山村幸広の一日、一グラム

新しい会社、「グラム」が一日、一グラム、成長する様子を応援してください!
淡島通り「ドマーニ」 田舎風イタリアン? 4月7日
 久しぶりに「ドマーニ」へ行く。いつも変わらないメニュー構成に安心感が湧く。また従業員の方の対応もきちっとしていて、ゆったりと過ごす事ができる。イタリアの田舎で料理を食べたことがないので、「田舎風イタリア料理」という物がどういうものか分からないが、ドマーニはなんとなく家庭的と言うか、「田舎風」と言う言葉を彷彿させる。京都で言えば「おばんさい」と言えばよいのだろうか? 和食で言えば、六本木の「かわにし」さんのようなお料理をイタリアンで言えばドマーニと言うことになるのであろう。

 最近、ちょっとこじゃれた(はっきり言えば格好だけの)イタリア料理が多い中、しっかりとした味付け、なぜだかほっとさせる雰囲気、老舗としての"しつらい"を保っているのがこのドマーニなのである。幅広い客層がこの店の歴史を物語る。

 思いっきりお腹を空かせてたくさんの料理を注文する。そして非常にリーズナブルでコストパフォーマンスの高いワインをかぶ飲みして楽しく語らう。それがドマーニでの食べ方である。ここではバローロやバルバレスコ等の高価なワインは必要ない。例えば普段使いのテーブルワインでもいい。味付けのしっかりした、ある意味濃厚な味の料理を、冷えた白や少し温度を低くした赤ワインで楽しむ。それがドマーニである。

 ドマーニで絶対に食べたいのは、魚介類のチリソース煮「セウタ」である。これが旨い。いわゆる魚介類を煮込んだシチュー風の物であるが、これがたまらない。これだけは4人で行けば4皿頼んで、シェアせずに1人で1皿食べきりたい料理なのである。深い味わいと、後でおいかけてくるスパイシーな味がたまらない。これだけで「飲める」代物である。そして「鶏のロースト小悪魔風」。これもぜひ食べて帰りたい1皿である。しかし、しかし、ドマーニで絶対に外せないのは「セウタ」である。これはまさしく、ASOの「フルールトマトのカッペリーニ」、かわむらの「ミートソーススパゲッティ」、京味の「鮭はらすごはん」等のように、その店に行ってそれを食わずして帰れるかい!!!!という名品なのである。しかも値段が1皿1500円でっせ。素晴らしい。ドマーニへ行って、鮮魚のカルパッチョを2人でシェアして、セウタを1人1皿頂く、そしてペペロンチーノをシェアして、メインに鶏を食べ、ドルチェを頂く。それでも1人5000円でお釣がくる。立派なお店であります。

 ASOさんのように本当に美味しければ文句はありませんが、中途半端に格好つけて高いだけのイタリアンが多い中、こういうお店は貴重ですわなあ。
 いい店は入って10秒でわかる。

山村幸広


【関連リンク】
  • エキサイト検索 >“田舎風イタリアン”
  • ウーマンエキサイト >レストラン検索
    [PR]
  • by yamamura2004 | 2006-04-07 22:02
    << 宮崎フェニックスはやはり難しか... 入社式 4月4日 >>


    by yamamura2004
    プロフィールを見る
    画像一覧
    S M T W T F S
    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30
    以前の記事
    最新のトラックバック
    「Audi MUSIC ..
    from 時の運と人の縁を極める日々の記録
    玉の湯
    from 湯布院温泉の【宿泊したい旅館..
    民主党 田中美絵子 渋谷..
    from 民主党 田中美絵子 渋谷有栖..
    民主党 田中美絵子 渋谷..
    from 民主党 田中美絵子 渋谷有栖..
    Cocco 激ヤセ リス..
    from Cocco 変わり果てた姿 ..
    のりピーこと酒井法子 バ..
    from のりピーこと酒井法子 バキバ..
    井上和香キャバクラ時代は..
    from 井上和香キャバクラ時代は乱交..
    井上和香キャバクラ時代は..
    from 井上和香キャバクラ時代は乱交..
    今あるものを有効に活かす知恵
    from ショートショートの日常☆く-..
    映画の日に『おくりびと』
    from あるiBook G4ユーザに..
    検索
    タグ
    その他のジャンル
    ファン
    記事ランキング
    ブログジャンル
    画像一覧