わたし、つくるし、それ歌う。植田真梨恵のブログ。


by 植田真梨恵

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

PROFILE

1st アルバム
『はなしはそれからだ』
2015.2.25 Release


植田真梨恵LIVE OF LAZWARD PIANO -青い廃墟-
2015.1.10 渋谷WWW←SOLD OUT
2015.1.18 大阪BIGCAT

植田真梨恵LIVE TOUR 2015
「はなしはそれからだ」

3.15 東京LIQUIDROOM
3.21 名古屋CLUB UPSET
3.28 福岡BEAT STATION
4.3 大阪BIGCAT

「わたし、つくるし、それ歌う」
愛しさも痛みも孤独感も悲しみも、全力で、ひたむきに、今、目の前にあるものと向き合おうとする、歌も思いも“強い”シンガーソングライター。その圧倒的なライブでの伝播力から、2013年にはすべてのワンマンライブをSOLD OUTさせ、2014年1月にはリリースもタイアップも絡めることなく東西クアトロワンマンを成功に導く。16歳の初ライブから実に7年、長年のインディーズ活動が実を結び、2014年8月、シングル「彼に守ってほしい10のこと」でメジャーデビュー。全国32局でパワープレイを獲得するなど各方面での期待値は高く、9月に東阪で行ったワンマンツアーも早々にソールドアウトを記録。11月にはギターレスのピアノロック「ザクロの実」、そして年明けにはピアノワンマン、アルバムリリース、バンドワンマンと勢いはとどまることを知らない。「届くべきところに届くまで歌い続ける」強い決意をもって、前進し続ける。

旧ブログ

*パンティー16High*





以前の記事

2015年 05月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月

マーキュリーパワーメイクアップ

b0212864_3221550.jpg

b0212864_3221668.jpg

b0212864_3221791.jpg


というわけで、
最近いろいろと目から鱗が落ちたと感じたことがあったので、
そのことを書こうと思う。
すごく長くなるような気がしている。


4月25日。
わたしはとても不思議な気持ちをたくさん味わった。
昨年の末からずっと密かに狙っていたものがあって
それはわたしの、子どもの頃の夢である、セーラームーンのグッズなんだけれど


きっとみんながみんな、すんごく憧れたと思う。セーラームーン。
わたしもずっとそうで、子どもの頃に、ほんとに、大好きだった。
中学生くらいのころとかにも、密かにセーラームーンの変身していく七色のシーンや、ひたいのティアラ、
コンパクトなんかを頭に思い返して、思い描くだけで、
なんだか血が逆流するような感覚になっている自分がいて、なかなかそれを人にはわかってもらえなかったりした。
子どものころ、ほんとにほんとに大好きだったから、大きくなってからも、今も、本能レベルでそれを感知して密かに興奮しているんだと思う。


そんなみんなのセーラームーンが
20周年を迎えて、たくさんのグッズを昨年の末から世に送り出している。
大きくなってからも本能レベルでドキドキしてしまう女の子たちが、今こぞってそれを求めて、探して、買っているんだ。

その中でも、指示棒付きボールペンというグッズがあって
これは、各セーラー戦士が変身のときなんかに使うアイテムをモチーフにしたものを、
各戦士ごとにパッケージングして、販売されているんだけれども
わたしはこれの、マーキュリー(わたしはマーキュリーがずっと好きだったので)がどうしても欲しかったので、
ずっとずっとキディランドに出向いたり、
発売日を調べて電話でお問い合わせをしたりしていて、
そんな中、ようやく再販の日の情報が入った。


そもそもは、地道にいろんな雑貨店やおもちゃやさんなんかを回っていたんだけど、そりゃーどこに行っても見つからなかったわけだ。
この指示棒付きボールペン(つうしょう指示ボール)は、なんだか特に人気が高くって
発売直後、発売日の午前中には、すべて売り切れてしまったほどの人気 で、
そもそもこれが常に、お店に並んでることなんかまず、ないのであーる。


梅田のKIDDY LANDさんに問い合わせたところ、
4/25入荷、開店と同時から販売とののとだったので、わたしは
4/25朝10時開店のキディランド梅田店さんに、9:45に到着した。
開店前の店に並んだことが初めてだった。

開店前、シャッターが開く前の店の入口には、ほんのすこしの列こそできていたけれど、そこにいるのはわずか5~6人で、わたしは、5~6人もの人たちが、セーラームーンのために平日の朝からここにいることにまずびっくりしてた。

で、ほんとにびっくりしたのはその後で、
開店前からがんばってるお店の人が整理券を持ちながら、どの戦士の指示ボールが欲しいのか順番に、わたしにも聞いてくれたんだけど、
「マーキュリーとヴィーナスちゃんは売り切れております」とおっしゃるのだ。

わたしはただただわかんなくって
もう
とにかく
え、、、?となりながら
「じ、じゃあムーンで…」と言ったのだった。

それから、[100番 ムーン]と書かれた整理券を持って、開店前の店前に進んで行った。
そこでようやく、マーキュリー売り切れの意味がわかったんだけども、
すでにそこには2~300人くらいが整理券を手に列を成していて、みんながみんな、セーラームーンの指示ボールを手に入れようと集まっていた。たくさんの女の子たち、おじさん、おばあちゃん。ほんとにたくさん。

わたしは遅かった……

わたしね、もうほんとにびっくりしちゃって
悲しくって
でも、
私はマーキュリーがずっとすきだったから
マーズや、ジュピターのを代わりに買って帰ろう、なんてことだけはやめておこうと思い、ひたすら、物思いに耽っていた
なぜって わたしはひとり意気揚々と水色のワンピースを着て、おまけにショートカットだ。
他人が見たらこの子ぜったいマーキュリー推しやんって、誰が見たってわかるような出で立ちで
誰が見たってマーキュリーが手に入らなかったという悲しい形相を浮かべて
ただただ
順番に店に入れるのを待った。
ツイッターとかにも、悲しいとかどうしてとか取り乱したことを書いて、すんごい自己嫌悪になりながら、待った。ちゅうか自己嫌悪のことは自分がわるいだけなんだけれど。


店内に近づくに連れて、セーラームーンの20周年を祝う飾りつけとBGMが聞こえていた。
写真を撮ろうとして気づいたんだけど、手がすごく震えていた。
ムーンライト伝説のイントロが鳴った瞬間わたしは、は…っと神経がひりひり来たし、
そのあとには乙女のポリシーが流れて来て

どーんなーピンチのときもーぜったいあきらーめーなーい、そーうーよ、そーれーが、可憐ーな乙女のポーリシーー の歌詞には、ほんとに思わず、うっと泣きそうになったけど
でも、そんなときこそ、ぴっと凛々しくしておかなければならないのだ。そういうときこそ乙女は。


でも、
やっぱりかなしいことばっかじゃなくて、そのあと1時間くらい待ったら、ちゃんと順番にお店に入れて、
メモやシールやノートなんかも、わたしは買えたし、何より、ムーンの指示ボールも買えたし、

でもやっぱりどこかさみしくて

諦めがつかず、
や、諦めてはならないと思って、
関西のキディランド全店に電話をかけたんだけど、その中でも、11時の時点で、たった一本しかマーキュリーは関西に残ってませんでした。

だから、その日は諦めてお家に帰ったんだ。

かなしいきもちだったけど、
なんかすごく感動していたんだ。
20年経っても、こうして女の子たちに夢やわくわくを与えられるセーラームーンという存在に、ほんとに憧れと尊敬を感じて、
わたしはきっといつか、マーキュリーのもかならず手に入れよう、とそっと胸に決めて、
すごく前向きな気持ちになれたの。




話はそれからもっと後のことで、
その日の夜中、あんまりにも残念がっているわたしのことを心配した友達が連絡をくれて
なんと、マーキュリー指示ボールを、手に入れたというのだ。
わたしは驚いて、もうむちゃむちゃうれしくて、あとはもうどうやって??なんで??わたしはあんなにがんばってもむりだったのに??なんで???て、思ったんだけれど、やっぱりもう嬉しくて、ありがとうってたくさん言って、

それであとになって、なんで、どうやって手に入れたの?と聞いたら
ネットのオークションやと言わはるから

わたしはなんだかその瞬間からすごく難しくて

うれしい気持ちと
悲しい気持ちで
なんでか号泣してしまったのでした。


どっちかというとやっぱり悲しくて
でもうれしいのに!
もうわからんけど、私は、受け取れないと思った。
なんだか、お金で解決されたような感じがしてしまって
子どもの頃からの夢を
今大きくなったわたしは、そんなふうにお金で手に入れてもらって
探し回ったけれど買えなかった人たちとか
それでもまた再販を待って、開店をまた、もっと待って、きっと買おうという気持ちとか

なにより
愛とか
正義とかをうたってるセーラームーンのアイテムを
こんなに大人っぽい手段をとおして手に入れると思っていなかったことに
わたしはすっかり
マーキュリーのそれを持つことに、胸を張れなくなってしまって
もう欲しいのかすらよくわからないと思ってしまって
わたしの夢みたいなものが、壊れてしまったような感じがして、
でも、やっぱりそうまでして私のことを思って、手に入れてくれるという気持ちが、心からほんとにほんとにほんとに嬉しくて。
でもそれだけじゃ片付かなくて

なんとも
むずかしかった。


でも、
結論から言うと、結局、やっぱり受け取る事にした。
わざわざその子がわたしのために、ほんとよりも高いお金を出して、手に入れてくれたこと。
その子がわたしのためを思ってしてくれたことそれには、優しさしかないということ。
たぶんそれはセーラームーンでいう愛であって
わたしは、
お金には変えられない、夢というものをそこに見ていて、
わたしは、
夢というものをこの手に扱う仕事をする者として、悩んだ。
だけど、
このことはずーーーーーーーっと死ぬまで忘れたくないなと思って、
そのマーキュリーを受け取ることにしました。

あのときの私の気持ちも間違っていないし、
私にあげたいその子の気持ちもぜったいに間違っていないし、
すべてが誰かのためを思うことでならばきっと、夢は壊れないと思った。
そのくらい、みんなの夢がつまって、価値が生まれているものなんだと思った。
お金では価値は決められないと思った。


文にするのはすごく難しいけれど、
間違ってほしくないのはオークションで買うのがいけないってこととかそんなんでは全くなくって
お金で買えないような気持ちがあることを、私は覚えていたいだけなんだと思う。

そう。


それで今日。届いたんだマーキュリー。
開けたら
やっぱりすごく可愛かったーー。やっぱりすごく嬉しかったーー。
ありがとう。
セーラームーンはいまも変わらず、私に愛と正義を教えてくれるし
私は身をもってそれを感じて、また女の子たちに歌を歌うことができるから。
今だってそう思いながら、セーラームーンのことを思うと、もう涙が出そうだ。
…なんやろこれ?変態かなあ?


私もみんなの、心の奥に届いて抜けない、ずーっと効きつづけるものを
つくってみたいと思った。
心が信じてくれているものがあってよかった。

やっぱり長くなってしまった。
読んでくれてありがとう。
by marieblog | 2014-05-03 03:13

最新の記事

おひっこしのおしらせ
at 2015-05-25 14:12
ピンクのいちご畑のようなサン..
at 2015-02-22 23:39
EとGとAとCとDの魔法
at 2015-02-22 00:14
写真で振り返る -ラズワルド-
at 2015-01-30 00:24
写真で振り返る -ディズニー-
at 2015-01-30 00:08

フォロー中のブログ

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

アーティスト

画像一覧



[おことわり]

コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。 また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。

XML | ATOM

Powered by Excite Blog

個人情報保護
情報取得について
免責事項