視聴方法
スポーツ専門チャンネル J SPORTSは、FISワールドカップをはじめ、 いろいろなウインタースポーツを放送中!
視聴方法はこちら!

online shop
パワーモーグル エア編!
スーパーテクニック満載のDVDです。
J SPORTS
online shop

バックナンバー
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


史上最高の戦い
昨日、全日本選手権が終わりました。激しい優勝争いを演じた選手たちは男女ともレベルが高く、全日本史上最高の試合だったと思います。女子シングルで最終グループに登場した選手は、SP、フリーでも素晴らしい演技でした。オリンピックがかかっている選手には、出場にかける執念を感じました。中でも章枝ちゃんのフリーの演技にはこちらもウルっとくるものがありました。できるなら、この6人全員をオリンピックに行かせてあげたい。皆さんもそう思ったことでしょう。そして男子シングルは、大ちゃんが織田君を逆転して優勝しました。採点問題で織田君にとってはツライ結果になりましたが、ともに素晴らしい選手であることには間違いありません。
今回の採点で問題となったのは「3回転以上のジャンプは2回跳んでいいのは2種類まで」というルールがあります。
しかし織田くんはトウループ2回、ループ2回、ルッツ2回、と3種類跳んでしまいました。この場合3種類目に重複したルッツの点数が0になります。トリプルルッツの点数は6.0、その点数に後半に跳んだジャンプは1.1倍の点数があたえられ6.6。さらに彼の特徴でもあるジャンプの質でジャッジからプラスの評価があたえられていると思うので、7.0前後の点数をロスしました。これは今の高橋大輔を相手にしたらかなりの痛手です。さて、織田くんほどの一流選手がナゼこんな事をしてしまったかというと最初に跳んだ3アクセル+3トウループ+3ループのジャンプコンビネーション、 この3ループの回転が不十分で「2ループに判定される」と思ったのでしょう。回転が不十分といっても2回転半ぐらいはまわっていました。これは3回転からのダウングレードで2回転の点数しかもらえないうえに3回転にはトライした事になってしまいます。NHK杯とは違って、今回は織田くんの高い能力が裏目に出てしまった形です。

一方、大ちゃんは、最初の4回転を失敗し、中盤の3アクセルでも失敗。織田君が高い得点を出していたこともあり、ここで自分には勝ちがないと感じたかもしれません。それでも諦めずに死に物狂いで滑り続けてその後は最高とも言える演技でした。最後のストレートラインステップは観ていてトリハダがたちました。もし中盤の3アクセル失敗、負けが頭の中をよぎった時にあきらめていたら… おそらく織田くんの7.0前後の得点がカットされても逆転できなかったでしょう。今シーズンの高橋大輔は精神的にかなりタフになったと思います。

 これでオリンピック出場選手がすべて決まりました。非常に高いレベルの選手が揃い、トリノでもいい結果が出る事を期待できるのではないでしょうか。戦いはまだこれから続いていきます。
 

 
 
by style_figure | 2005-12-26 10:00 | フィギュア | Comments(9)
Commented by at 2005-12-26 12:25 x
どの選手も素晴らしかったですが、やはり村主さんの心を感じるスケートには私も感動してしまいました。
大輔くんは今シーズン本当にハートが強くなったなぁ…と思います!!
織田くんの悔し涙は大輔くんもつらそうでしたね。。トリノでは織田くんの分も大輔くんには4回転降りて良い成績残してもらいたいです★
澤田亜紀ちゃんの演技もテレビ放映されました!可愛らしくてこれからが本当に楽しみです、岳斗さんがんばってくださいね♪
岳斗さんのこのブログは優しさがにじみ出ていて、とてもほっとします。
楽しみにしています☆
Commented by ミー at 2005-12-27 05:52 x
岳斗先生こんにちは!
あっこちゃんファンです。夫と応援しています。
全日本を会場で観戦しました。あっこちゃん、とても上手くなったのはありませんか?
特にスピンのポジションが美しく、速度も速く、一番上手いのではないか? と思いました。
技術的にバランスがよくて、表現力もありますよね。夫は「しかも美人」と褒めています(笑)。
あとSPの衣裳がとっても似合っていて素敵でした。

。。。と、お伝えください! お願いします!!
Commented by ゆりま at 2005-12-29 23:41 x
>最後のストレートラインステップは観ていてトリハダがたちました

わたしもまさにそれでした。あまりにすばらしかったので
トリプルアクセルがシングルだったのも忘れたくらいです。
JIC,N杯、GPF、全日本と見てきましたが、
全日本のストレートラインステップは最高でした。

亜紀ちゃんは岡谷で優勝した演技の方がスピードも
あって素敵だったと思いますが・・・
すごくかわいかったです。
スパイラルが少し短いような気がしたのですが・・・
素人なのに生意気言ってすいません。
Commented by KEI at 2005-12-30 22:19 x
岳斗さん、そうそうの更新をありがとうございます。会場でブログの更新をお願いしますなどとプレッシャーをかけたものです。<m(__)m>
どうしても、プロの目から観たお話を伺いたかったもので。

私は、コンペは会場で観戦は出来なかったのですが、映像で見ても各スケーターの気持ちのこもった演技は伝わってきました。

織田君の滑りも好きでしたが、最後まで勝負を諦めなかった大ちゃんをより褒めてあげたいかな。

>最後のストレートラインステップは観ていてトリハダがたちました

友人と3人で映像を見ていたのですが、画面の大ちゃんに釘付けでした。それほど素晴らしいものでした。

MOIでは、荒川さんの艶やかなオーラにビックリしました。さらに高いところに到達できそうなオーラといったらいいでしょうか。個人的には一番輝いていたと思います。

五輪、4大陸、ワールド、ジュニアワールドに選出された選手の皆さんが、怪我することなく、持てる力を存分に発揮して欲しいですね。
Commented by らーら at 2005-12-31 22:02 x
岳斗先生、こんにちわ。
こちらでブログを書いていると聞き、さっそく伺いました。

織田君のジャンプがなぜカウントされないか、他の解説者だとさらっと流してしまってわかりづらかったのです。岳斗先生の解説は、こういう意図があってこうしたってところまで選手の気持を汲んでいて、非常にわかりやすいです。

私は、大ちゃんファンですが、織田君の追い込みは素晴らしいものがありました。2枠あったらと何度も思ったものです。ライバルとは共に、競い、伸びていくとはよく言ったものです。あとは、大ちゃんのトリノでの活躍を祈っております。

岳斗先生、これからも、楽しくわかりやすい文章で、ブログ続けてくださいね。応援しています。


Commented by あやか at 2006-01-01 17:10 x
あけましておめでとうございます。そして、はじめまして。

トリノに向けた戦い、一瞬たりとも目の離せないものばかりで、
一週間経った今でも気持ちが高ぶってきます。

また、採点の問題など分かりやすく解説して下さりありがとうございます。
素人にはなかなか難しい問題なもので。。


これからも、素敵なブログを楽しみに待っています。
Commented by レモン at 2006-01-04 02:27 x
はじめまして
不躾ながら実はちょっとわからないことがあるので教えていただきたいのですが。

織田さんは最初に3-3-3を飛ぶと後半のジャンプは2回転にしなければならないはずです。コンビネーションの基礎点はそれぞれのジャンプの基礎点の合計ですから、1.1倍のことを考えても最初に3-3-2を飛んで後半に3回転を飛ぶ方が確実ですし、基礎点も高くなると思うのです。どうして織田さんはあえて3-3-3を飛ぼうとしたのでしょうか?

Commented by 想像ですが… at 2006-01-07 16:09 x
レモンさんの書き込みを見て、私も気にはなったのですが、たぶんコンビネーションの方が5要素が高くなるのではないでしょうか。
プログラムの構成として、やはり3-3-3コンビネーションの方が"構成が素晴らしい"と判断されるのでは…
(想像でスミマセン)
Commented by tam at 2006-01-13 17:18 x
私もレモンさんと同じ疑問を持ちました。
素人考えなのかもしれませんが・・・
田村センセイの解答を待ってま〜す。
<< フィギュア代表選手へ。アドバイ... いよいよグランプリファイナル >>



J SPORTS STYLEトップ

関連サイト
田村岳斗さんの本拠地、京都アクアリーナ情報です。

Road toTorino 著者
snow time report
小田島賢

土屋ホーム スキー部監督
木下義幸

田村岳斗

三宮恵利子
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31




Copyright (C) 2005 J SPORTS Broadcasting Corporation
All Rights Reserved. No reproduction or republication
without written permission.
Copyright © 1997-2005 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム