ホーム | ブログ トップ | サイトマップ
 
[日本から本場アメリカへ]
世界で最も新しいメジャースポーツ。アメリカンフットボールを下地としてアメリカンスポーツの魅力を集大成した新感覚スポーツ、それがアリーナフットボールです。誕生してから僅か20年で全米を揺るがす人気スポーツに成長しました。

侍ウォリアーズはこの新しいスポーツで本場アメリカのプロチームに挑戦するために招集された日本選抜チームです。

本場に挑む心構えとして、このアメリカ生まれのスポーツに対する尊敬の念、その生まれ故郷で米国民の目の前で堂々としたフェアプレーを誓う品性、道理にまかせて決断し、いささかもためらうことをしない義の精神、武士道の精神をチームの心得とし、私たちはこのチームに思いを込めて“日本選抜侍ウォリアーズ”と命名しました。

選ばれし24名の選手は学生、社会人と日本のアメフト界で大活躍した猛者達。ひとたびフットボールを離れるとあらゆるビジネスシーンでも活躍している彼らが、スーツを脱ぎ捨てて本場にチャレンジする。それが侍ウォリアーズの面々の素顔。

昨年、侍伝説の第一章はaf2所属ルイビル・ファイアに惜敗。地元に強い印象を残したゲームも破れては歴史を変えることが出来ません。

本場を制す。

この誓いを胸に
2005年いよいよ侍伝説第二章が始まります。 舞台はカリフォルニア州サンディエゴ。

歴史を動かす為に
侍士達の挑戦は続きます。

詳細は以下のとおりです。
---------------------
ジャパンフィエスタ イン サンディエゴ2005
?アリーナフットボール国際親善試合?


[日時]
2005年3月26日(土)
PM4:00開場/PM7:00試合開始

[場所]
米国カリフォルニア州 サンディエゴ・スポーツアリーナ

[試合]
日本選抜侍ウォリアーズ vs サンディエゴ・リップタイド(af2西地区所属)

[イベント概要]
(第一部)
日本文化イベント(文化展示および実演)
(第二部)
アリーナフットボール国際親善試合

[イベントURL]
http://sandiegotown.com/fie
sta/index.html
coming soon
以前の記事
最新のコメント
Great post. ..
by Sweety at 13:29
886612 http:..
by dapoxetine at 04:14
44811 http:/..
by kamagra uk at 05:40
Very well wr..
by natavolest at 07:21
http://edwit..
by viagra wit at 06:22
最新のトラックバック
venuspoor.co..
from venuspoor.com/..
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
民主党 田中美絵子 渋谷..
from 民主党 田中美絵子 渋谷有栖..
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ: 有馬 隼人( 6 )
ちょっと、かなり嬉しかったです。
c0014445_16524370.jpg GMからも書き込まれましたように、関西ジャニーズの皆さんとフラッグフットボール(防具をつけず、タックルなどの接触のない、少人数制アメフト)をしました。私は、QBとしてパスの投げ方などをコーチングする役目として参加させていただきました。
 山田コーチや中島佑、石田力哉両選手と共に、本当にゼロからの指南をさせていただいたのですが、驚いたのはジャニーズの皆さんの吸収力の良さ!限られた時間の中で、みるみる上手になってきて、全くの初体験というのが嘘のようでした。正直言って感動しました。
 嬉しかったのは、ジャニーズの皆さんが、「マジで面白い!」と何度も言ったくれたことです。フラッグフットボールは、かなりのお気に入りになったみたいです。
 アメフトもそうですが、ある一線を乗り越えてみると、一気に面白さが分かるものなんですね。やっぱり大きな魅力のあるスポーツだと再認識しました。そんなふうにして、たくさんの人がアメフトの面白さを感じてくれるといいなあと、今回、関ジャニさんとご一緒させていただいて、改めて思いました。
 番組、ぜひ見てくださいね。。
 
by hayato-arima | 2005-03-02 17:12 | 有馬 隼人 | Comments(1)
インストール
c0014445_1341371.jpg山田ヘッドコーチから、サムライ2005のプレーブックが各選手に配布され、僕の手元にも届きました。いわゆる「侍の戦術書」ですね。
 アリーナのプレーブックを手にするのは、僕は初めてなので、見ていて新鮮です。ページ数も多く、(攻守あわせて厚み1cm強ぐらいかな)、いろんな意味でドッシリと重みのあるプレーブックです。山田ヘッドの書き込みにもあるように、日曜日はこの戦術書のインストール・ミーティングです。その前に、自分でも出来るだけプリインストールしておこうと思います。
c0014445_15252991.jpg

  気がつけば、夜も更けてきてます。やっぱり、寝る子は育つらしいので、もう寝ることにします。おやすみなさい。
 追伸・山田ヘッド!おっしゃるとおり、その豚肉は一流ですよね。
by hayato-arima | 2005-02-10 01:50 | 有馬 隼人 | Comments(15)
ひと声!
c0014445_0131980.jpgこんばんは。サムライ初練習まで、あと2週間になりました。どんなチームになって、本番を迎えるのか楽しみです。
 今日はジムでウエイトトレーニングをして、さきほど帰ってきました。ジムで会った50代くらいの男性が、サムライウォリアーズのことをご存知で、「勝って帰ってこいよ!」と言われました。勝ちたいという気持ちが一層強くなりました。
 最近は早寝早起きを目指しています。おやすみなさい。
by hayato-arima | 2005-02-04 00:28 | 有馬 隼人 | Comments(14)
行きますよぉ!!
c0014445_16594232.jpgご無沙汰しておりました、有馬です。おかげさまで、サムライウォリアーズのトライアウトに合格通知をいただくことができました。今はひとまず嬉しい気持ちでいっぱいです。
 この時期は、社会人のXリーグがオフの期間なので、本来なら体重アップ・最大筋力のアップを図るトレーニングをする時期でしたが、今年はサムライのトライアウトに向け、12月末から1月にかけて体重を3キロほど絞り、スピードとパフォーマンスのアップを狙ってきました。
 さあ、これからです。3月26日の決戦に向け、チームの力になれるように、心身ともに準備をしてまいりたいと思います。日本の皆様による、サムライウォリアーズへの多大なる応援をこころよりお願い申し上げます。
 頑張ります!!
by hayato-arima | 2005-01-27 17:21 | 有馬 隼人 | Comments(1338)
サムライ・トライアウトに向けて
c0014445_18565049.jpgサムライメンバーを選抜するトライアウトまで、あと9日!。去年は、サムライとして戦った皆さんの様子を見て、うらやましく思っていました。
 今年もこのサムライウォリアーズが結成されると聞き、真っ先に飛びついてトライアウトの申し込みをしました。そのため、こうしてブログにも参加させて頂いてます。しかし、気軽にブログ参加をさせてもらったものの、トライアウトの結果がどうなるか・・・・。それがホントに重要です。トライアウト後にブログともお別れにならぬよう、万全で挑みたいと思います。
 昨シーズンからアメリカンフットボールチーム・アサヒビールシルバースターに所属しています。フットボールをできる時間と環境を自分に与える為、去年の春、TBSのアナウンサーという楽しかった仕事も辞めました。いまでもアナウンサーという仕事に未練がないわけではありません。大学卒業から約3年のブランクも正直心配でした。でも、ただただ、フットボールを体の動く限りやりたかったんです。
 とにかくトライアウト突破、そして本場のチームに勝利する!この命題の成就に全霊で向かってまいります。どうぞヨロシクです。
by hayato-arima | 2005-01-13 19:24 | 有馬 隼人 | Comments(4)
サムライ初志
c0014445_1214752.jpgアメリカンフットボールと出会ったのは、高校一年生のとき。もともとボールを投げることが大好きだった僕は、グラウンドで楕円形のボールがクルクル回転しながら飛んでいくのを見て、単純に自分もあのボールを投げたいと思いました。入学してすぐにアメフト部に入り、「ボールを投げたいのでクォーターバックをやりたい」と監督に伝えました。
このように、アメフトを始めた理由はごく単純でした。その後、先輩にいろいろと教わっていくと、すぐにこの競技の面白さに気づき、それまで味わったことがないほどのやる気がドンドン沸いてくるのが自分の中で分かりました。
フットボールに対してまず最初に魅力を感じた部分は、能力差を覆せる可能性が高いということです。スピードやパワーなどの体力に劣っていても、万全の準備と工夫をもってゲームに臨めば、強い相手を倒せるという大きな醍醐味が、フットボールにはあります。他のスポーツにも同じことが言えるかもしれませんが、アメフトは特にこの要素が大きいと思います。
その高校時代、3年生になるまでは、先輩たちが勝っている姿をほとんど見ることはできませんでした。公立校だったため、運動能力に長けた私立校には特に歯が立たず、悔しい思いをしていました。「何とかして勝ってみたい」同期のチームメイトたちと日々考え、知恵を持ち寄って、勝つ方法を探りました。そして高校最後の年、幕が開くと、信じられないほどの力が、自分たちのチームについていました。不思議なほどに負けないチームが出来上がっていたのです。倒すことのできなかった私立強豪を相手に32対0の完封勝ちをしたときのことは、特に忘れられません。勝つことに慣れていなかった僕たちは、その快感に驚き、成果が出ることの喜びを存分に感じました。いまでも、なにかに迷ったときには、そのことを思い出して、自分を励ましてみたりします。
僕は身長も低めで、スピードがある方でもないので、大きくて強い相手を如何にして仕留めるかということに興味があります。高校・大学時代にそれぞれアメリカのチームと対戦したことがありますが、「でかくて速いなあ」という羨ましさを感じました。
日本のフットボールの実力を証明するためにも、ぜひサムライウォリアーズに参加し、大きな相手をやっつけたいと思います。
by hayato-arima | 2004-12-27 12:02 | 有馬 隼人 | Comments(42)







Copyright © 1997-2006 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム