プロフィール ユニコーン

ユニコーン

1986年、広島で奥田民生(Vo)、EBI(B)、手島いさむ(G)、川西幸一(Dr)、向井美音里(Key)の5人が集まりユニコーンを結成、翌年アルバム「BOOM」でデビュー。'88年の阿部義晴(Key)が加入後はメンバー全員が曲を作り、ヴォーカルをとる自由なスタイルで活動。名曲を多数残し、1993年に解散。
解散後のメンバーはバンドやソロでそれぞれが活動。これまでトリビュート盤やセルフセレクションなどが発売されていたが、2009年16年ぶりの新曲をひっさげて再始動!


Z


リリース

デビュー25周年記念BOX
「Quarter Century Box」
2012年10月25日発売!!

Z2

MINI ALBUM
「Z II」
2011年8月31日発売!!

Z2

ALBUM
「Z」
2011年5月25日発売!!

Z

SINGLE
「デジタルスープ / ぶたぶた」
2011年4月27日発売!!

デジタルスープ / ぶたぶた

SINGLE
「裸の太陽」
2010年6月9日発売!!

裸の太陽

DVD BOX
「勤労ロードショー ~MADE IN JAPAN~」
2010年4月8日発売!!

勤労ロードショー ~MADE IN JAPAN~

LIVE ALBUM
「勤労ロードショー ~LIVE IN JAPAN~」
2009年12月23日発売!!

勤労ロードショー ~LIVE IN JAPAN~

ALBUM
「シャンブル」
2009年2月18日発売!!

シャンブル リンク UNICORN.JP
音楽評論家平山雄一のユニコーンの今から昔から
Hit&Run

タグ:4946 ( 94 ) タグの人気記事

8/12 沖縄市民会館 2日目その②

SET LIST (Aパターン)
1.スプリングマンのテーマ
2.時には服のない子のように
3.あやかりたい'65
4.働く男
5.アナマリア
6.オールウェイズ
7.8月の
8.自転車泥棒
9.甘い乳房
- MC- (DJ TOM)
10.裸の王様
11.忍者ロック
12.金銀パールベイビー
13.音楽家と政治家と地球と犬
14.バラと憂鬱
15.服部
16.大迷惑
17.ヒゲとボイン

EN.人生はジュリアナだ

 おかしな雪が降レゲエ町
 与える男
 すばらしい日々
[PR]
by unicorn-osuki | 1993-08-12 19:35 | LIVE | Comments(4)

8/12 沖縄市民会館 2日日その①

ユニコーンのラストライブ。 この日は舞台セットや音響、照明も東京から持ってきた機材を使用。
テレビの生中継も無く、いつものツアーの様にリハーサルは進行したが、ツアー最終日に駆けつけてくれた全国のイベンター、音楽誌のみなさん、レコード会社の人たちが大勢詰め掛けた。
ユニコーンのホールツアーの最終日はスタッフがメンバーに内緒で色々な仕掛けをするのですが、この日は紙吹雪、上からの紙テープ、シャボン玉などが使われた。
この日の模様は前日の撮影スタッフ数人と、録音チームが残って収録した。
最後の曲「すばらしい日々」が終わり、舞台上で奥田君がスタッフや関係者の名前を1人ずつ紹介。最後はメンバー同士が取り合った手を高く上げて終了。 撤収から打上げへと向かうのでした。その模様はまた次回。

movie
[PR]
by unicorn-osuki | 1993-08-12 19:10 | LIVE | Comments(4)

8/11 沖縄市民会館 初日 その④

SET LIST (基本はCパターン)
1.抱けないあの娘
2.あやかりたい'65
- MC- (DJ TOM)
3.すばらしい日々
- MC - (奥田)
4.立秋
5.自転車泥棒
6.時には服のない子のように
7.バラと憂鬱
8.月のワーグナー
- MC -(EBI)
9.哀しみのガーデン
- MC- (DJ TOM)
10.金銀パールベイビー
11.忍者ロック
12.裸の王様
13.ヒゲとボイン.
14.スプリングマンのテーマ

EN.与える男
  大迷惑
[PR]
by unicorn-osuki | 1993-08-11 19:25 | LIVE | Comments(6)

8/11 沖縄市民会館 初日 その③

しかし、ロビーのお客さんが席についてもなぜかライブが始まらない・・・メンバーもライブスタッフも中継スタッフも準備ができてるんですが、
中継サイドからの合図が届かないのです・・・。
結局、何待ちなのか分からないまま中継が始まり、延々と会場の絵が流れていました。(あれはナゼ始まらなかったのか?今もって謎です)


(最後を方を除けば)ライブは順調に進みました。
よりによって奥田君が「大迷惑」を忘れてしまい、本編終了。アンコールでの披露となりました。

セットリストはその④で!
[PR]
by unicorn-osuki | 1993-08-11 19:20 | LIVE | Comments(0)

8/11 沖縄市民会館 初日 その②

沖縄でレンタルした照明やPAが運び込まれます。天候は回復し、フェリーも沖縄に向かっているということでしたが、朝の時点では到着予定時刻がまだ見えないということだったので、レンタル機材を使用、舞台セットはナシという方針が決まりました。メンバーはPATi PATiの取材を終えて会場に入り、ライブに向けた準備を進めます。
大きなトラブルもなくリハーサルが進み、まもなくリハーサルが終了というタイミングで楽器が会場に到着。このままレンタル楽器でライブを行うか、いまから機材の入れ替えをするかを協議しましたが、主要楽器の入れ替えを決意、再びサウンドチェックを始めます。時計は既に開場時刻になっていたので、ロビーにお客さんを入れながら、舞台では再度チェックを行い、準備が整ったのは開演予定時刻の3分前でした。
前日にWOWOWの放送時間は延長してあるので、開演時間が多少遅れても中継に問題はありませんが、お客さんを待たせるわけにはいきません。急いで準備を進めます。
メンバーもバタバタとここまで来ているので、食事を取っていなかったんですが、本番前ということもあり、楽屋でソーキソバのカップ麺を食べつつ、ステージ衣装に着替えていました。
[PR]
by unicorn-osuki | 1993-08-11 19:09 | LIVE | Comments(0)

