プロフィール ユニコーン

ユニコーン

1986年、広島で奥田民生(Vo)、EBI(B)、手島いさむ(G)、川西幸一(Dr)、向井美音里(Key)の5人が集まりユニコーンを結成、翌年アルバム「BOOM」でデビュー。'88年の阿部義晴(Key)が加入後はメンバー全員が曲を作り、ヴォーカルをとる自由なスタイルで活動。名曲を多数残し、1993年に解散。
解散後のメンバーはバンドやソロでそれぞれが活動。これまでトリビュート盤やセルフセレクションなどが発売されていたが、2009年16年ぶりの新曲をひっさげて再始動!


Z


リリース

デビュー25周年記念BOX
「Quarter Century Box」
2012年10月25日発売!!

Z2

MINI ALBUM
「Z II」
2011年8月31日発売!!

Z2

ALBUM
「Z」
2011年5月25日発売!!

Z

SINGLE
「デジタルスープ / ぶたぶた」
2011年4月27日発売!!

デジタルスープ / ぶたぶた

SINGLE
「裸の太陽」
2010年6月9日発売!!

裸の太陽

DVD BOX
「勤労ロードショー ~MADE IN JAPAN~」
2010年4月8日発売!!

勤労ロードショー ~MADE IN JAPAN~

LIVE ALBUM
「勤労ロードショー ~LIVE IN JAPAN~」
2009年12月23日発売!!

勤労ロードショー ~LIVE IN JAPAN~

ALBUM
「シャンブル」
2009年2月18日発売!!

シャンブル リンク UNICORN.JP
音楽評論家平山雄一のユニコーンの今から昔から
Hit&Run

<   1990年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

1990 10/21 4th Single 「命果てるまで」 発売

日本で録音、ビデオはNYで作った本作の発売前日は川崎クラブチッタでファンクラブ会員向けのシークレットライブを開催。
4日後の10/24からは『嵐のケダモノツアー』がスタートという、ツアー準備の真っ最中。
ちなみこの時に使用したウクレレはFamous ukulele社製のモデル名がFU-120Pという楕円型のウクレレで、レコーディング直前に入手し、ツアーでも使用された。
ビデオは下着姿の女性が写っており、これまた軽い放送自粛に追い込まれた。
カップリングの「PTA」は、この時期人気爆発中だったTMネットワークを意識した曲で、後日、TMネットワークのラジオ番組に奥田が出演した。
冒頭のセリフは当時のマネージャー達による。先生が原田、生徒が鈴木である。

f0153822_1442319.jpg
[PR]
by unicorn-osuki | 1990-10-21 20:17 | RELEASE | Comments(8)

1990 10/1 4th Album 「ケダモノの嵐」 発売

3ヶ月連続アルバム・リリースの第一弾作品。発売当日はNYでのレコーディングから戻った一週間のOFFの時期だったため稼動は無し。
夏のイベント直後にNYでのレコーディングとなったため、本作品のリリースに向けた写真撮影のスケジュールが取れず、ジャケットはリハーサルスタジオの壁に幕を張り、撮影された。撮影時にはスタジオに椅子を持ち込み、マイクスタンドの向きを変えたり、地味な努力をしたが地味なイメージはぬぐいきれない。さらにCDのキャップ(キャッチコピーなどが書かれた“帯”と呼ばれる左ハジの部分」で川西が見えなくなってしまう自体が発生、急遽キャップに穴を開け、キャッチコピーを“この人がドラム”とした、いつもの詰めの甘い結果となった。
※丸い穴が開いていたのは初回から数年で、価格が下がった現在発売されている商品だと赤いキャップに「グッとお求めやすくなりました。」というコピーで川西は完全に隠れてしまっている。こう
いった素敵なキャップも穴1つ開いているだけで特殊仕様という事なのでしょうか?

f0153822_14414447.jpg
[PR]
by unicorn-osuki | 1990-10-01 20:12 | RELEASE | Comments(11)
 
ブログトップ | ログイン

以前の記事

カテゴリ

最新のコメント

タグ

(94)
(24)
(21)
(18)
(16)
(11)
(11)
(10)
(6)
(5)
(4)
(3)
(3)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

Excite musicの連載ブログ

おことわり

コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。