音楽評論家 平山雄一の『倶知安ね、食っちゃね』

プロフィール


音楽評論家平山雄一による【JUNK! JUNK! JUNK!
∞ 2010】の期待を語るブログ。



カテゴリ:ユニコーンの今から昔から( 82 )
【*川西50数え唄大合唱*】
【*川西50数え唄大合唱*】_e0171532_18438100.jpg

年末にお楽しみはあるものの、年明けから始まった“ユニコーンの逆襲”もいよいよ大詰め。〔川西幸一50歳記念チョットオンチー栄光の50年〕ファイナルの大阪城ホール2日目に行ってきた。

1日目はリップスライムが大活躍ということで、バックステージの雰囲気は上々。ケータリングのたこ焼きの香りが漂っていて、まずはメンバーに挨拶に行く前に青海苔をかけてパクリ。現地スタッフが焼いてくれてるんだけど、さすがにいい味出してます。

肝心のかわにっさんは、朝4時まで打ち上がってたのに、「オハヨー!!」。爽やかなもんです。

生誕50年当日なので、開演前にスタッフ全員でお祝いの儀式。中にはSGGのドラマーてっちの姿も。
PUFFYの亜美ちゃんがケーキを捧げ、OTが抜くシャンパンのコルクを舞台監督のJ−MENがお尻でナイスキャッチの奇跡が起こって大拍手!!

本番も奇跡の連続。
スタミナに対する心配なんか関係なしで、助っ人ドラマー古田シータカとのバトルも、いつも以上の盛り上がり。
「7月からライヴやってきて、ついに50本。昨日から祝福の嵐で」と、かわにっさんが語りだす。この日もやっぱり「誰かが」が良かったな。PUFFYには珍しくストレートなメッセージを持つ曲を亜美由美が真剣に歌えば、かわにっさんもきりりと引き締まった表情でドカドカ叩く。少し痩せたかなあ。でも、すごくかっこいい。

Black Bordersもいつもに増してかっこいい。野田くんは今日もいっぱいいっぱいで、いいキャラ出し。「今度、リラックスしたBlack Bordersも見に来てください」というかわにっさんのコメントも笑えたのだった。

ゲストはBEAT CRUSADERS。芯の太いビートを中心に、メンバー間の楽器持ち替えありでバリエーション豊かなロック&ヒップホップを展開。音楽が大好きで、ライヴをメンバー自身がとても楽しんでいることがひしひしと伝わってくる。ある意味、ユニコーンに近いテイストが感じられ、そんなバンドが大阪まで駆けつけてくれたのが嬉しかった。
「俺たちを呼んだってことは、嫌がらせしろってことですよね」と叫んで、抱腹絶倒のパフォーマンス。もーまったく、ナイスな嫌がらせだぜ(笑)!
ちなみにビークルは深夜の打ち上げの途中で車を運転して帰京。ガッツあふれるバンドだった!!

Black Bordersの2回目のライヴもみんなで大合唱になって終了。

最後はもちろんユニコーーン!
OTがドラム席に座って、川西曲を立て続けに5曲。

「今日は元気ないんじゃないの?」とOT。

「それが、どーもないんだよ」とかわにっさんは平気な顔。

「それって、電球が切れる前みたいなんじゃないの(笑)」と再びOT。

てっしーが「ブルース」のイントロを何度も間違えて、OTが「リハじゃないんだから。EBIさんからひと言お願いします」。例によって甲高い声でEBIが「おめでとー!!」。ようやく始まった「ブルース」は、川西ボーカルの音程メロメロ。だが、メンバーがなんとかかわにっさんを助けて、意外と感激。ってか、やっぱり名曲だあ。

「PTA〜光のネットワーク〜」は、さらにボロボロ。リズムも歌詞もあやしくて、亀裂入りまくりの“廃墟ラップ”。だがだが、これもみんなで笑って助け合って、またまたいい味。

「みなさまには多大な迷惑をおかけしていることを深くお詫びします。今後、このようなことがないように、日々、気をつけていきたい。川西さんは、さすがにバテてます・・・って、川西さん、話聞いてんですか? だいぶ耳も遠くなりまして。もう少しシンバルを小さくしてもらいたいもんです。今日はもう川西さんの歌はないんで、安心してください」とOT。

ここから川西ドラムに交代して「ケダモノの嵐」。こんなこと言うのも変だけど、やっぱうまいじゃん、ユニコーン。「パープルピープル」も武道館のときよりグルーヴィーでいい感じ。つくづく最後まで進化をやめないバンドだな。

「HELLO」のエンディングでは、入魂のドラム。「WAO!」のエンディングはさらに感動のドラム・ソロ。しまいにはスティックを放棄して手のひらで叩く。オーディエンスもメンバーも、どんどん引き込まれていく。阿部が上気した顔で「50」コールを始めると、大阪城ホール全体にそれが広がる。圧巻の最後だった。
「おめでとう、川西幸一!」とOTがシャウトする。かわにっさんはニコニコだ。

アンコールの「半世紀少年」のイントロで川西&EBIラッパーズがポーズを決めると、そこから♪ハッピー・バースデー♪ソングに切り替わる。川西のバスドラムと同じサイズの26インチのケーキがステージに運び込まれる。PUFFYとBEAT CRUSADERSが“50”と書いたフラッグを振り回しながら入場。「半世紀少年」で盛り上がる盛り上がる。

出演者全員で、客席と一緒に三浦憲治カメラで記念撮影。

「イベントはこれで終わりですが、すべてが終わったわけじゃない。こんな素敵なみんなと素晴らしいスタッフと一緒に、ここにいれるのが嬉しいです。言葉はいらないと思います。ありがとう。“死ぬまで生きてこー!!!”」と叫ぶかわにっさん、かっこいいですぜ。

BGMで流れ始めた「川西50数え唄」を、最後まで大合唱するお客さんたち、あんたらもかっこええがな。

(写真はナイスキャッチしたJ−MENの手にある祝福の“お尻コルク”を確かめるかわにっさんジャスト50歳)
by emm_unicorn | 2009-10-22 18:43 | ユニコーンの今から昔から
【*川西夢舞台*】昔キャラ雄一*
【*川西夢舞台*】昔キャラ雄一*_e0171532_17485114.jpg

行ってきたぜ、10/7武道館。

前日は夜10時過ぎまでやってたという事前情報に、かわにっさんのスタミナっぷりに感動しつつ、今日は体力持つのかと心配もしつつ、参上。

で、結局、かわにっさんのスタミナ勝ち。前日ほどではないにしても、9時50分まで一人舞台の誕生日は、感動の嵐。

しかも、ほんとは雄一がプレゼントを持って行かなきゃいけないのに、反対にプレゼントもらっちゃったのだった。



まずはさっくりPUFFYが登場して川西ドラムでぶっとばす。途中から旧ユニコーン時代からの助っ人・古田シータカが入って、かわにっさんはハンドマイク&振り付けありでPUFFYの一員に化ける。

ドラムに戻ったかわにっさんをバックに、PUFFYはユニコーンに「***」を捧げたのだった。あと、チバユウスケがPUFFYに提供した「***」もかっこよかったッス。


息つく間もなく、川西ドラム&野田ギター・ボーカルのBlack Bordersが炸裂。そんなにトバして大丈夫かいと思うほどのロック・スピリッツを見せつける。当然、大スクリーンには“カメラ目線・川西”が次々と映し出される。


次に登場したくるりは、今夜は3人編成。非常にタイトな演奏で現ロックシーンNo.1バンドの実力を見せつける。ぐだぐだムード一切なしなところが新鮮だ。って、かわにっさん周りって、どんな奴らだ(笑)。

「ありがとうございます。くるりです。せっかく呼んでいただいたので、ここでユニコーンに関するヨモヤマ話とその他を行ないたいと思います」と16歳の頃に初めて『***』を聴いて「何や、これは?!」と思ったエピソードを披露。「川西さんの会ということなので、川西曲をやろうと思ってたんですが、ユニコーンのセットリストを見たらたくさん入ってたので、手島曲をやることにしました。今度、手島さんの誕生日のときに川西曲をやるということで」と岸田くんがOT風に笑わせて捧げたのは「デーゲーム」。隙のない演奏をここでも聴かせてくれたのだった。それにしてもラストの「***」は、OTの名曲「***」を彷彿とさせて感動!!


かわにっさん、少し休めてよかったなと思ってたら、ここで再びBlack Bordersが登場。さっきより激しいライブをぶちかます。どこまで元気なんだ、かわにっさん!。

しかもスティックをカメラの向ける得意ポーズも連発。たったふたりとは思えない音圧で、最後は「***」を決めた。ちなみにBlack BordersのCD「***」はフォーライフから発売です。


さて、いよいよメインイベンター・ユニの番だ。川西ドラムは今のところ、絶好調。とはいえ、昨日からの大活躍ぶりからすると、すでに人間の限界超え間違いなし。ほんとに50歳かよ?

まず4人が出てきて、ドラムにOTが座る。おおっ、何が始まる??

1曲目からいきなり川西曲「***」。はああ、ここも一人舞台だ。

嬉しかったのは、久々の「***」。この薄暗い時代に、シミますなあ。

そして雄一がもらった最大のプレゼントは「***」。『***』を聴いて絶対ビデオを作ってってお願いしたら、ツアーでも却下された怨念の曲を、ついにライブで聴くことができて、ほんとにかわにっさん、ありがとう&おめでとう。

レア曲としては「***」も良かった。終わってOTが「これは岸田が初めて聴いたヤツや。まいったか(笑)」とひと言。あはは。



もちろん最新シングル「半世紀少年」のヒーローはかわにっさん。最後に武道館一万人一本締めを、かわにっさん本人が見事に仕切って終了。メンバーとゲストとスタッフが“川西50歳”を祝う心に溢れたイベントだった。

去るときに、右手のコブシを胸に当てて一礼する川西幸一。あんたは本当にかっこいい。

だって、これだけやり切って、立ってるだけで奇跡なんだから。



さら詳しいレポートは11月発売のWHAT,S INでやるぜ。

こうなったら、もっかい「***」聴きに、大阪行ったろかい!

(写真は、打ち上げでも一本締めを仕切る川西幸一。手前のラッパー仲間EBIくんも嬉しそう)
by emm_unicorn | 2009-10-08 17:48 | ユニコーンの今から昔から
【祝・半世紀少年】今キャラ平山
【祝・半世紀少年】今キャラ平山_e0171532_15513048.jpg

トップページに「半世紀少年」のレビューをアップしましたぜ!!

“SHINKIBA JUNCTION 2009 ”の合い間を縫って敢行されたインタビューは、ブツ切れだったけど、内容は濃い濃い。
全文は10月発売のWHAT,S INとPatiPatiに載るんだけど、その前にEMMでオイシイところを先行公開。


シングルの音やPVだけじゃなく、作る過程もむっちゃおもろいから、ユニ活動は止められん。
そろそろチョットオンチ―も近づいてきて、わくわくだぜ。


なおOT出演の京都音博のレポートはトップページで10/14アップの予定。ひとり股旅に岸田くんが参戦して2曲。セットストックで歌った「ばらの花」と、もう一曲ふたりで歌ったのは、あの名曲?!。

マジ泣けたっす。
詳しくはレポートを見てくれ!!

(写真は前回と同じシチュエーションでのEBIくんとてっしー)
by emm_unicorn | 2009-09-30 15:51 | ユニコーンの今から昔から
【祝・1世紀少年】昔キャラ雄一
【祝・1世紀少年】昔キャラ雄一_e0171532_1545045.jpg


(サービス?カット 雄一と銀ちゃん合わせて100歳か??)
by emm_unicorn | 2009-09-30 15:45 | ユニコーンの今から昔から
【倶知安行くぞ!】昔キャラ雄一
【倶知安行くぞ!】昔キャラ雄一_e0171532_12505083.jpg

ギャー、SPGGかっけー!
キョエー、ユニすごっ!
真心ブもトライセラもパワー全開で、 “SHINKIBA JUNCTION 2009 ”は最高に盛り上がった。

もともとこのイベントはSPGGの出身地・北海道の倶知安での開催からスタートして、今年で5回目。
同じSMA所属のアーティストが集まって次々にライブを行ない、フードエリアもジンギスカン丼コーナーなどSPGGの故郷色たっぷりに一日を楽しんでもらおうというSPGG祭だ。
前説は、SMAの銀ちゃん。「社内で移動になりまして、マネージャーではなくなりましたが、前説はやります」のセリフに、場内から大きな拍手。

“兄弟バンド”SPGGの名物イベントとあって、ユニは大張り切り。とはいえ、このイベントに限っては当然、初出場の新参者だ。
だからという訳ではあるまいが、トップバッターで登場。

「ひまわり」から始まるという“蘇える勤労”ツアーを彷彿とさせるセットリストに、胸の高鳴りを抑えられない。
EBIくんがワンワン吠える「BLACK TIGER」では、エンディングでEBIくんがモニタースピーカーにつまずいてキャンキャン吠えるシーンも(笑)。
「WAO!!!」ではSPGGのてっちが、例のあのポーズを決めながら乱入。豪華なツインドラムで会場は大喜び。もちろんユニのメンバーも笑いっぱなし。

そして凄かったのは、ラストの「HELLO」だった。
じっくり攻める演奏のはしばしに、バンドが“次の段階”に入ったことを感じる。川西さんを中心にしたリズムのグルーヴが、ケタ違いに凄みを増している。簡単に言えば、“バンドがニューアルバムを欲しがっている状態”なのだ。

さらには、爆弾発言!! 「このイベントは倶知安でやるのが、普通。来年こそは現地に行こう。阿部と僕以外は行ったことがない。では、行ったことがないEBIからひと言」とOT。
いきなり振られたEBIくんが「倶知安、行くぞーっ!」と雄たけびを上げると、てっしーとかわにっさんもそれに続く。

ん、ん、ん!? ってことは、もし来年のJUNCTION 2010が倶知安であったら、そこでユニが見れるのか?!!。
嬉しいーー!
ぜひ、ぜひ、実現してもらいたーーーい!

そしてライヴが終わってから、「なんか、次のアルバムの予感がした」とメンバーに感想を言うと、「それは時期が来たらやるでしょ。てっしーの50才とかEBIの50才とか、そーゆータイミング。今はちょっと休みたいけどね」。

ぶほほほ、昔キャラ雄一としては兄弟バンドの北の大地での競演と、次のユニ降臨に希望が持てる一日になったのだった。

で、今は京都。 これから“くるり音博”のOTへゴー!

(写真は、元マネ“やまけん”の生誕42周年を記念してバックステージに設置された“やまけんと写ろう”にハマッているOTとYO−KINGの豪華爆笑2?3?ショット)
by emm_unicorn | 2009-09-22 12:50 | ユニコーンの今から昔から
【ビッグニュースその4】今キャ
【ビッグニュースその4】今キャ_e0171532_47588.jpg

「半世紀少年」の完成したばっかのPVをチラ見!

すごいことを発見!!

警戒、あ、いや、軽快な川西ラップのバックに流れるあのかっこいい電グル的リズムのループは、実は・・・

“蘇える勤労”ツアーの「光のネットワーク」や「ヒゲとボイン」でも大活躍した“ボコーダー”という楽器を覚えているかな?

そうそう、あのロボットみたいな声を出す鍵盤楽器。それをサンプリングしてあのループが出来ているのだ。

そして、なんとあのループはただの音ではなく、♪ごじゅう ごじゅう♪という言葉。それをメンバーのひとりがボコーダーに入力してるシーンがPVにあって、平山はビッグな衝撃を受けたのだった。もちろんボコーダーの操作は阿部さんなのだが、“声”を貸しているのは、なんとあのメンバー!!。


いやあ、つくづく奥の深いバンドですわ。
(写真は、我が家でヘビロになってるサンプル盤)
by emm_unicorn | 2009-09-17 04:07 | ユニコーンの今から昔から
【ビッグニュースその3】今キャ
【ビッグニュースその3】今キャ_e0171532_2303866.jpg

ちょっとお休みいただいちゃいましたが、みなさん「半世紀少年」は聴いたかな?
またしても予想外の展開に、笑顔笑顔だっしょう?

