2010年 06月 17日 ( 2 )

【特集】地場産物と利用の問題点に答えが!?


  日本の食料自給率と私たちの食卓・42

─────────────────────────────

先日来、地場の産物とその利用の問題について書いてきましたが
その答えの大きなヒントになるものを見つけました。

先週、新宿高島屋のイベントで、「大学は美味しい!!」フェア
というのが行われました。 http://tinyurl.com/2f4etum

大学の学生や研究室、先生方が、それぞれの地場の産物を使って
共同開発したものを販売していたのです。

その中には、ケーキやクッキー、ジャムなど、普通のお土産のよ
うな加工で売られているものもありましたが、人々の目を引き、
よく買われていたものは、例えばこのようなものでした。

                    (次回に続きます)

【レシピ】ラタトゥイユ フランス版おふくろの味

d0339678_12384543.jpg


夏の定番料理。

以前ドイツの先生に教わったレシピはとても複雑
でしたので、ひとつの鍋で簡単にできるように改良しました。

トマトのおいしい季節に、ぜひ作ってくださいね。


1.鍋に少量のオリーブオイルを入れ、潰したにんにくを弱火で
  炒める

2.香りが立ったところで角切りにしたなす、玉ねぎ、にんじん
  を炒め、そこに同じく角切りにしたトマト、かぼちゃ、ピー
  マンを入れ、ローリエと塩を振りかけてフタをしてやや弱め
  の中火で煮る

3.野菜がやわらかく煮えて水分がほぼなくなったら出来上がり


かぼちゃの代わりにズッキーニ、ピーマンの代わりにキャベツや
セロリなどお好みの野菜で作ってください。

ひとつの鍋で作るコツは、なすと玉ねぎとにんじんだけを先に炒
めてやわらかくしておくこと。ピーマンなどのやわらかい野菜は
大きめの角切り、にんじんなど固い野菜は小さめに切ることです。

※写真は、ピーマンを買うのを忘れてしまったので、キャベツの芯
を入れました。

葉っぱで「塩ダレキャベツ」を作って、芯でラタトゥイユ。
無駄のないワンプレートになったでしょ?

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.