今日確認したら・・・

昨日、終わってたーーーー!!145.png145.png


なんと、残念でしたが、様子が詳しくこちらに↓

中のお料理の動画もありました↓
コツは、抹茶は加熱しすぎると苦味が増すので、抹茶を入れたらグツグツしないこと。
それだけで、おいしい「マッ茶ウダー」ができますよ♪

この、ネーミングのダジャレ具合が、昭和な感じでディレクターにめちゃウケでした(笑)

人気があれば、いつか再放送すると思います。
その時に見ようっと。では~。


叙々苑の新作スープ、いただきました!

d0339678_23274916.jpg
あの「マツコの知らない世界」でもおいしいキムチチゲとしてご紹介をした叙々苑さんが、3月13日に新しい商品を出されたということで、早速いただきました。

d0339678_23271493.jpg
ギフトボックスです。

フリーズドライですから、カップにポコっと入れてお湯を注ぐだけ。

どんなときでもスーっと身体の中に染み渡るような、深い滋味あふれる牛のスープに、ほんのりにんにくの香りとゴマの風味、ニラのシャキシャキが加わっています。

ランチだけでなく、夜のスープとしても十分使えるおいしさ。

麺を入れたり、雑炊にしたりしても楽しめそうです!!(レシピがついてきます)

ここで買えます。(←叙々苑のサイトに飛びます)
あーん、肉の詰め合わせもおいしそう!




【簡単野菜料理】メロンとラディッシュのクロスティーニ

わけありべジー #16 からの「べジーお夜食クッキング」レシピ


《メロンとラディッシュのクロスティーニ》

d0339678_15400765.jpg
クロスティーニとは、イタリアの前菜で「小さいトースト」という意味だそうです。
オープンサンド(英語)とかカナッペ(仏語)と言っても良かったのですが、生ハムとメロンを使ったところからイタリアの前菜名にしました。

さて、今回のお題は「メロンとカブ」だったのですが、季節柄カブが手に入らなくて、二十日大根という大根の種類ではありますが形がカブに似ていることから「赤カブ」の名前を持つラディッシュにしました。
ちなみにメロンですが、今回はメキシコのハネデューメロンを使用。よく、「生ハムとメロンって合うの?」という方がいらっしゃいますが、やや固めであまり甘くないメロンを選んでみてください。野菜とフルーツの中間くらいの味で、生ハムの塩気にすごく合いますよ。

【材料】2人分

メロン2切/ラディッシュ(赤カブ)1個/生ハム2枚/クリームチーズ18g/フランスパン2切/オリーブオイル適量/塩適量

【作り方】

1.メロンは種を取って皮を厚めに剥き、ラディッシュは薄く切って水にさらしておく

2.オリーブオイルを引いたフライパンにフランスパンを入れ、両面キツネ色になるまで焼いて取り出す

3.2.に生ハム、1.のメロン、クリームチーズ、ラディッシュの葉、ラディッシュをのせてできあがり


※作っている映像はこちら←AbemaTVのページに飛びます。



Copyright © bizki Inc. All rights reserved.