ホーム | ブログ トップ | サイトマップ
 
[日本から本場アメリカへ]
世界で最も新しいメジャースポーツ。アメリカンフットボールを下地としてアメリカンスポーツの魅力を集大成した新感覚スポーツ、それがアリーナフットボールです。誕生してから僅か20年で全米を揺るがす人気スポーツに成長しました。

侍ウォリアーズはこの新しいスポーツで本場アメリカのプロチームに挑戦するために招集された日本選抜チームです。

本場に挑む心構えとして、このアメリカ生まれのスポーツに対する尊敬の念、その生まれ故郷で米国民の目の前で堂々としたフェアプレーを誓う品性、道理にまかせて決断し、いささかもためらうことをしない義の精神、武士道の精神をチームの心得とし、私たちはこのチームに思いを込めて“日本選抜侍ウォリアーズ”と命名しました。

選ばれし24名の選手は学生、社会人と日本のアメフト界で大活躍した猛者達。ひとたびフットボールを離れるとあらゆるビジネスシーンでも活躍している彼らが、スーツを脱ぎ捨てて本場にチャレンジする。それが侍ウォリアーズの面々の素顔。

昨年、侍伝説の第一章はaf2所属ルイビル・ファイアに惜敗。地元に強い印象を残したゲームも破れては歴史を変えることが出来ません。

本場を制す。

この誓いを胸に
2005年いよいよ侍伝説第二章が始まります。 舞台はカリフォルニア州サンディエゴ。

歴史を動かす為に
侍士達の挑戦は続きます。

詳細は以下のとおりです。
---------------------
ジャパンフィエスタ イン サンディエゴ2005
?アリーナフットボール国際親善試合?


[日時]
2005年3月26日(土)
PM4:00開場/PM7:00試合開始

[場所]
米国カリフォルニア州 サンディエゴ・スポーツアリーナ

[試合]
日本選抜侍ウォリアーズ vs サンディエゴ・リップタイド(af2西地区所属)

[イベント概要]
(第一部)
日本文化イベント(文化展示および実演)
(第二部)
アリーナフットボール国際親善試合

[イベントURL]
http://sandiegotown.com/fie
sta/index.html
coming soon
【サンディエゴ発】侍ベアーズ観戦!①
現在海の向こうで活躍する野球チーム「侍ベアーズ」の観戦レポート!


先週末に、サンディエゴに元巨人軍のクロマティ率いる「侍ベアーズ」が地元チームと対戦する為に来ました。試合そのものは負けてしまいましたが、勝敗では測りきれない価値がここには存在するかと思います。その価値とは、侍ウォリアーズ同様、既存の枠に囚われず、新たな仕組み造りに挑戦しているそのものが、新たな価値を生み出すかと思います。

侍ベアーズの特徴としましては、監督以外、メンバー全員が日本人で、本拠地を持たずに、シーズンを通して「ビジティング・チーム」として各地を走り回ります。あらゆるハンデが生じるかと思いますが、本場米国でプレー出来る喜び、意義そして挑戦がそれらを乗り切る要素に繋がっているかと思います。

★試合会場である、トニー・グインスタジアム

c0014445_4292479.jpg



★クロマティ監督
今回日本人チームを指揮する上での気持ちを聞いた際には。「野球・ベースボールは、それぞれ文化としての捉え方は違うが、競技そのものがもたらすものは一緒なので、それさえわかれば非常にやり易い。私も、巨人軍と言う日本を象徴するチームでプレー出来た経験は非常に良い経験に繋がっている。」

c0014445_4293361.jpg


★サンディエゴでのスタジアムに表示される「侍ベアーズ」のロゴ

c0014445_4294745.jpg


★この日はいくつか日本文化の模様し物があり、その一つである、新聞紙で作られた帽子をかぶるファン

c0014445_430051.jpg


★侍ベアーズのピッチャー

c0014445_4335696.jpg


★野球殿堂入りは間違いない、元大リーグスーパースターのリッキー・ヘンダーセン

c0014445_4311543.jpg

by samurai-warriors | 2005-06-29 04:39 | SDオーガナイザー秦氏 | Comments(0)
<< 【サンディエゴ発】侍ベアーズ観戦!② ★TEAM YUKA★を応援します! >>







Copyright © 1997-2006 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム