わたし、つくるし、それ歌う。植田真梨恵のブログ。


by 植田真梨恵

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

PROFILE

1st アルバム
『はなしはそれからだ』
2015.2.25 Release


植田真梨恵LIVE OF LAZWARD PIANO -青い廃墟-
2015.1.10 渋谷WWW←SOLD OUT
2015.1.18 大阪BIGCAT

植田真梨恵LIVE TOUR 2015
「はなしはそれからだ」

3.15 東京LIQUIDROOM
3.21 名古屋CLUB UPSET
3.28 福岡BEAT STATION
4.3 大阪BIGCAT

「わたし、つくるし、それ歌う」
愛しさも痛みも孤独感も悲しみも、全力で、ひたむきに、今、目の前にあるものと向き合おうとする、歌も思いも“強い”シンガーソングライター。その圧倒的なライブでの伝播力から、2013年にはすべてのワンマンライブをSOLD OUTさせ、2014年1月にはリリースもタイアップも絡めることなく東西クアトロワンマンを成功に導く。16歳の初ライブから実に7年、長年のインディーズ活動が実を結び、2014年8月、シングル「彼に守ってほしい10のこと」でメジャーデビュー。全国32局でパワープレイを獲得するなど各方面での期待値は高く、9月に東阪で行ったワンマンツアーも早々にソールドアウトを記録。11月にはギターレスのピアノロック「ザクロの実」、そして年明けにはピアノワンマン、アルバムリリース、バンドワンマンと勢いはとどまることを知らない。「届くべきところに届くまで歌い続ける」強い決意をもって、前進し続ける。

旧ブログ

*パンティー16High*





以前の記事

2015年 05月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月

戦隊もの

b0212864_1024637.jpg


今夜です。
かったるい右目の奥で瞬きがぱちりと声をあげていました。
きれくない夢を毎晩見るようですが、歯が抜けたりする夢は、こわいけども、確かいい夢だったはずです。
だって地球のまわりを水色に光る光が覆い尽くしていて、
それはここから見ると青空とか曇り空ですけども、宇宙から見るとただの膜です。
黒い中に光ってそこに在るラインであります。


さて、

私は、鹿のつのがちょっと昔からこわいんです。
鹿のつのの、どこまでが体でどこからが外部かが。
てゆうか、あのほわんとしたうぶ毛や、先端の丸みも苦手です。
硬いのかやらかいのかよくわかんない感じ。
きっと触れないです。たぶん一生。
割りと、鳥のくちばしなんかもイヤだけども、鹿のつのには勝てません。
また、人間の爪や歯は、ぜんぜん大丈夫すぎて話になりません。
くちばしも爪も歯も、生身に比べて小さいものね。

突き詰めた結果、たぶん、鹿のつのは、形がいちばんイヤなんだと思う。
優しいような、貫きさすような。

しかもあれは、定期的にカットするんでしょう。
痛くないんかな。
なんか、爪やらにくらべたらやっぱり痛そうに見える。
すこし、血が通っているように見えるもん。思えるもん。
葉脈というか、なんやけ、主根・則根的な。あの、茎に通っている栄養が通る管みたいな、血管がびっしりと通っている想像をしてしまうんだもん。
そしてあの硬い風貌にふわっとしたうぶ毛が、たいへんにゾワッと来ます。
むしろここまで来たら、フェチです。

ここまで私の心を動かす(マイナスの意味で)ものは、むしろ好きにすらなり得るとも思っているんです。
しかも大好きに!愛してるに!なり得ると思っているんです。
ひじょうに興味深いんです。
もっと見て、もっと見て、しかと見て、ゥヮァァァァァー……となるわけです。
このゥヮァァァァァーはもう、気色の悪さからくるものではなく、最早感嘆の声です。
生唾です。
その感覚をまた繰り返し求めてしまうので、寧ろそれはもう、私は、それらが、好きです。

ちなみに「それら」に該当するのが、
フジツボ、プラナリア、寄生、ホットケーキの裏、骨粗鬆症の骨の中の見本写真、
それから、今夜そこに鹿のつのを加えることにしますです。

嫌いと好きは表裏一体だというお話でした。


さて、そんな、めでたい本日ですが、
今日の日の日付で、寝ておきたらライブです。
西天満にあるLIVE HOUSE'Dにて。
こんな私でよければ、いやこんな私の歌でよければ、どうぞよろしく聴きに来てくださいな。
弾き語ります。

しかしど平日ど真ん中ですね。
お仕事に学校に、頑張ってください。応援しています。
マケルナーー!


ではではまた。
ライブで会いましょう。
おやすみなさい。
by marieblog | 2011-06-01 10:02

最新の記事

おひっこしのおしらせ
at 2015-05-25 14:12
ピンクのいちご畑のようなサン..
at 2015-02-22 23:39
EとGとAとCとDの魔法
at 2015-02-22 00:14
写真で振り返る -ラズワルド-
at 2015-01-30 00:24
写真で振り返る -ディズニー-
at 2015-01-30 00:08

フォロー中のブログ

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

アーティスト

画像一覧



[おことわり]

コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。 また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。

XML | ATOM

Powered by Excite Blog

会社概要
プライバシーポリシー
利用規約
個人情報保護
情報取得について
免責事項
ヘルプ