カテゴリ:世界に鍋を広める活動( 38 )

今年の鍋のトレンドはズバリこれ!(2020年秋~2021年春)


今年の鍋のトレンドはズバリこれ!(2020年秋~2021年春)_d0339678_17554133.jpg

日本鍋文化研究所名誉鍋奉行

料理研究家 安井レイコ


今年は、新型コロナウィルスで冬が終わり、夏が明けてしまいました。

そんな時だからこそ、鍋料理のトレンドを今年も考えたいと思います。
2020
年秋から2021年春の傾向です。

8年前より日本鍋文化研究所で、日本の鍋料理を中心とした食文化の普及活動をしています。

料理研究家としてメーカーさんとお付き合いをする中での傾向、スーパーマーケットやコンビニエンスストアなど流通での品揃え、テレビ、SNSからの情報、その他食品以外のトレンド情報を素に、オリジナルに考えたものです。

ぜひ、これからの冬の一興としてお役立てくださいませ。

******

今年(2020年秋~2021年春)の鍋料理のトレンド

世界中の人々の生活を一変させた「新型コロナウィルス」。この未知のウィルスに対する恐怖とできることがない不安は、食の世界にも影響を与えました。

人と人との繋がりの大切さが身にしみて分かったとはいえ、ソーシャルディスタンスを取ることが社会の常識になった今年。

Stay Homeを強いられる中で、調理が簡単で、野菜とたんぱく質がバランス良く撮れる鍋料理の需要は、夏でも一定数ありました。

ただ、新規感染者数が高まるにつれ、家庭内感染者も増え、加熱するとはいえ、同じ鍋をつつくことに違和感を覚えた人も徐々に増えてきたようです。

ですので、この秋〜冬にかけて、まずは味の傾向よりも形状として、「1人用ポーション」の鍋つゆを選ぶ人が増えると思われます。
もともと、ここ数年、ポーションの鍋つゆの味をミックスさせたり、スープの素代わりに使ったりと、1人用鍋つゆの使い方が多様化していたこともあり、ますます需要が高まることでしょう。

さて、味の傾向についても、コロナの影響が少なからずあります。

すでに、ウィルス対策としての「免疫強化」の食品が検索されつつあります。昨年も流行っていた、「発酵系」、「豆乳系」に加え、体を温める「薬膳系」「火鍋系」も手軽にできる鍋つゆが出てきましたので、こちらも注目です。

世界中で不安が増している時ではありますが、ストレス過剰にならないように、せめて家庭では熱々の鍋でリラックスした食事をお楽しみください。

今年の秋から冬も鍋!あったか~~~、グツグツvvで攻めましょう!!


#鍋トレンド #鍋奉行 #やっぱり鍋が好き
#鍋料理 #鍋料理が好き #鍋つゆ


【イベント出演のお知らせ】1月26日和光市ニッポン全国鍋グランプリで審査員をやります!

【イベント出演のお知らせ】1月26日和光市ニッポン全国鍋グランプリで審査員をやります!_d0339678_11575307.jpg

1月26日(日曜日)、全国的に有名になりました和光市の

ニッポン全国鍋グランプリ

で、2度目の審査員を努めさせていただくことになりました。


「ニッポン全国鍋グランプリ」は、今週25日、26日開催で、みなさんの投票で賞が選ばれます。

ぜひ、おいしい鍋を食べにいらしてください169.png169.png


開催要項↓




【TV出演のお知らせ】11月6日にテレビ東京「よじごじdays」に出演します

【TV出演のお知らせ】11月6日にテレビ東京「よじごじdays」に出演します_d0339678_16121693.jpg

みなさん、こんにちは!!

昨日のNHKのお知らせに続きまして、テレビ東京への出演のお知らせです。

平日16時からの「よじごじdays」

『この冬に流行する!?絶対に食べたい鍋特集』


にゲストとして出させていただきました。

で、なぜ写真が梅が枝餅なのかというと、それはそこに出てくるお店に関係あり。

ということで、ぜひご覧くださいませ~。


【TV出演のお知らせ】11月5日に NHK あさイチ に出演します


【TV出演のお知らせ】11月5日に NHK あさイチ に出演します_d0339678_00271421.jpg
11月5日(火)朝の連続ドラマの後の番組 NHK「あさイチ」に出演します。

テーマは、「おでん」

昨年も、おでんは主食か主菜か…など物議を醸したおでんですが、今年もおでんは熱いです!

