今年の鍋のトレンドはズバリこれ!(2019年秋~2020年春)

d0339678_01112001.jpeg

日本鍋文化研究所名誉鍋奉行

料理研究家 安井レイコ

今年は、夏がいつ始まっていつ終わったのか、暑くなったり寒くなったり、不安定な気候でしたね。

毎年好評な鍋料理のトレンドを今年も2019年秋から2020年春の傾向として考えてみました。

7年前より日本鍋文化研究所で、日本の鍋料理を中心とした食文化の普及活動をしています。

料理研究家としてメーカーさんとお付き合いをする中での傾向、スーパーマーケットやコンビニエンスストアなど流通での品揃え、テレビ、SNSからの情報、その他食品以外のトレンド情報を素に、オリジナルに考えたものです。

ぜひ、これからの冬の一興としてお役立てくださいませ。

******

今年(2019年秋~2020年春)の鍋料理のトレンド

「2020年のオリンピックに向けて!」と掛け声は意気盛んでありますが、その実、「これから不景気に向かいそうだ」という不安感を持っている企業は非常に多くあるという数字が出ております。

私たち個人にしても、10月からの増税による影響は大きく、景気が横ばい…ということであれば、収入は下降傾向にある、ということでしょう。

そう考える中、みなさんが最も控えるのは、10%という増税の煽りを最も受けている外食産業でしょう。

外食でも比較的安価に抑えられる鍋料理ですが、「同じ鍋なら、家でやらない?(食材買うなら8%だし)」ということにもなりかねません。

特に、ここ数年私が注目をしている、地方の「お取り寄せ鍋」など、豪華な具材の【ごちそう鍋】は、データからも多くの人が「この冬食べたい鍋料理」にマークをしています。

思い切って塊肉を入れた鍋、高級魚介類をたっぷり使った和風の寄せ鍋、洋風のブイヤベースなども、この冬にオススメの鍋料理です。

また、海外ではポピュラーなラム肉を使った火鍋もおうちで楽しめるように、鍋つゆも進化しています。海外からの来日客も多くなりますので、嬉しいことですね。

家庭用の鍋つゆも、海外の味を楽しめるもの、本格的な味を楽しめるものなど、バラエティに富んでいますので、あとは具材で「ごちそう鍋」。

さあ、ますます家鍋が楽しめますね!

今年の秋から冬も鍋!あったか~~~、グツグツvvで攻めましょう!!



【TV出演のお知らせ】7月5日... >>

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.