ウルフルケイスケオフィシャル ブログ ULFUL KEISUKE

<   2011年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧

京都磔磔五連夜

三宅伸治夢之歌完成記念~京都磔磔五連夜でギターを弾いた。

京都磔磔五連夜_c0227168_1630414.jpg
今まで磔磔で5daysをやったことがあるのはチャボさん、梅津さん、木村さん、友部さん、マリさんの5人で三宅さんが6人目。
日替わりのゲストだったので毎日リハ2時間本番2時間の5daysだったらしいが、体力体調はもちろん、音楽的、興行的にもしっかりしていないといけないし、スタッフとライブハウススタッフの協力と理解も必要だ。
本当に大変だが大きな規模ではない分シンプルにその場にいる人全部の愛がつまっていていないと上手くはいかない、三宅さんの人柄あってこそ。

最終日の昨日も、それでなくても磔磔にはいつも素敵な空気が流れているがそれ以上に気持ちよくギターが弾けた。
同じくゲストだった石ちゃんのけっして上手くはないがそんなのは関係ないくらい素直に染みてくる歌声も素敵だった。

大事なのはカタチじゃなくキモチ、磔磔で再確認。

昔からお世話になっている店長の水島さんのドラムも久しぶりに聴けた。
京都磔磔五連夜_c0227168_1657535.jpg
やっぱりカタチじゃなくキモチのドラム、最高に素敵だった。

お疲れさまでした三宅さん、ジュニア、大島君、
9/2のリクオ君とのMCC Vol.2ライブが楽しみになってきた。

「三宅伸治HP」「磔磔」

GROOVY ISLAND

新代田FEVERでのイベントGROOVY ISLANDに出演。

GROOVY ISLAND_c0227168_7374237.jpg
久しぶりの弾き語り、濃い2バンドにはさまれての出番だったが(?!)ほっこりと盛り上がった。

ビザールメンのTEISCOへのこだわりには笑わせてもらったがちゃっかりコータロー君にTEISCO Tシャツをもらった、ありがとう。
GROOVY ISLAND_c0227168_7461583.jpg
そういえば東京に来て初めて住んだのが代田、あいかわらず環七の排気ガスはすごかったがここから全部始まった。

今日はこれから京都磔磔へ。

YOSAKOI

FM高知「YOSAKOI LIVE RELAY 2011」に去年に続きゲスト出演した。

YOSAKOI_c0227168_9281954.jpg
FM高知ディレクター&DJの岡本君と意気投合して12年前に始めた不定期深夜ラジオ「下北からこんにちは」から始まった高知とのマジチェン。
不定期ラジオがレギュラーになったり、ライブイベントLIVE/ZEYO、ららら音楽祭、タイガース列車一日車掌、坂本龍馬、四万十川、安芸キャンプ、、、ライブ以外にも毎年必ず高知には行っていて、今年も3月のMCC Vol.1に続いて2度目。

よさこいのルールは3つだけ「チーム参加人数150人以下」「鳴子を持って前進する振り付け」「曲の一部によさこい鳴子踊りのフレーズを使うこと」これさえ守れば衣装、振り付け、曲のアレンジ、いっさい自由。
実際にサンバあり、テクノ、ラップ、ファンク、フラ、ランバダ、、、なんでもありで龍馬を生んだ新しいモノ好きで自由な気質の土佐ならではの奔放さが楽しい、もちろん正調よさこい鳴子踊りも素晴らしい。

「カタチじゃなくて大事なのはキモチ」そんなところが自分と高知の空気が合う理由かも、しかも豪快な酒好きが多いところも素敵。

来年はFM高知開局20周年、何か盛り上がれるおもしろいことをやれたらいいな。
YOSAKOI_c0227168_9133215.jpg
毎回必ず行く三宅のツルツルピカピカモチモチのうどんは本当に美味しくてご夫婦の笑顔はいつも素敵。

「Hi-SixFM高知」

work shop 4

4回目のwork shop、回数を重ねると前回とはまた違ういろんな顔を見せてくれる子供達。

work shop 4_c0227168_214122.jpg

前より笑ってくれたり、わがままを言ってきたり、、、何が正解かは分からないが一所懸命には一所懸命で答える、それがコール&レスポンス。
自分のイメージと違うことになることも多いがそれもまた楽しい、もっと頭をぐにゃぐにゃにしないと。

キャッチボールは一人では出来ない。

「Ubdobe」

17歳

「あっこと僕らが生きた夏」というノンフィクション本を読んだ。

17歳_c0227168_1612594.jpg
大事なのはカタチよりキモチ。
まわりの人とたくさんのキモチのやりとりをしてキモチを伝えてキモチをもらって、そしてキモチを次につなげて。

自分がどんな状況であれ「ありがとう」と言えるあっこさんはキモチの人だったんだろうな。

素敵な本です。