ぜひ、お楽しみに〜〜



【ウェブ掲載のお知らせ】金麦スタイルに出ています

こんばんは!

そういえばですが、サントリーさんのウェブサイトに掲載されておりました。

豪華な鍋のプレゼントもありまして、締め切りが10月31日ですので、ぜひぜひたくさんの方にご応募いただきたいです。

まずは、ごゆっくりご覧くださいませ。




【TV出演のお知らせ】10月7日に NHK シブ5時 に出演します

【TV出演のお知らせ】10月7日に NHK シブ5時 に出演します_d0339678_01104143.jpg

こんばんは!夜分にすみません。

明日(10月7日)の午後5時20分前後より、

NHK ニュースシブ5時

シェフのひとわざ

コーナーに出演いたします!


ぎりぎりになっちゃったけど、まずはお知らせまで〜〜〜!

ご覧あれ〜〜〜ww


※突発的なニュースなどで、日時が変更になることがございます。


今年の鍋のトレンドはズバリこれ!(2019年秋~2020年春)

今年の鍋のトレンドはズバリこれ!(2019年秋~2020年春)_d0339678_01112001.jpeg

日本鍋文化研究所名誉鍋奉行

料理研究家 安井レイコ

今年は、夏がいつ始まっていつ終わったのか、暑くなったり寒くなったり、不安定な気候でしたね。

毎年好評な鍋料理のトレンドを今年も2019年秋から2020年春の傾向として考えてみました。

7年前より日本鍋文化研究所で、日本の鍋料理を中心とした食文化の普及活動をしています。

料理研究家としてメーカーさんとお付き合いをする中での傾向、スーパーマーケットやコンビニエンスストアなど流通での品揃え、テレビ、SNSからの情報、その他食品以外のトレンド情報を素に、オリジナルに考えたものです。

ぜひ、これからの冬の一興としてお役立てくださいませ。

******

今年(2019年秋~2020年春)の鍋料理のトレンド

「2020年のオリンピックに向けて!」と掛け声は意気盛んでありますが、その実、「これから不景気に向かいそうだ」という不安感を持っている企業は非常に多くあるという数字が出ております。

私たち個人にしても、10月からの増税による影響は大きく、景気が横ばい…ということであれば、収入は下降傾向にある、ということでしょう。

そう考える中、みなさんが最も控えるのは、10%という増税の煽りを最も受けている外食産業でしょう。

外食でも比較的安価に抑えられる鍋料理ですが、「同じ鍋なら、家でやらない?(食材買うなら8%だし)」ということにもなりかねません。

特に、ここ数年私が注目をしている、地方の「お取り寄せ鍋」など、豪華な具材の【ごちそう鍋】は、データからも多くの人が「この冬食べたい鍋料理」にマークをしています。

思い切って塊肉を入れた鍋、チーズをたっぷりトロ~リとかけた鍋、高級魚介類をたっぷり使った和風の寄せ鍋、洋風のブイヤベースなども、この冬にオススメの鍋料理です。

また、海外ではポピュラーなラム肉を使った火鍋もおうちで楽しめるように、鍋つゆも進化しています。海外からの来日客も多くなりますので、嬉しいことですね。

家庭用の鍋つゆも、海外の味を楽しめるもの、本格的な味を楽しめるものなど、バラエティに富んでいますので、あとは具材で「ごちそう鍋」。
カロリーなんか、気にしない♪
悪魔的なおいしさですよ~。


さあ、ますます家鍋が楽しめますね!

今年の秋から冬も鍋!あったか~~~、グツグツvvで攻めましょう!!



【著書紹介】今日、初の鍋本が出版されました!!

苦節5年・・・くらい?

鍋を広める活動を始めてから、なんと、ようやく、私レシピの鍋に特化した本が出版されました!

その名も、えーと(覚えてない)、

奉行イチオシ!安井レイコの進化鍋(タツミムック)
【著書紹介】今日、初の鍋本が出版されました!!_d0339678_12051724.jpg


です!(アマゾンで買えます)




この本は、日ごろ食べたい簡単な鍋のレシピはもちろん、それに何かを加えることで劇的に鍋の味チェンジを行って、2度も3度もおいしく楽しもう!というレシピ集です。

(私もまだ見てないのですが)たぶん、とっても明るく楽しい紙面になっていると思いますので(だって、撮影が楽しかったから)、ぜひぜひお手にとってご覧くださいませ。

もうすぐアマゾンから届きます。楽しみ~~。
(え、持ってないの?というツッコミは無しで~)


【TV出演】明日(11/5)は時間差で2つの番組に出演!

こんばんはー。

明日は、時間差で2つのテレビに出演(?)します。

まずは、朝10:25~ 日本テレビの「バゲット」で、気分が上がるランキング のコーナーです。

そして夕方4:50~ NHKの「ニュースシブ5時」で、平成”鍋物”興亡史 などというおどろおどろしい名前がついたコーナーです。


どちらの番組も楽しいと思いますので、よろしければ、ぜひぜひご覧くださいませ♪

今年の鍋のトレンドはズバリこれ!  (2018年秋~2019年春)

今年は、酷暑に加えて暑い時期が長かったですね。

毎年好評な鍋料理のトレンドを今年も2018年秋から2019年春の傾向として考えてみました。

6年前より日本鍋文化研究所で、日本の鍋料理を中心とした食文化の普及活動をしています。

料理研究家としてメーカーさんとお付き合いをする中での傾向、スーパーマーケットやコンビニエンスストアなど流通での品揃い、テレビ、SNSからの情報、その他食品以外のトレンド情報を素に、オリジナルに考えたものです。

ぜひ、これからの冬の一興としてお役立てくださいませ。


********************

今年(2018年秋~2019年春)の鍋料理のトレンド

今年の鍋のトレンドはズバリこれ!  (2018年秋~2019年春)_d0339678_00500533.jpg

「インスタ映え」が流行語大賞になった2017年、鍋の世界でも「味より見栄え」「びっくりするような見かけの鍋」「動画映えする鍋」が流行しました。

ただ、2018年に入り、その見かけの流行も収まってきたように感じます。

毎日暑さが厳しかったこの夏、ほんの少し気温が下がっただけで、コンビニエンスストアのおでんの売上がグッと上がりました。

ここ数年しかけられてきたおでんのブームが、やっと実を結んだ感じがいたします。

「映え」から「実」へ。原点回帰の傾向では、おでんや寄せ鍋、しゃぶしゃぶ、すき焼きなど、「やっぱり鍋っていいよねぇ」と誰もが納得するものがトレンドになってまいります。

家庭用の鍋つゆでも、今まで粉末や練り物の付け合せでしかなかった「おでんの素」にストレートパウチの「おでん鍋つゆ」が登場しました。

また、寄せ鍋も海鮮だしから鶏がらだし、かつおだし、だしに変化を加えながらもやっぱり「寄せ鍋」。
「しゃぶしゃぶ」や「すき焼き」も、ちょっとした変化を加えながらも、人々に長く愛される“原点”の鍋になっていると思います。

基本を大切にすることで、新たな時代に突入する準備をしているかもしれませんね。

そんな中、私が提案するキーワードは、「進化鍋」。

原点の鍋に何かをプラスすることで、進化させる鍋です。

今までの鍋で、「味が途中で飽きた」「味が薄くなった」などの不満を解消するワードでもあります。

どんな進化ができるか・・・それは、11月末発売予定の「安井レイコの進化鍋」(辰巳出版)をぜひご覧くださいませ(あ、宣伝、宣伝)。

さあ、ますます家鍋が楽しめますね!


今年の秋から冬も鍋!あったか~~~、グツグツvvで攻めましょう!!


**********************

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.