音楽評論家 平山雄一の『倶知安ね、食っちゃね』

プロフィール


音楽評論家平山雄一による【JUNK! JUNK! JUNK!
∞ 2010】の期待を語るブログ。



【昔キャラ】初日にラッパーが乱入!!
皆さぁん、涙腺ゆるくなってんじゃないの?

初日、山形のオープニングでオルガンのイントロが流れた瞬間、
オレの周りの女性3人ほどが口を手で押さえた。

ほんとにステージに5人がいるのが信じられないという表情。

民生くんが歌い出す。

あーあー、ひとり泣き出しちゃった。

一番のサビが終わってギターが激しくかき鳴らされる。
ついにバンドが入ってドッカーンとなったとき、
3人は一気に明るい笑い顔になった。

あーよかったと思ったら、オレのほっぺたが濡れてる。
なになに、オレも涙もろいじゃん。

すごい初日だった。
途中で民生くんが「横須賀はいい練習になった」って言ってたけど、
さすがユニコーン、修正が早い。
流れはシークレットより断然、スムーズ。

「今日からツアーが始まりました。
阿部さんの故郷の山形ということで、ひと言いただきます」
って民生くんがPTA会長並みの丁寧なセリフ。

「そっち見てると泣けてくるので、極力見ないようにやります」
と阿部くん。客席から「えー!!」

「今日に向けて一年準備してきて、やっと初日を迎えられた。
いい日にしたいと思いますんで、よろしく」
と阿部くんがもうひと言。

感動的で神妙なスタートだった。

が、その後はぶんぶん飛ばす。

山形のオーディエンスのノリがすごい。
『シャンブル』の曲を早くもアクション付きでどんどん合唱する。
もちろん20世紀の曲になると盛り上がる盛り上がる。

いい感じになったとき、突然2人のフードを深くかぶったラッパーが乱入。
ステージの左右に分かれて、
バッグからいろんなものを客席に投げてプレゼントしてる。
えー?? えー?? 
ユニコーンがヒップホップ・シーンに転進かあ?? 
それは絶対許しませんぞ!! 
でもラッパーたち、ちょっとかわいい。
観客にも大ウケだっただぜ。

前も何でもありのバンドだったけど、まったく芸風は変わってない。

この後、ツアーがどんな展開を見せるのか。楽しみな初日だった。

(写真はイベンターの“夢番地”さんから初日を祝ってプレゼントされた、風船アートのユニコーン・シンボル)
【昔キャラ】初日にラッパーが乱入!!_e0171532_23584444.jpg

by emm_unicorn | 2009-03-05 23:59 | ユニコーンの今から昔から