ホーム | ブログ トップ | サイトマップ
 
[日本から本場アメリカへ]
世界で最も新しいメジャースポーツ。アメリカンフットボールを下地としてアメリカンスポーツの魅力を集大成した新感覚スポーツ、それがアリーナフットボールです。誕生してから僅か20年で全米を揺るがす人気スポーツに成長しました。

侍ウォリアーズはこの新しいスポーツで本場アメリカのプロチームに挑戦するために招集された日本選抜チームです。

本場に挑む心構えとして、このアメリカ生まれのスポーツに対する尊敬の念、その生まれ故郷で米国民の目の前で堂々としたフェアプレーを誓う品性、道理にまかせて決断し、いささかもためらうことをしない義の精神、武士道の精神をチームの心得とし、私たちはこのチームに思いを込めて“日本選抜侍ウォリアーズ”と命名しました。

選ばれし24名の選手は学生、社会人と日本のアメフト界で大活躍した猛者達。ひとたびフットボールを離れるとあらゆるビジネスシーンでも活躍している彼らが、スーツを脱ぎ捨てて本場にチャレンジする。それが侍ウォリアーズの面々の素顔。

昨年、侍伝説の第一章はaf2所属ルイビル・ファイアに惜敗。地元に強い印象を残したゲームも破れては歴史を変えることが出来ません。

本場を制す。

この誓いを胸に
2005年いよいよ侍伝説第二章が始まります。 舞台はカリフォルニア州サンディエゴ。

歴史を動かす為に
侍士達の挑戦は続きます。

詳細は以下のとおりです。
---------------------
ジャパンフィエスタ イン サンディエゴ2005
?アリーナフットボール国際親善試合?


[日時]
2005年3月26日(土)
PM4:00開場/PM7:00試合開始

[場所]
米国カリフォルニア州 サンディエゴ・スポーツアリーナ

[試合]
日本選抜侍ウォリアーズ vs サンディエゴ・リップタイド(af2西地区所属)

[イベント概要]
(第一部)
日本文化イベント(文化展示および実演)
(第二部)
アリーナフットボール国際親善試合

[イベントURL]
http://sandiegotown.com/fie
sta/index.html
coming soon
<   2005年 02月 ( 31 )   > この月の画像一覧
選手コメント(その4)
c0014445_18212419.jpg侍GMです。選手コメント第4弾です。選手の皆さんに応援メッセージを宜しくお願いいたします。


c0014445_18225185.jpg今回のトップバッターは、98年マイカルベアーズで58ヤードFG成功という未だ不倒の日本記録を打ち立てた現アサヒビールシルバースター所属のK山口豊選手です。

1.侍ウォリアーズについて そして今年にかける思い
本場アメリカのプロ選手と自分は何が違うのか、自分には何が足りないのかここ数年ずっと考えていました。メディアを通じて観ても何となくしか分からず自分の中で出た答えは、本場の選手と同じフィールドで肌で感じるという事でした。全てを捨ててアメリカに渡る勇気も無く、今回頂いたチャンスは今後の自分のフットボール人生に置いて転機になると思っています。

2.トライアウトは如何でした?又、初めての練習を終えた感想は?
周りはXリーグを代表する選手ばかりで気が狂いそうでしたが、後輩の小山だけには負けられ無いという思いでやりました。練習を始めて思ったのはフィールドとポストの狭さに慣れないと何も始まらないと思いました。ボールを蹴るインパクトまで小さくなっていたので最高のパフォーマンスが出来るよう調整したいと思います。8年振りの小山との練習は、お互い練習の仕方も変わっており良い刺激になりました。

c0014445_18242217.jpg続いては、昨シーズン、af2西地区ベイカーズフィールドに所属し今回の対戦相手のサンディエゴも知り尽くした頼りになるディフェンススペシャリスト富士通フロンティアーズの植木大輔選手です。

1.侍ウォリアーズについて そして今年にかける思い
昨年は、af2挑戦ために、手伝いという名目で参加しました。多数の挑戦者の中から選ばれ、サムライメンバーとして参加できることを誇りに思います。山田HCを始め、コーチ陣は「いい試合では意味がない。勝たなければいけない」と常に言っています。今回選ばれた選手には、何が何でも勝たなければいけない責任があります。1対1で勝たなければいけない責任があります各々に与えられた責任を果たした先に、勝利が見えてくるはずです。今回集まった仲間とともに、命をかけて勝利をつかんできます。アメリカ人が抱く日本フットボールのレベルの低さは想像以上でした。去年af2に参戦し一番感じたことです。特に僕の場合はDBコーチがそうでした。「こいつの目の前でいいプレーして証明したる」半年間そう思ってやってました。それでも、最後まで叶いませんでした。今でもあの時の屈辱感とむかつきは忘れません。どんなでかい奴が来てもタックルでぶっとばす。体は壊れてもいつか治ります。でも、試合での結果は一生かわることはありません。接戦でも大差でも負ければ、一生負けの記録がついたままです。エキサイトすることは間違いないこのゲームで自分の力をアメリカの地で証明したいと思います。その上で、勝ってきます。

2.トライアウトは如何でした?又、初めての練習を終えた感想は?
一番の心配は一週間前にあったチャレンジボウルで痛めた肩。一週間では痛みレベレが下がるだけで、トレーニングもままならない状況でした。それに加え今年の挑戦者数は去年よりも多く、学生界からも召集しており不安は募るばかりでした。それでも、合格しなければ去年の個人的な雪辱は晴らせないと思い必死でプレーしました。タックル練習も試合さながらのエキサイトした激しいもので、アメリカのキャンプ期間を思い出しました。練習初日はチェックコールにやられました。SFがチェックコールを出してモーションに対して最も有効なアジャストするのですが、戸惑ったままプレーが始まり両CBに迷惑をかけてしまいました。2日目は紙での勉強と動きながらの練習のおかげではっきり伝えることが出来たのではと思います。(どうですかねタマさん・・)昨年の雄一さんの活躍を越えることが、サムライウォーリアーズが勝利へ近づくために必要なことだと思っています。

c0014445_18273083.jpgそして最後の登場は、日本屈指の鹿島ディアーズオフェンスラインの一角を担い、1月のチャレンジボウルでも活躍した井澤健選手です。

1.侍ウォリアーズについて そして今年にかける思い
昨年から興味のあった侍に参加できることを嬉しく思っています。勝って何かを変えるために、全ては勝ちの後に見えるはず。

2.トライアウトは如何でした?又、初めての練習を終えた感想は?
初めての練習は、攻守の練習の基本を練習しましたが、思っていたよりもDLは難しいと感じました.パスラッシュのテクニックを早く身につけたいです。トライアウトは、ラインも昨年の経験者の方が多くいたので不安でしたが、何とか合格することが出来ました。合格して新たに責任感、使命感を感じます。とにかく勝利を掴むためにこれからの練習に励みたいと思います。とにかく練習から勝ちにこだわりをもっていきます。

侍ロスターリストはこちらをクリック!http://www.ses-m.com/html/samurai2005.html
by samurai-warriors | 2005-02-28 18:37 | Comments(11)
練習風景(2nd week)
c0014445_16595947.jpg
c0014445_1701047.jpg
c0014445_1701914.jpg
c0014445_1703166.jpg
c0014445_1704039.jpg
c0014445_1704728.jpg
c0014445_1705569.jpg
c0014445_171252.jpg
c0014445_171960.jpg

by samurai-warriors | 2005-02-28 17:01 | おしらせ | Comments(2)
選手コメント(その3)
c0014445_1541816.jpg侍GMです。選手コメントの第3弾をお送り致します。選手の皆さんに応援メッセージを宜しくお願い申し上げます。


c0014445_1548861.jpg本日のトップバッターはIBMビックブルーのエースQBで以前より海外でのプレーにもかなり興味を持っていたとお伺いしています。QBの岡村幸太郎選手です。

1 侍ウォリアーズについて そして今年にかける思い


海外でのフットボール挑戦を目指していた私にとって侍ウォリアーズ一員に選ばれたことは非常にうれしく思っています。今年は勝つのは当然、そしてその勝ち方にこだわっていきたいです。

2 トライアウトは如何でした?又、初めての練習を終えた感想は?

初めてチャレンジするスポーツということもあり最初は緊張しましたが、絶対侍ウォリアーズとしてサンディエゴに行きたい!という強い気持ちで40ydsがんばって走りました。練習を始めて思ったのはアリーナフットボール、とにかく面白いです。1プレー1プレーのスピード感・緊張感がなんとも言えない。次回からはスクリメージを交えての本格的な練習に入っていきます。打倒サンディエゴ!!に向けて常に120%エフォートでいきたいと思います。

c0014445_15483872.jpg続いては03年ワールドカップ日本代表の大型LB岡田崇志選手です。岡田選手も去年に引き続き2年目の侍ロスター入りです。

1 侍ウォリアーズについて そして今年にかける思い

フットボールに熱い思いを持った選手が集っていると思います。ただの寄せ集めのチームでは無く、勝利に向けて一つになれる素晴らしいチームだと思います。昨年もサムライに参加させて頂きましたが、あの敗戦は一年間頭の中から消えることはありませんでした。悔いることなく、明るく戦いを思い出せる試合にしたいと思います。絶対に勝ちます。

2 トライアウトは如何でした?又、初めての練習を終えた感想は?

オープントアイアウトという事もあり、多くの面々と良い緊張感で競い合えて楽しかったです。秋のシーズン終了後、トライアウトを一つの目標としてコンディショニングに取り組んでいましたので、合格という成果が出て良かったです。でも、目標はもっと高い所にあります!
練習の感想は、ラインが強い、デカイ、重い!FB/LBとしてラインユニットと一緒に練習をしていますが去年より数段レベルアップしたユニットだと思います。絶対いけると思います。デカラインと当たらせて頂いたおかげで、翌日は結構、体が痛かったです。

c0014445_1549522.jpgそして本日最後の登場は吉田岳史選手です。吉田選手は先ほど行われたaf2国際ドラフトでマンチェスター・ウルブスに指名を受けて、侍のゲーム後にそのままマンチェスターに移動。今年は米国でプロとして戦います。

1 侍ウォリアーズについて そして今年にかける思い

代表選手として練習できること、またアメリカのチームと試合できる機会を与えて頂いて本当に感謝している。こういう企画は今後も継続的に続けてほしいと思う。昨年も参加させて頂き楽しむことはできたが、試合は負けているので満足感は全く満たされていない。練習をしていてもコーチ陣の「勝ちたい」という気持ちが伝わってくる。今年はこの期待に絶対に応えたいと思う。

2 トライアウトは如何でした?又、初めての練習を終えた感想は?

レベルの高い選手が集まる中での練習は刺激的で本当に面白い。アリーナフットボールはオフェンス、ディフェンス両方やらなければならず、まだまだ個々人慣れない部分があると思うが、その分これからチームとして伸びていくと思う。どこまで強いなれるか残りの練習が楽しみです。

侍ロスターリストはこちらをクリック!http://www.ses-m.com/html/samurai2005.html
by samurai-warriors | 2005-02-24 15:54 | Comments(75)
選手コメント(その2)
c0014445_10345175.jpg侍GMです。参加選手のコメント第2弾です。選手の皆さんに応援メッセージを宜しくお願い申し上げます。


c0014445_10351881.jpg今日のトップバッターはブログのメンバーでもある冷水哲選手。冷水選手は大学生として昨年のゲームに参加。ゲームでの活躍は現地のメディアでも高い評価を得ました。

1 侍ウォリアーズについて そして今年にかける思い

選手がサムライにならなくてはいけないのは最低条件であると思います。この侍ウォリアーズというチームはは昨年も感じたのですが、コーチを始め支えて下さる方々の気持ちが熱く、そして勝利にこだわっている。本当に一流のスタッフが集結したチームだと思います。もしかすると、コーチ陣は自分が出たいと思うくらいに熱い気持ちに違いないと思います。現在、日本ではマイナーなスポーツであるアメフトをアメリカを巻き込むことによって知名度、人気はあげれると思います。今の段階ではこの侍ウォリアーズが行うエキシビジョンマッチはその為のスタートだと思いますし、今後に繋がる活動になると考えています。

2 トライアウトは如何でした?又、初めての練習を終えた感想は?

1対1の勝負で勝ちに行く。という気持ちはもちろんのこと、今年はチームの勝利にこだわる為に練習をします。勝ちたいです。どんな形であっても、勝つ事によって何かが見える気がしています。

c0014445_10392383.jpg続いては米国af2でプロ生活を経験。日本人としては初めてQBとして米国プロのゲームに出場しタッチダウンパスも記録している八木健太選手です。昨年度はスターターQBとしてチームを牽引しました。

1 侍ウォリアーズについて そして今年にかける思い

2年目の結成が実現したことを喜ばしく思っています。昨年に続きチームに参加できることもうれしく思っています。昨年の敗戦の悔しさ、そして勝利に手が届く感触をまだ覚えています。甘くは無いと思いますが、今年こそチーム全員で勝利をつかみたい。

2 トライアウトは如何でした?又、初めての練習を終えた感想は?


二日とも雨の中の練習、というアリーナフットボールではありえない環境の練習でした。そんな天気にも関わらずチームの雰囲気も勝利を意識したボルテージの高い練習となり身が引き締まりました。

c0014445_1038313.jpgそして今日の最後はアリーナフットボールではとても重要なポジションとなりますキッカーの選手です。日本代表のキッカー、小山真選手です。

1 侍ウォリアーズについて そして今年にかける思い


侍ウォリア-ズについては、昨年から活動を開始していた事を知っていて是非とも参加したいと思っていましたので今回、参戦できる機会を頂けた事を光栄に思ってます。ゲーム自体は厳しい戦いになるかと思いますがチーム一丸となり、アメリカを倒して歴史を変えたいです。初めてのアリーナ経験ですが、成功率100%目指して精一杯がんばります!

2 トライアウトは如何でした?又、初めての練習を終えた感想は?

トライアウトは独特の雰囲気の中行われましたから正直いって緊張しました。ポジションが特殊ですので一緒にトライアウトを受けた他のキッカーの選手の練習方法なんかも聞けていい刺激になりました。初練習は、ちょっとした怪我の為殆ど行っていませんが、一緒に参戦する私の師匠山口氏との練習に大学生の頃を思い出しました。侍のスペシャリストとして勝利に貢献します!

侍ロスターリストはこちらをクリック!http://www.ses-m.com/html/samurai2005.html
by samurai-warriors | 2005-02-23 10:45 | おしらせ | Comments(196)
侍ツアー正式申し込み開始!
侍ウォリアーズが本場を相手に立ち向かう!歴史的瞬間をご一緒に共有致しませんか?
侍ウォリアーズ応援ツアー募集を開始致します。
旅程:3月24日(木)発 3月28日(月)帰国
募集価格:13万円(エア ホテル 観戦券込み 食事無)
特典:特製Tシャツプレゼント、特製プログラムプレゼント、
昨年のゲームハイライトDVDプレゼント、選手との交流会等々。
ツアーの詳細はこちらをクリック
http://www.ses-m.com/html/tour2005.html

してお申し込み書を印刷の上、
ファックス又はご郵送頂くかtour2005@ses-m.comまで
お問い合わせの上、お申し込みください。
皆様のご参加心よりお待ち申し上げております。
by samurai-warriors | 2005-02-22 19:24 | おしらせ | Comments(9)
メディア情報(朝日新聞&週刊アスキー)
c0014445_15364045.jpg今週の日曜日の朝日新聞(神奈川県版)に侍練習スタートの模様の記事が掲載されております。ウェブ版にも記事掲載されております。http://mytown.asahi.com/kanagawa/news01.asp?kiji=6489
又、本日発売の週刊アスキーのP197にもこのブログが掲載されています。来週号くらいから週刊アスキーさんでも練習やゲームの模様をページでご紹介頂ける予定です。
是非、ご覧ください。
by samurai-warriors | 2005-02-22 15:37 | おしらせ | Comments(0)
選手コメント(その一)
c0014445_21123854.jpg侍GMです。ブログの方での全員参加がスタートするまでこれから数回に分けて侍ウォリアーズの参加選手のコメントを掲載してまいります。選手の皆さんに応援メッセージを宜しくお願い申し上げます。

c0014445_21154777.jpgまず最初は水口貴雄選手。水口選手は2002年、NFLヨーロッパでレシーブ8回 (トータル88yds、1TD)を記録している海外プロ経験者でもあります。昨年はキックオフリターンタッチダウンを記録するなど侍ウォリアーズの歴史的初戦で大奮闘してくれました。

1 侍ウォリアーズについて そして今年にかける思い

昨年も侍を体験させてもらいましたが、ゲームをやってみて確実にイケる!!と思いました。今年の侍は去年のチームを上回る実力をもっているし、自分も成長できるのでとても魅力のあるチームです!去年の惜敗は自滅に近いと思ってます。今年はさらにPLAYの完成度をあげてTDを量産したいと思います。そしてタックルで相手を確実にしとめる!

