ウルフルケイスケオフィシャル ブログ ULFUL KEISUKE

work shop5

5回目のwork shop、回を重ねるごとに馴染んでくる子供達。

なかなか言い出せないのは関心がないせいじゃなくて関心があり過ぎてどうしたらいいか分からないから、自分にも経験あり。
そういう時は少しだけ助け船を出すとそれだけであっという間に表情が変わる、ただちょっとしたことで表情が曇るのもあっという間だが。

理屈じゃなくて大事なのは感じたことに対応出来る柔軟さ、音楽でいうとインプロビゼーション、簡単に言うと臨機応変な対応。
でも準備をきっちりしておかないとそれは無理、その準備には技と心持ちと両方が必要。

分かっちゃいるけど〜上手くはいかない〜、だから発見が多くて楽しい。

work shop5_c0227168_20405326.jpg
10/15に読売ランドでwork shopでやっていることの成果を子供達と一緒にステージでやります、とにかくいい空気を子供達と一緒に作れればいいな。

「KMAFes'11」

<< 真空管トロピカル MUSIC CAFE SO-SO >>