2010年 06月 07日 ( 2 )

【特集】後世に伝えたい郷土料理


  日本の食料自給率と私たちの食卓・41

─────────────────────────────

郷土料理は、その土地に住む人にとっては、珍しいものでも何で
もなく、「食べ飽きたもの」と映るかもしれません。

地元の方に話を聞いてみると、よく

「こんな田舎臭いもの、都会の方は喜ばないでしょう」

というようなことをおっしゃいます。

けれどその郷土料理は、地場の作物が最もおいしく食べられるよ
うに工夫をされ、長年かけて洗練されたものだと思います。

多くの女性(もしくは男性)の手を経て、郷土料理は作られてき
ました。

ぜひ、それを誇りに思ってください。それを堂々と後世に伝えて
ください。

                    (次回に続きます)

【レシピ】新しょうがの黒糖煮



北海道に行った長男から、ホタテが届きました。
「ホタテ漁」のアルバイトをしたというのですが、

「夜中の12時に先輩が迎えに来てくれて、朝の6時まで網を引
くんだ。それから学校行って、レポート書いて、漁行って…」

うちの子供は、いつしか漁師になったらしい。。。


d0339678_12384607.jpg



さて、今日の一品からです。

そろそろ新しょうがが出る季節なので、定番にしてください。
お酒にもごはんにも合う一品です。たくさん作ってね!


1.しょうがは皮つきのまま1ミリくらいにスライスして、沸騰
  した湯で1分ほど湯がく

2.鍋にしょうがと黒糖、しょうゆを入れて火にかけ、べっこう
  色に煮詰まったら、最後にはちみつを絡ませて仕上げる


辛いのが好きな場合は、湯がかなくてもいいですよ。
反対に辛味が嫌いな場合は、やや長めに茹でてください。

           


息子、北海道でかなりのびのびやっているようです。子供の手を
離すのは難しいですが、離してみると子供の持っている力がよく
分かりますね。

さて、Kirei's Kitchenに6月の新しいメニューが掲載されてい
ます→ http://kirei.biglobe.ne.jp/cooking/

お勧めは、「カルボナード」。一見難しそうですが、ちょいっと
炒めてビールで煮ていくだけです。

本当は難しいフランス料理を簡単に作れるように工夫しました。
ぜひお試しください。

また、今週水曜日はいつものUstream放送です。
先週のアスパラ祭り(ホワイトアスパラの食べ放題)は、とても
みなさまのおなかを刺激してしまったようで(笑)。

今週もおなかを刺激する楽しい放送にしたいと思います。
昼休みのご家庭で、オフィスで、ぜひご覧ください。

今、UstreamJapan クッキング部門で第一位だそうです!
http://www.ustream.tv/channel/u-ecogohan-ch

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.