プロフィール ユニコーン

ユニコーン

1986年、広島で奥田民生(Vo)、EBI(B)、手島いさむ(G)、川西幸一(Dr)、向井美音里(Key)の5人が集まりユニコーンを結成、翌年アルバム「BOOM」でデビュー。'88年の阿部義晴(Key)が加入後はメンバー全員が曲を作り、ヴォーカルをとる自由なスタイルで活動。名曲を多数残し、1993年に解散。
解散後のメンバーはバンドやソロでそれぞれが活動。これまでトリビュート盤やセルフセレクションなどが発売されていたが、2009年16年ぶりの新曲をひっさげて再始動!


Z


リリース

デビュー25周年記念BOX
「Quarter Century Box」
2012年10月25日発売!!

Z2

MINI ALBUM
「Z II」
2011年8月31日発売!!

Z2

ALBUM
「Z」
2011年5月25日発売!!

Z

SINGLE
「デジタルスープ / ぶたぶた」
2011年4月27日発売!!

デジタルスープ / ぶたぶた

SINGLE
「裸の太陽」
2010年6月9日発売!!

裸の太陽

DVD BOX
「勤労ロードショー ~MADE IN JAPAN~」
2010年4月8日発売!!

勤労ロードショー ~MADE IN JAPAN~

LIVE ALBUM
「勤労ロードショー ~LIVE IN JAPAN~」
2009年12月23日発売!!

勤労ロードショー ~LIVE IN JAPAN~

ALBUM
「シャンブル」
2009年2月18日発売!!

シャンブル リンク UNICORN.JP
音楽評論家平山雄一のユニコーンの今から昔から
Hit&Run

タグ:中国 ( 16 ) タグの人気記事

7/10 名古屋センチュリーホール

この名古屋での2公演はチケットが完売。 終演後の楽屋出口には沢山の車がいてホテルに戻る時に苦労しました。
この日のセットリストもアリーナ用の2部構成でしたよね。
[PR]
by unicorn-osuki | 1993-07-10 17:57 | LIVE | Comments(0)

7/4 広島サンプラザ(追加公演

4月の3日間公演の追加公演として行われた。 会場も大きく、広島では過去最大のスケールとなった。
セットリストもアリーナ専用メニューで、1部は懐かしの曲を中心に、2部は今回のツアーの曲をメインにというメニュー。1部と2部のつなぎは約12分の曲「ハッタリ」だったので、衣装の早換えががかなり大変だった
この時期、広島では国体開催で盛り上がっており、アンコールで奥田君はそのキャラクターのTシャツを着た。1部では広島のサッカーチーム“サンフレッチェ”の旗を振っていたのでした。
[PR]
by unicorn-osuki | 1993-07-04 17:55 | LIVE | Comments(0)

5/4 倉敷市民会館 2日目その1

この日は国民の休日でお休み、まさにGWって感じですね。
お昼からは阿部君が月刊カドカワの取材で写真を撮ってました。
この日の夜は居酒屋でメンバー・スタッフ一緒になって打上げをしていたんですが、当時、邦画で「継承杯」という緒形拳さんが出演しているヤクザの親分の継承の儀式の立会いをするという映画を移動中のバスで見たんです。

そこで、「なみなみとお注ぎください」や「杯をお空けになって」などのセリフを言いながらお酒を飲み干すシーンが数多くあり、この日も打上げで皆がお酌し合ってました。詳しくはその2で・・・
[PR]
by unicorn-osuki | 1993-05-04 23:56 | LIVE | Comments(0)

5/4 倉敷市民会館 2日目その2

部屋に居たのは総勢30名弱くらいでしょうか、ビールケース数ケースがあっという間に空になり、日本酒の一升瓶が座敷のあちこちで空いて、用意されたお酒全部をあっという間に呑んでしまいました。
その後も、さらに日本酒は追加され、最後はトイレで吐く人の行列ができ、間に合わない人は二階の窓を開けて・・・。
そんな地獄絵図の打上げも終わり、ホテルに帰っていたら救急車が僕を追い抜いていったのです。
ホテルの中から運び出されたのはEBI君でした!続いて手島君もスタッフにささえられて乗り込んできます。
僕も乗り込み、近くの救急病院に直行、即!点滴です。
幸い、手島君は数時間後に回復したのですが、EBI君は朝まで点滴を続けたのでした。いわゆる急性アルコール中毒ですね。
これが“倉敷の日本酒の夜”事件です。
翌日は26日振りに東京に戻ってテレビの生放送です!!!! ピンチ!
[PR]
by unicorn-osuki | 1993-05-04 23:56 | LIVE | Comments(3)

5/3 倉敷市民会館 初日

憲法記念日の月曜日、GWの真っ只中の倉敷公演です。
この日は午前中から阿部君が月刊カドカワのインタビュー。
祝日なので開演/開場時間が早くて5:30/6:00でした。
[PR]
by unicorn-osuki | 1993-05-03 16:28 | LIVE | Comments(1)

5/2 倉敷 取材日

この日はソニーマガジンの音楽誌“PATi PATi”の取材。東京からヘアメイクも来たりしてちゃんとした撮影があったようです。
[PR]
by unicorn-osuki | 1993-05-02 16:26 | LIVE | Comments(0)

5/1 高松→倉敷移動

お昼発のマリンライナー26号に乗って倉敷入り。
この日は到着後にメンバー・スタッフとイベンター夢番地のスタッフが集まって野球大会を開催。
夢番地の社員で、昔キャッチャーを長年やっていた人が居て、やたらとサマになっていたのを覚えています。
その日から僕たちは彼を“キャッチャー10年”と呼んでいました。

f0153822_10405966.jpg

[PR]
by unicorn-osuki | 1993-05-01 16:25 | LIVE | Comments(1)

4/27 島根県民会館大ホール

ここで覚えているのは終演後にホテルのそばのバーで飲んでいたこと。翌朝は愛媛に向けて水中翼船で移動だったのだが、とあるメンバーが寝坊をしてバスの出発が遅れ、出航ギリギリに港に着いたこと。
この会場は正面に駐車場があって、その一角で偽グッズ屋さんがお店を出していた記憶があります。
[PR]
by unicorn-osuki | 1993-04-27 16:19 | LIVE | Comments(1)

4/26 徳山→松江移動

この日はメンバー・スタッフ一緒にバスで松江まで移動。
こういう時はバスで映画を見たりしてるんですが、島根の宍道湖沿いにユニコーンのデスクをやってくれていた社員の実家がやってるお店があるので、そういうところで盛り上がってたと思われます。
[PR]
by unicorn-osuki | 1993-04-26 16:18 | LIVE | Comments(0)

4/25 徳山市文化会館大ホール

山口県徳山市はあんまり行ってないですよね。
この日に会場でイベンターである夢番地の会報誌の取材を受けました。

[追記]
徳山のナイトライフが分かりました! ライブハウスで地元ミュージシャンなども一緒に矢沢永吉の曲をセッションして盛り上がったようです。続いてお客さんの女性をヴォーカルに迎えた手島君がレインボーの曲を、しーたかさんがジミヘンの曲などメンバー全員が揃っていたようですね。
[PR]
by unicorn-osuki | 1993-04-25 16:16 | LIVE | Comments(0)
 
ブログトップ | ログイン

以前の記事

カテゴリ

最新のコメント

タグ

(94)
(24)
(21)
(18)
(16)
(11)
(11)
(10)
(6)
(5)
(4)
(3)
(3)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

Excite musicの連載ブログ

おことわり

コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。