8/11 沖縄市民会館 初日 その①

いよいよ沖縄公演初日です。この日は朝から東京のスタッフが飛行機に楽器を乗せて来る予定でしたが、空港で荷物を預けようとしたら軽く断られます。それもそうです、アンプ、楽器など総重量250Kg以上。個人の荷物の料を超えて、貨物の量です。この日沖縄に向かったのは現在の奥田君のマネージャーである細田氏でしたが、彼の爽やかな拝み倒し作戦でなんとか無事に羽田をクリアし、沖縄に向かいました。(たしかJAL便でした、JALさんありがとうございます)
沖縄に来るもう一人はスタイリストさんです。僕たちの衣装は福岡沖のフェリーの中なので、ステージ用のTシャツ1枚も無いのです。航空券が確保できたのが前日の夜だったので、事前に準備することが出来ず、この日のショップの開店直後に衣装を購入し、その足で羽田に向かうというとんでもなくリスキーな作戦でした。 (5人分の衣装を1時間で買い揃えるのはかなり大変です。1人分の衣装を10分ほどで揃えなければいけないんですから・・・)
[PR]
by unicorn-osuki | 1993-08-11 19:08 | LIVE | Comments(0)

8/10 沖縄ライブ前日その④

この日の段階で開演が遅れた場合に備え、予定されていた放送枠を1時間延長することが決定、WOWOWでアナウンスが繰り返し放送されました。
なんとか翌日の手配が全て整った夜にはレコード会社の人も沖縄入りし、メンバーと食事に行きました。(その店の奥でこれ以上ない!というほとベロベロに酔った女の人がいたのですが、翌日の開演前のカメラにその人が映っていて、しゃんとしていたのが妙に印象的でした。)
[PR]
by unicorn-osuki | 1993-08-10 19:22 | LIVE | Comments(0)

8/10 沖縄ライブ前日その③

◆WOWOW物語はこんな感じです。
中継スタッフは沖縄入りしたのですが、中継機材を乗せたフェリーが福岡沖に停泊中なので、急遽、沖縄のテレビ局に相談、放送に向けた対策を始めます。 幸い、沖縄のテレビ局でカメラ類は都合つくのですが、衛星に画像を飛ばすアンテナは中継車についてる設備なので、このままだと生放送できません。 その後、なんとかアンテナは沖縄で都合がついたのですが、会場のまわりは家屋があるので、衛星に電波を飛ばす障害物がない設置環境が作れないのです。 会場近辺をリサーチした結果、近くの学校の屋上が最も適している事が分かりましたが、国道を横切るようにケーブルなどを引いてはいけないという法令などもあり、アンテナ設置場所が決まってもそこまでケーブルを持っていく為に許諾を取らなければいけない事が山積みでした。

その④へ
[PR]
by unicorn-osuki | 1993-08-10 19:12 | LIVE | Comments(0)

8/10 沖縄ライブ前日その②

そこで僕たちが取った作戦は、照明、PAは沖縄で手配、楽器もできるだけ沖縄で集めてみるという作戦です。 幸い、福岡のイベントで使ったギターやベースなど、代替できない楽器は手元にあったのですが、ツアーのメニューをやるためには足りない機材が多すぎました。 沖縄というロック文化が根付いている土地柄、アンプやオルガンといった基本的な楽器は目処が付いたのですが、4割ほどの機材は足りない事が分かったのです。
そこで東京の楽器レンタル会社に連絡を取り、残りの楽器を全て揃え、お盆真っ只中でキャンセル待ちも難しい沖縄行き航空券の確保を始めました。 そのチケットを持った東京に残っているスタッフが機材車で楽器を受け取り、翌朝1番の便で沖縄に到着できなければセットリストの変更も考えなえればなりません。
なんとか夜までに翌日の朝イチ便と13時台のチケットを1枚ずつ確保する事ができました。
wowow編はその③で!
[PR]
by unicorn-osuki | 1993-08-10 19:09 | LIVE | Comments(0)

8/10 沖縄ライブ前日その①

大変な事が発覚しました。 沖縄中継を予定していたWOWOWの機材を乗せたフェリーは、東京からツアー機材を乗せた僕たちのトラックと同じフェリーに乗っているらしいのです。
こうなると、中継機材ナシ、舞台セットナシ、照明ナシ、PA機材ナシ、楽器ナシ、衣装もナシ、あるのはツアースタッフとメンバーだけです。
◆マネージャー物語はこんな感じです。
残された時間は24時間とちょっと、この状態でどうやって機材を揃え、ライブを開催できるのでしょうか・・・。アドレナリン分泌しまくり千代子でした。
台風は福岡の方に向かったので、沖縄の天候は回復していたのですが、台風を避けるため沖合いに停泊しているフェリーはまだ余談を許さない状況です。

マネージャー編その②へ続く
[PR]
by unicorn-osuki | 1993-08-10 19:08 | LIVE | Comments(0)
 
ブログトップ | ログイン

以前の記事

カテゴリ

最新のコメント

タグ

(94)
(24)
(21)
(18)
(16)
(11)
(11)
(10)
(6)
(5)
(4)
(3)
(3)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

Excite musicの連載ブログ

おことわり

コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。