2011年 06月 27日 ( 2 )

【節電・節水・エコの知恵8】一石二鳥の保温調理

——————————————————————————

     節電・節水・エコの知恵8

——————————————————————————

では、保温調理をどういう目安ですればいいの?という
問いですが、私は「とろ火」のつもりで利用すれば良い
と思います。

煮物は強火で長時間煮ていると煮崩れを起こします。

火を止めてしまえば、崩れるのを防ぐことができますし、
冷める過程で味が浸みていきますので、火を止めてとろ
火の代わりにする保温調理は、一石二鳥なのです。

先日お話ししましたように、保温調理は、2時間くらい
は80度から70度くらいまで、ほんとうにゆっくりと
温度が下がっていきます。

ですから、「まだ固いかな?」というところで火を止め
て、普通なら煮込む時間を保温に置き換えるのです。
                  (次回に続く)

【レシピ】豆腐ハンバーグ

先日授業参観に行ったところ、先生が、
「このテキストは忘れないようにって言っているのに、
今日も忘れたやつがいるなー。参観日だっていうのに」

誰だ、誰だ?と子供たちが見回す教室。そこには、隣の
子のテキストを見せてもらっている三男たかぼうの姿が。

ああ、やっぱり…とがっかりしながら次男の教室に移動
しようとして、「やばい、次男って何組だっけ?」。

忘れっぽいのは、親譲りだった~(泣


さあ、今日の一品を始めましょう。
     
=========================
   今日の一品   
       豆腐ハンバーグ
                       
=========================

【レシピ】豆腐ハンバーグ_d0339678_12374342.jpg

 
お肉を減らしたい時に作りたい豆腐のハンバーグ。余って
いたごぼうを入れたら、風味と食感が増してグ~です。
  
   
1.玉ねぎをみじん切りにして、ノンオイルのフライパン
  で透き通るまで炒めておく

2.木綿豆腐の水気をしっかり絞り、ひき肉、1.の玉ね
  ぎ、みじん切りにしたごぼうとにんじん、片栗粉、塩、
  こしょう、しょうゆを入れてこねて丸めて、少量の油
  を敷いたフライパンで焼き上げる
        
           
ひき肉は、牛でも豚でも鶏でも合いますよ。それぞれの肉
によって加熱時間が変わるので、玉ねぎはさっと炒めてか
ら入れておくといいでしょう。

デミグラスソースもいいけど、しょうゆベースのソースが
お勧めです。

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.