音楽評論家 平山雄一の『倶知安ね、食っちゃね』

プロフィール


音楽評論家平山雄一による【JUNK! JUNK! JUNK!
∞ 2010】の期待を語るブログ。



【歴史的和解2】今キャラ雄一
【歴史的和解2】今キャラ雄一_e0171532_2213058.jpg

一夜明けて落ち着いたところで、横アリ4/1続編。

実はもうひとつの“歴史的和解”があったのだった。本当はユニコーンのことが優先なんだけど、昨日はちょっと興奮してて私事を優先してしまい、すんません。

ライブが佳境に差しかかったころ、サプライズ・ゲストが登場。解散直前、川西くんが脱退した後、助っ人で参加したドラマー古田“シータカ”たかしくんが、メンバーと同じツナギを着て現われたから場内騒然。“シータカ”は言わずと知れたOTソロバンドの初代ドラム。名曲「イージュ-☆ライダー」の歌詞のモデルかもと噂されるナイスガイなのだ。PUFFYのサポートも務め、“シータカ”の後にPUFFYでドラムを叩いているのが川西くんだから、かなり縁の深い人物と言える。場内からは大歓迎の大歓声。そこでOTがひと言。

「かつてこの二人が揃うことはなかったわけですね。歴史的な和解の瞬間です。今ここで初めて、ユニコーンが仲直りしました」。

この言葉に、横浜アリーナ全部が大喜び。

ツインドラムで2曲やったんだけど、横アリが狭く感じられるほどの迫力だったことは言うまでもない。

昔キャラ雄一の “歴史的和解”はこの後の出来事だったので、正確にはこっちが“歴史的和解1”。順番がひっくり返ってしまってごめんなさい。

(写真は、和解2の瞬間のバンザイ)
by emm_unicorn | 2009-04-03 02:21 | ユニコーンの今から昔から