プロフィール ユニコーン

ユニコーン

1986年、広島で奥田民生(Vo)、EBI(B)、手島いさむ(G)、川西幸一(Dr)、向井美音里(Key)の5人が集まりユニコーンを結成、翌年アルバム「BOOM」でデビュー。'88年の阿部義晴(Key)が加入後はメンバー全員が曲を作り、ヴォーカルをとる自由なスタイルで活動。名曲を多数残し、1993年に解散。
解散後のメンバーはバンドやソロでそれぞれが活動。これまでトリビュート盤やセルフセレクションなどが発売されていたが、2009年16年ぶりの新曲をひっさげて再始動!


Z


リリース

デビュー25周年記念BOX
「Quarter Century Box」
2012年10月25日発売!!

Z2

MINI ALBUM
「Z II」
2011年8月31日発売!!

Z2

ALBUM
「Z」
2011年5月25日発売!!

Z

SINGLE
「デジタルスープ / ぶたぶた」
2011年4月27日発売!!

デジタルスープ / ぶたぶた

SINGLE
「裸の太陽」
2010年6月9日発売!!

裸の太陽

DVD BOX
「勤労ロードショー ~MADE IN JAPAN~」
2010年4月8日発売!!

勤労ロードショー ~MADE IN JAPAN~

LIVE ALBUM
「勤労ロードショー ~LIVE IN JAPAN~」
2009年12月23日発売!!

勤労ロードショー ~LIVE IN JAPAN~

ALBUM
「シャンブル」
2009年2月18日発売!!

シャンブル リンク UNICORN.JP
音楽評論家平山雄一のユニコーンの今から昔から
Hit&Run

コレが!コレなもんで!

そうですよ!みんなが写真を撮ってたコレ↓をプレゼントですよ!
f0153822_19472473.jpg

えぇ!卑怯ですよ!
どんどん写真を撮って上げまくりまクリステイー!(死後ですかね?)しますよ!

だって、博多ラーメンPhoto 3連発した方が反応あるじゃないですか!
昨日の夜に「見たよ! ふとっぱら行ったんだね!」ってメールが連発じゃないですか!
そりゃ~メンバーの写真載せたかったっすよ!
MKジばっかりもどうかと思いましたよ!(レポ中にMKジの奥さんからも「し過ぎじゃないのー?」ってメールもいただきました。)
でも、メンバーのそばにはオフィ担当がべったりじゃないですか!
f0153822_2092998.jpg

最後にはザックリ課長も笑顔で川西さんと・・・って
←オフィ写真の無断借用なので、一部加工してお届けします。


急にレポってもダメですよね!
大阪“暗いマック酢・シリーズ”前の予告編で場を温めとかないと・・・。

しかしなんか、福岡のオフィシャルブログのメンバーの写真。 武道館の時より多くないですか!?
まあ、これもゲリラレポを恐れての展開だと思っておりますが・・・(やや余裕の発言)

出張申請も書いたし、電池の充電も終わったし。
これからSMAサイトのゲリラレポに福岡のアウトテイクを載せますね!


で、すいません。
1日遅れちゃいましたが↓のプレゼント受付始めました!============================
14日に行われた、川西幸一50歳記念“なんちゃってGROUND 2009”!
DRUM LOGOSに来た人なら分かる!
入り口に飾ってあった、なんちゃって仕様のHIGHER GROUNDタオルにメンバーのサイン入りでプレゼント!
f0153822_1955435.jpg


★☆★☆レポも見て欲しいんですが、大阪は当日券も出すそうです。★☆★☆
天気良いみたいですよね! どうですか? お母さんとお父さんもお連れして・・・・。
ライブ前に石垣見たりしませんか? 帰りにお堀も見ちゃったりして!

会場でザックリ課長を見かけたら、その薄さに驚いてください。
Mac Book Airくらいしかありませんよ!(だからCDかかりません)
by unicorn-osuki | 2009-10-16 20:31
ブログトップ | ログイン

以前の記事

カテゴリ

最新のコメント

タグ

(94)
(24)
(21)
(18)
(16)
(11)
(11)
(10)
(6)
(5)
(4)
(3)
(3)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

Excite musicの連載ブログ

おことわり

コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。