もろに「川西幸一 50歳生誕記念 チョットオンチー栄光の50年」の前あおりシングルなわけだが、これを笑わずしてユニ・ファンを語るなかれ。

銀ちゃんのブログのアー写も、いっちゃってますよね。 もはやどこの国のバンドか、はたまたメンバーの国籍さえ不明。
しかも、「半世紀少年」にはさらなる秘密があるらしい。

ああ、もうどーなってるの?
この前、クレバの渋谷AXライヴでヴィデオ・ディレクターのおーちゃんに会ったら、意味深なウインクを送ってきたから、なんかそっち方面かも。
ああ、楽しみ。
こうなったら、「川西幸一 50歳生誕記念 チョットオンチー栄光の50年」東京も大阪も参戦してやるぞー!

(写真は、あの広島球場EBIデッドボール事件直前にキャッチボールをするメンバーたち。なっつかしー)
by emm_unicorn | 2009-09-12 02:30 | ユニコーンの今から昔から
【ビッグニュースその2】今キャ
【ビッグニュースその2】今キャ_e0171532_095372.jpg

きゃー、なんとユニの新曲のリリースが決定。【
ビッグニュースその1】のときに、勘の鋭い人は近々何かが起こると気付いていたかも。

まさかまさかのニューシングルのタイトルは「半世紀少年」。
ん?? 今週末に「○×世紀少年」っていう映画が封切られるけど、ま、それとは関係ないよな。パロディー?
違う違う。半世紀っていったら50年。
そうなのだ、あの名ドラマーが生まれて今年で50年。しかも、五十才なのに少年ってこと?

そして、どんな曲かっていうと、“蘇える勤労”ツアーで誕生した例のヒップホップ・ユニットが大きく関係していると言っておこう。

まだまだ楽しませてくれるぜ、ユニコーーーン!!!

(写真は、夏イベント一発目の渋谷AXでの新コスチューム・アゲイン。まさかこの時点でシングル発売を決定していたのではないか、との疑惑が深まっている)
by emm_unicorn | 2009-08-27 00:09 | ユニコーンの今から昔から
【ビッグニュースその1】今キャ
【ビッグニュースその1】今キャ_e0171532_432768.jpg

ロックロックはライジングサンと同じくらい行きたかったなあ。
みなさん、たっぷり堪能されたようで、嬉しい限り。
モンパチの「大迷惑」はユニコーン・トリビュートの中でも屈指の好テイクで、うちでもかなりの期間、ヘビロになってました。もひとつオマケにチャット・モンチーの「息子」もかっこいいのでオススメです。

てなところで、ビッグ・ニュース。実は昨日の夕方、藤井フミヤ氏とOTの雑誌ワ○○インの誌上対談の司会をやってきたんだけど、フミヤ氏の次のアルバムに前作に続いてOTが曲を提供。その曲がニューアルバムのリード・トラックになっていて、なんとPVにもOTが出演。これがかっこいいのなんの。
史上まれにみるヴォーカリストとギタリストの対決は、すごくスリリングでドキドキもんだったぜよ。
で、ふたりの話題の中心は“西日本”。大阪とはちょっと違う広島と博多文化圏の話に大笑い。
「それにしても、よく働くよね」というフミヤ氏の言葉にテレ笑いのOTが大人だったぜ。
詳しくは○○ツイン来月号を読んでくらはい。

音博、50祭と秋の予定をフィックスしつつ、残暑、お見舞い申し上げまする。

(写真は、“蘇える勤労”懐かしの小道具シリーズ”御用ちょうちん”)
by emm_unicorn | 2009-08-24 04:03 | ユニコーンの今から昔から
【ムズムズしてきた】今キャラ
【ムズムズしてきた】今キャラ_e0171532_21163591.jpg

ライジングのユニとOT、どうだったんだろ。気になりまする。

全国夏フェスを破竹の勢いで制覇してる5人が、再び“聖地・札幌”(笑)に降臨したんだから、たたじゃすまねーべ。

平山はお盆で実家に帰ったら例のDVDがあって、一族に笑われたのも今年のいい思い出、なんて思ってたけど、そろそろ生ユニ禁断症状が出てきそうじゃわい。

今週は別件取材でOTに会うので、様子を聞きつつ、5人との再会のチャンスを決めねば。

この秋もユニコーーーンの季節にするぞぉぉぉ!!

(写真は広島での久々ひとりOTをじっと見守っていた神楽殿の龍の注連縄のヘッド部分。もはや懐かしい思い出なのだった)
by emm_unicorn | 2009-08-17 21:16 | ユニコーンの今から昔から