プロフィール ユニコーン

ユニコーン

1986年、広島で奥田民生(Vo)、EBI(B)、手島いさむ(G)、川西幸一(Dr)、向井美音里(Key)の5人が集まりユニコーンを結成、翌年アルバム「BOOM」でデビュー。'88年の阿部義晴(Key)が加入後はメンバー全員が曲を作り、ヴォーカルをとる自由なスタイルで活動。名曲を多数残し、1993年に解散。
解散後のメンバーはバンドやソロでそれぞれが活動。これまでトリビュート盤やセルフセレクションなどが発売されていたが、2009年16年ぶりの新曲をひっさげて再始動!


Z


リリース

デビュー25周年記念BOX
「Quarter Century Box」
2012年10月25日発売!!

Z2

MINI ALBUM
「Z II」
2011年8月31日発売!!

Z2

ALBUM
「Z」
2011年5月25日発売!!

Z

SINGLE
「デジタルスープ / ぶたぶた」
2011年4月27日発売!!

デジタルスープ / ぶたぶた

SINGLE
「裸の太陽」
2010年6月9日発売!!

裸の太陽

DVD BOX
「勤労ロードショー ~MADE IN JAPAN~」
2010年4月8日発売!!

勤労ロードショー ~MADE IN JAPAN~

LIVE ALBUM
「勤労ロードショー ~LIVE IN JAPAN~」
2009年12月23日発売!!

勤労ロードショー ~LIVE IN JAPAN~

ALBUM
「シャンブル」
2009年2月18日発売!!

シャンブル リンク UNICORN.JP
音楽評論家平山雄一のユニコーンの今から昔から
Hit&Run

スゲかったっす。アレもコレも!

ども!昨日のTVK40周年赤レンガ倉庫のライブ行かれましたか?
いかったすね! 終演後に阿部君と話したんですが納得!って感じでした!
さてさて、僕のまわりはセ・リーグのクライマックスシリーズで浮足立っている人が数名と、
今日からツアーで長いこと家を空ける電大のメンバーでバタバタしております。
そんな電大のライブDVD「電大 周遊記 "DD00"」観ましたか?
f0153822_19542455.png
電大 周遊記 "DD00"

←これ、みんな絶対買うべきです!ユニコーンファンもそうじゃない人も楽しめます!
僕も深夜に何気なく見始めたんですが笑いっぱなしでした!
あんまりにもおかしいので“何秒に1回笑えるのか?”を計りながら観てたんですが、
ほぼ10秒以内に1回笑えます!
音楽というより、『笑う』ことだで勝負したら、あの綾小路きみまろ級に面白いです!
これはDVDじゃなくて、CDで出してくれたら車ん中で笑いっぱなし間違いなしっす!
個人的には誰かの家に集まって、グループで観たい気持ちでいっぱいです!

そんな電大さんはツアーが始まったばかり!
ユニコーンデビュー25周年目の10/25夜は電大で岡山ライブですね。
そんな日にリリースするBOXのサンプルが僕のところに届きました!
手にした最初の感想は・・・「うぐっ!おっ重っっ!」でした。
思わず会社にあった郵便物計量用の計りに載せてみたら針が振り切れちゃいました!
f0153822_2013087.jpg

ここまで来ると、一体重さはいくつなのか?気になったので、さっそくプーオン!
中の豪華特典の縮小ツアーパンフを外して計測したら426g。
f0153822_20112510.jpg

縮小ツアーパンフだけを計ったら645gでした!
さすがキューーーーーーン!
豪華特典というだけあって“縮小パンフが重い!”
中も見ましたが、スゴイ!特にSFWのツアーパンフは感動モノ!
あの複雑な折をまさかの縮小で最高っす!
さらに箱の存在感がすごい!
アンプと並べたらこんな感じでした。
f0153822_2085611.jpg

そんな1kオーバーのBOXは完全生産限定っすから、気になる人は即ゲット!っす。
Ucサイトでも受付なう!っす
by unicorn-osuki | 2012-10-22 20:11
ブログトップ | ログイン

以前の記事

カテゴリ

最新のコメント

タグ

(94)
(24)
(21)
(18)
(16)
(11)
(11)
(10)
(6)
(5)
(4)
(3)
(3)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

Excite musicの連載ブログ

おことわり

コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。