2 トライアウトは如何でした?又、初めての練習を終えた感想は?
今年は参加人数がおおくとても刺激あるトライアウトだったと思います。Af2に挑戦していた元野クンがその場でタルサのチームとサインしたのはとてもビックリしました!
慣れていないDBをまた体験する訳ですが、ディフェンスも面白いです。面白いだけではサンディエゴには勝てないので、更に技術面、身体能力面でも日々成長をしていきたいです。

c0014445_2119955.jpg続いてはシルバースターの大ベテランで元日本代表、藤井洋選手です。藤井選手も昨年に引き続き2年連続の侍参加です。

1 侍ウォリアーズについて そして今年にかける思い
どんな事をしても勝たなければならないゲームだと考えています。その為にシーズン終了後からこのゲームに向けてトレーニングと体重アップを実行してきました。昨年のゲームはバックフィールドは対等以上に戦っていたがOL/DLはかなりやられた感があります。特に私はOLで入った時に結構やられたのでその仮を返さなくてはなりません。その為にはサムライの中でまずスターターを取らなくては・・・

2 トライアウトは如何でした?又、初めての練習を終えた感想は?
OLの技術が難しく、自分なりに練習をしてきたがレベルが高くかなり厳しいトライアウトだったと思います。合格の連絡が来るまで不安で眠れなかった。この週末の初練習はウォークスルー程度の練習でしたが緊張をしていたせいかかなり疲れた。2日目は朝も早かったのでより疲れたかんじです。

c0014445_21193539.jpgそして今日最後のご紹介は鹿島ディアーズから登場。倉持和博選手です。倉持選手はチームのルーキー・オブ・ザ・イヤーを受賞された今後が期待される若手プレイヤーです。

1 侍ウォリアーズについて そして今年にかける思い
山田HCもおっしゃっているようにOL/DLは日本最大級のライン選手が揃ったと思います。このメンバーで試合できるのが楽しみです。そして日本のフットボール界の代表としてこの試合に臨むわけですから情けないプレーはできません。全プレーにサムライ魂をこめて闘います。そして必ず打倒アメリカという結果を残して帰ってきます。

2 トライアウトは如何でした?又、初めての練習を終えた感想は?
ライン候補者はもともと少なかったのですがそうそうたるメンバーが揃っていたので合格できるかとても不安でした。また、トライアウト中、アメリカ人コーチや河田コーチが盛り上げてくれたおかげで緊張しながらも楽しく受験することができました。練習初日は不覚にも風邪により欠席してしまいました。チームの皆さんに迷惑をかけてしまったので次の練習は体調を万全にして望めるよう、回復に努めます。また、DLは全くの未経験なのでとても難しいです。今週はパスラッシュテクニックの向上に重点を置いて練習しようと思います。

侍ロスターリストはこちらをクリック!http://www.ses-m.com/html/samurai2005.html
by samurai-warriors | 2005-02-21 21:21 | おしらせ | Comments(5)
侍練習2日目
c0014445_940189.jpg侍練習2日目の様子をアップ致します。又練習の模様は日産スカイライナーズオフィシャルHP上にも詳しく掲載されております。http://www.npt.co.jp/LINERS/
合わせてご覧ください。


c0014445_9435911.jpg
c0014445_9441012.jpg
c0014445_9442023.jpg
c0014445_9444345.jpg
c0014445_9445673.jpg

by samurai-warriors | 2005-02-21 09:48 | おしらせ | Comments(0)
侍練習スタート!
c0014445_5244442.jpg侍練習がいよいよスタートです。これから全11回の練習でチームを仕上げていきます。

c0014445_5253343.jpg

ミーティング中
c0014445_5255498.jpg

チームを影から支えてくれる辣腕マネージャー、佐々木氏
c0014445_5264237.jpg

コーチ1年目の時本コーチも熱心な指導
c0014445_5272244.jpg

雨の降りしきる中、初日の練習終了。
by samurai-warriors | 2005-02-20 05:29 | Comments(0)
侍応援ツアー予約受付開始!
c0014445_18365933.jpg侍ウォリアーズ応援ツアーの予約を受け付け開始致します。なお、現時点まで最終の調整が続いておりましてご参加費用は13万円前後でのご案内となります。日程は3月24日(木)発3月28日(月)帰国となっております。オフィシャルツアーならではの企画も満載。ご予約後、順に正式なご案内と申込書をご郵送致しますのでご連絡先(住所)お名前、参加人数、お電話番号をご記載の上、
tour2005@ses-m.comまで
メールにて予約を受け付けます。なお、正式なご案内書の掲示(SESホームページ内)及びご郵送は来週の火曜日以降を予定しております。皆様のご参加、こころよりお待ち申し上げます。
by samurai-warriors | 2005-02-18 18:45 | Comments(1)







Copyright © 1997-2006 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム