ウルフルケイスケオフィシャル ブログ ULFUL KEISUKE

国性爺合戦

国立文楽劇場へ行った。

なかなかタイミングが合わず気がつけば5年振り、演目は国性爺合戦。
国性爺合戦_c0227168_18140235.jpg
面白かった!
豊竹咲甫太夫さんにチケットをお願いしたらなんと5列目床の真ん前、太夫の語りと三味線が迫力満点。
前回の国立劇場とは客席の感じも少し違って、笑ったり拍手したり掛け声が出たり楽しかった。
さすがの咲甫さん、汗だくの語りには引き込まれた。
よくライブに来てくれる咲寿君も素敵だった。

文楽といえば高尚なものというイメージがあるが、実際見てみるとこれが真反対。
人間臭くて、笑えて、泣けて、いい意味でカジュアルで下世話でAAPエンターテイメント。

間とダイナミクスって大事だな。
焦らず溜めすぎず、ここぞで押したり引いたり。
うーん、深くて楽しい。

<< 寅さん詣 ボンツビ >>