視聴方法
スポーツ専門チャンネル J SPORTSは、FISワールドカップをはじめ、 いろいろなウインタースポーツを放送中!
視聴方法はこちら!

online shop
パワーモーグル エア編!
スーパーテクニック満載のDVDです。
J SPORTS
online shop

バックナンバー
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


織田君と大ちゃん。勝敗を分けたものは?
f0000966_9523717.jpg
コメントいただいた方、どうもありがとうございます。実はなかなかパソコンを使いなれていないのですが、今後もよろしくお願いします。

 昨日はNHK杯に行ってきました。男子シングルの結果はみなさんご存じの通り、織田信成君が優勝し、高橋大輔君が3位。これで2人ともGPファイナルに出場ですね。

 織田君は、フリースケーティング最初のトリプルアクセルで転んでしまったのにもかかわらず、高得点を出しましたよね。その理由として、トリプルアクセル以外に跳んだジャンプの質が高かったことがあげられるでしょうね。ジャンプを跳んだ後の流れも、プラス評価につながったと思います。

 例えば、最初のジャンプは、トリプルアクセルこそ失敗しましたが、次のジャンプをトリプルルッツ+トリプルトゥループ+ダブルループに変更して成功させ、いい流れを作りました。その後に見せたダブルアクセル+トリプルトゥループ、トリプルフリップもプラスの評価だったのではないでしょうか。フリップの高さも幅も流れも素晴らしいものがありました。トリプルフリップの点数は5.5ですが、それに1点以上の評価が加算されているでしょう。 一方、大ちゃんは、コンビネーションの時、第二ジャンプでトリプルにしようか、ダブルにしようかと迷いがあったみたいで、ステッピングアウト(バランスを崩して前向きに滑る動き)してしまったんです。トリプルアクセルの評価点は7.5ですが、それがマイナスの評価になってしまうと、場合によっては難度の低いジャンプより価値が下がってしまいます。

 今の採点だと、難易度の低いジャンプでプラスをもらっておけば、難易度の高いジャンプをひっくり返せる可能性があるわけです。 
織田君の場合、トリプルアクセル以外の要素が確実なんです。しかもここまではできるという最低ラインが高い。だからトリプルアクセルを失敗しても、結果が出せる。

NHK杯の結果は、新しいルールの採点の影響がもろに出た形です。
選手はジャンプ以外に、スピンもステップも気をつかわなければいけない。これで4分半を踊るのは大変ですよ。このルールだったら、僕は前半1分でヘタレちゃいますよ(笑)。

 それにしても、トリノ五輪代表レースは男子も女子もますますわからなくなってきました。本当にどうなるんでしょうね。
by style_figure | 2005-12-05 10:00 | フィギュア | Comments(6)
Commented by sally at 2005-12-05 20:11 x
遅ればせながらブログ開設おめでとうございます。
今後も楽しみにしています。

NHK杯、お疲れ様でした。
ファンとしてはとてもドキドキする大会で、とても楽しかったです。
これからが本当に楽しみですね。

それから、1ヶ月ほど前に姫路アイスアリーナで写真をとらせていただきありがとうございました。
そのときのことを、ついブログでネタにしてしまいました。
もしNGであれば、いつでも削除します。了解なしにすみません。
あ、プライバシーに配慮?して、はるかちゃんというのは仮名です。

それではこれからもお仕事がんばってください。
Commented by ハル at 2005-12-05 23:13 x
NHK杯は男女ともに見ごたえのある試合でしたね。ファイナルもとても楽しみです。本当に誰がトリノに行くのかドキドキハラハラです。

田村さんの説明はとても分かりやすいです。私は、見ているだけではどうしてこういう点差になったのか分からないところが多いので、分かりやすく説明してもらえるととっても嬉しいです。

これからも楽しみにしてます!
Commented by kou at 2005-12-06 01:30 x
NHK杯リポートありがとうございます。なみはやドームで田村さんをお見かけしたときには驚きました。

私は先日のNHK杯で初めてフィギュアを生で観戦したのですが、すごく感動してよりいっそうフィギュアの魅力にハマりました。そこで今はフィギュアについてもっと知りたい!と思い、ルールなどの勉強中です。田村さんの説明はとても参考になり、ありがたいです。

お忙しい中、大変だとは思いますが更新頑張って下さい。楽しみにしております☆
Commented by ミー at 2005-12-06 03:43 x
私も岳斗先生を会場で拝見しましたよ!
きっとNHK杯のことをブログに書いてくださるんだろうなぁと、楽しみに待っていました。

新採点でジャンプより判断が難しいのが、スピンとステップのレベルです。特にステップ。高橋選手のスケアメでの評価と、NHKでの評価の違いがどこにあるのか、素人にはわかりづらいです。

あとよく言われるメンタルの問題...。高橋選手は望みが高いせいか、「満足していない」とよく言っているけど、自分をほめて自信を持ってもいいんじゃないかな? と思いました。今回だって、SP1位、最終滑走というプレッシャーの中、転倒もなく結構ミスを抑えられたのではないかと思います。そこらへんはどうなんですか? 岳斗先生!

あ、あと、ファンからこんな風に励まされたら励みになった...というお話を、いつか聞かせてください!

次は全日本ジュニアですね、亜紀ちゃんとあっこちゃんを応援しています!
Commented by はるみ at 2005-12-07 16:59 x
ブログ開設おめでとうございます。ちょっと前まで選手として活躍されていた岳斗さんだからこそのコメント等、楽しみにしています。

私もNHK杯行ってきましたが、村主さんは本当にすごかったし、織田君も大輔君も、がんばりましたよね~。GPFの出場者も決まり日本人選手が5人?出場と、日本人選手の勢いは止まることを知らないかんじですが、GPFはどうなると思われますか>岳斗先生?
Commented by ポップロックキャンディ at 2005-12-19 21:27 x
ブログ開設おめでとうございます。
今日初めてお邪魔しました。

私も12月3日にNHK杯に行ってきました!
田村岳斗さんがいらっしゃてて、びっくりしました!!
すごいオーラを放っていらっしゃったので、すぐわかりましたよ~☆
今までテレビで拝見しておりましたが、実物もカッコいいですね!

実は私、田村さんに無理を言ってサインをお願いしてしまいました。
しかも、観客席でおはなし中のところを通路(田村さんの後ろ)から見下ろす形で・・・覚えていらっしゃいますか?
あのときは失礼しました!ごめんなさい!!
サインしていただいて、本当に嬉しかったです!ありがとうございました!!

ブログ楽しみにしています。これからも頑張って下さい!
また、ちょこちょこお邪魔させていただきます♪
<< 大ちゃんと織田君、戦いの行方 NHK杯は男子シングルに注目! >>



J SPORTS STYLEトップ

関連サイト
田村岳斗さんの本拠地、京都アクアリーナ情報です。

Road toTorino 著者
snow time report
小田島賢

土屋ホーム スキー部監督
木下義幸

田村岳斗

三宮恵利子
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30




Copyright (C) 2005 J SPORTS Broadcasting Corporation
All Rights Reserved. No reproduction or republication
without written permission.
Copyright © 1997-2005 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム