視聴方法
スポーツ専門チャンネル J SPORTSは、FISワールドカップをはじめ、 いろいろなウインタースポーツを放送中!
視聴方法はこちら!

online shop
パワーモーグル エア編!
スーパーテクニック満載のDVDです。
J SPORTS
online shop

バックナンバー
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


FIGURESKATE 05-06
by style_figure
06-07シーズン 新サイトのお知らせ
06-07シーズン 新サイトのお知らせ
新サイトはこちらをクリックしてください
# by style_figure | 2006-12-02 07:48
06-07シーズンに向けて
いよいよ今回で最後のブログになります。最後は、やはり世界選手権の話で行きます。カルガリーの大会は、ステファン・ランビエール選手の優勝で終わりました。ヤグディン選手、プルシェンコ選手の後、彼が今後男子の目標になっていくことになりそうです。そんな中で、織田君が4位に入ったことは、とても素晴らしい出来事だったのではないでしょうか。もちろん、もっと上も狙えたと思いますが、彼にとってこの初舞台は、とてもいい経験になったことでしょう。そういえば、全日本とおなじく、また判断ミスをしてしまったようですが、彼の場合は能力がありすぎるがゆえの失敗です。オリンピックのかかった試合、世界選手権のメダルがかかった場面でおなじようなことを経験したとなると、後はもう失敗することはきっとないでしょう。来シーズンは、東京で世界選手権が開かれます。この大会では、女子はもちろん、男子も十分表彰台の可能性を持っています。一体いくつメダルが獲れるのかなという期待も膨らみます。ぜひ、日本の大会で、日本の選手が表彰台に上がる姿を見たいものです。 ただ、今シーズンの反省として、代表選考はもう少しシンプルな形になる事を望みます。2シーズン含めてのポイント制だと、前シーズンケガをしていたりすると、その時点で不利になってしまいます。急激に成長する選手もいます。また、試合のポイントも、大会ごとに出る選手も違うので、相対的な比較が難しくなってしまいます。できれば直接対決(全日本選手権)の方がみんな納得するのではないでしょうか。おなじポイント制にするにしても、せめて1シーズンということの方が、皆すっきりするでしょうね。 これで今シーズンのブログは最後になりますが、シーズンを通して見てくださった方に「ありがとう」と言いたいです。わかりづらかった点もあると思いますが、僕の方も、これからコーチとしてもしっかりとルールを把握して、もっとうまく説明できるように勉強していきます。また、来シーズン、どこかで皆さんと出会えることを楽しみにしています。
# by style_figure | 2006-04-01 21:36 | フィギュア | Comments(29)
スロベニアでのアクシデント
世界ジュニアが行われているスロベニアで、実はとんでもないことがあったんです。公式練習は朝6時頃にはじまるので、それに合わせて早朝5時ぐらいのシャトルバスでプラクティスリンクに向かう途中、その日はあいにく雪で、バスに対向車が突っ込んでクラッシュしてしまいました。幸いケガ人はなかったのですが、もう心臓はドキドキで、寝ぼけていたのもどこかへ行ってしまいました。だいたいは関係者ばかりで、日本の選手はウォームアップがあるので先に会場入りしていたので問題はありませんでしたが。後になって気づいてみると、僕は足の指を突き指していました。選手の頃だったら大変だったのに、今になってみると誰も心配してくれず、突き指したことも笑い話になってしまうんですね。さて、世界ジュニアの男子シングルは、ご存じの通り小塚選手が優勝しました。彼もまたシニアでどんどん経験を積んで欲しい選手です。人なつっこくて、よく話もするのですが、この大会はジュニアファイナルとの2冠がかかっていたので、あえてプレッシャーをかけるような言葉は言わないようにしていたのですが。あとで彼と話を
すると、僕のソワソワを察していたようです。高橋君、織田君に続いて、小塚君も、これからの日本男子をリードしてくれる存在になりそうです。
# by style_figure | 2006-03-31 16:22 | フィギュア | Comments(5)
世界ジュニアinスロベニア
カルガリーの世界選手権で今シーズンが終了しました。僕は、3月にスロベニアで行われた世界ジュニアの方に、濱田コーチとともに、澤田亜紀ちゃん、韓国代表の長瀬彩華ちゃんの試合のために、コーチとして行ってきました。スロベニアに行くのは初めてでした。まだ僕がジュニア選手だった頃、スロベニアで国際試合があって、その試合の日本代表に選ばれることが1つの目標でした。結局代表には一度も選ばれませんでした。一度は行ってみたい国だったのでこんな形で行けるとは思ってもいませんでした。澤田亜紀ちゃんは、ジュニアファイナル2位で実力的に見れば世界ジュニアでも表彰台を狙える選手だとおもっていましたが、今回はシーズンの初めよかったコンディションを崩してしまったのが残念でした。逆に長瀬彩華ちゃんの方は、いつも以上の力を見せてくれました。彼女の場合、本番で力を発揮できるタイプですね。 この大会で優勝したのは、韓国のユナ・キム選手。2位は浅田選手でした。ユナ・キム選手は、3回転-3回転のコンビネーションジャンプがとても上手い選手です。女子選手でそのコンビネーショ
ンをやると、回転不足で3回転-2回転に判定されたり、着氷で乱れてマイナスポイントになってしまうことが多いのですが、彼女の場合は「踏切り、空中姿勢、着氷」すべて完璧です。そしてもう1つ、3回転の中でも、ルッツとフリップという得点の高いジャンプがうまいことが上げられますね。浅田選手もシニアのファイナルで優勝しているし、二人の対決を早くシニアでも観たいですね。きっとこの2人なら、すぐシニアの世界選手権に出ても十分表彰台を狙えます。
# by style_figure | 2006-03-29 17:21 | フィギュア | Comments(1)
4年後に向けて
 トリノオリンピックは、昨日ですべての競技を終えました。フィギュアスケートは、荒川選手の金メダル、そして大ちゃんの入賞。どちらも素晴らしい結果だと思います。改めて今回の男子シングルを振り返ってみると、大ちゃんと一緒に織田君も出ていたら、もっと違う結果になっていたような気がします。大ちゃん1人が背負っていたプレッシャーも減ったでしょうし、織田君は、どんな状況においても演技の最低ラインが高い選手です。今回のフリーのように、皆が崩れていく中でもしっかり演技ができていたかもしれません。何より、大ちゃんと織田君をお互いが競い合うことで、戦いに集中できたでしょう。そう考えると、今後この2人が世界をリードしていくような存在になれるような気がします。国内にライバルがいるというのは大きいですよ。ヤグディン選手とプルシェンコ選手がそうであったように。もちろんん、アメリカのウェアー選手とライサチェック選手も同じように切磋琢磨していくことでしょう。

 さて、4年後のバンクーバーをちょっと占ってみましょう。新しいルールになって前年の世界選手権は、4回転を跳ぶ人が減りました。今回のオリンピックでは、みなチャレンジしてきましたが、成功者は多くなかったですね。シーズンを通して4回転を跳ぶ練習そのものも決して多くなかったと思います。
 しかし、4年後では、このルールでも、最終組の選手はもちろん決めてくるでしょう。大ちゃんもSPに4回転を1回、フリーで2回以上入れられるような精度とスタミナが必要になってくるはずです。これは織田君も同じです。いずれにしろ、4年後は大ちゃん、織田君の2人は、十分金メダルを狙える力をつけているはずです。さらに小塚君もいれば、それに続く選手も出てきています。きっと近いうちに、日本人の男子世界チャンピオンが出てくるでしょう。そんな期待を感じた今回のトリノオリンピックでした。
# by style_figure | 2006-02-27 09:43 | フィギュア | Comments(8)
荒川選手 金メダルおめでとう!
 女子シングルは、荒川さんが金メダルを獲得。すごいことをやっちゃいましたね!彼女はスケートなら何でもできる才能もあって、努力もできる人です。やはり努力を続けていなければ、運も巡ってこないのです。彼女の金メダルは、それだけの事をやってきた証でしょう。

 荒川さんは長野大会ではじめてオリンピックに出場しましたが、当時はフィギュアスケートへの期待はそれほど大きくなく、彼女自身も上位に残れたらいいという気持ちだったでしょう。それが今大会、日本中の期待を背負っていた中での演技。それでも、落ち着いて自分の滑りが出来ました。彼女自身、コーエン選手が2度ジャンプミスしたことがわかっていたとしても、欲を出さずに色はなんでもいいからメダルが取れればいいぐらいの軽い気持ちで演技に臨んでいたと思います。その点、コーエン選手やスルツカヤ選手は、2人とも固くなっていた。2人ともジャンプで転ぶシーンははっきり言って珍しいです。男子もそうですが、一番冷静に滑ることができた選手がいちばんいい結果を残しました。

 村主選手に関しては、出来に比べて点数が伸びませんでした。スピンなど細かいところで点数を稼ぐ事ができなかったのかもしれません。ただ、彼女の場合、シーズン前は、ケガで歩けないほどの状態でした。そこから再び練習を始めて、代表に選ばれ、そしてオリンピックでもメダルまでギリギリの戦いを見せてくれました。
それだけでも、いかに彼女が強い選手なのかがわかります。

 そして安藤選手。4回転にトライすることはとても勇気がいることですが、しっかりとチャレンジしました。しかし、残念ながらその後の演技が崩れてしまいました。そうなってしまうようだと、4回転はやるべきではないでしょう。例えジャンプに失敗しても、選手はいろんな状況に対応できるようになる必要があります。4回転を跳ぶためには、4回転ジャンプの練習をするだけではなく、4回転を落ち着いてトライするために他の要素の精度をあげておく事が大切です。安藤選手は、これをいい経験としてもらいたいですね。 3選手ともお疲れ様でした。そして荒川選手おめでとうございます。 
# by style_figure | 2006-02-24 10:58 | フィギュア | Comments(5)
女子シングルSPがスタート
オリンピックももう終盤にはいりましたね。今日から女子シングルSPが始まります。

女子シングルは、日本人選手にもメダルのチャンスがあります。ライバルはやはりスルツカヤ選手、コーエン選手の2人。そこに地元のコストナー選手が入ってくるでしょう。ところで、荒川選手と安藤選手は演技曲を変更することになりました。かなりギリギリのタイミングということで、リスクはありますが、荒川選手にとっては、世界チャンピオンになった時の曲に戻すということなので、彼女にとっては縁起のいい曲でもあります。彼女の力なら、それほど心配すべきことはないと思います。オリンピックで勝つにはウンも重要な要素。実力があっても勝てないこともありますから。

安藤選手は、今シーズン、フリーの演技は2位止まりです。ジャンプが跳べず、調子が悪いこともあるでしょうが、高い評価を受けていません。そういう悪い流れを断ち切るためにも、新しい曲で演技をすることは、彼女にとっても意味があることだと思います。調子の悪かった昨年とは違った気持ちで、この大会に臨めるでしょう。
# by style_figure | 2006-02-21 11:38 | フィギュア | Comments(5)
男子フリー結果について
 みなさん、コメントありがとうございます。最初に、毎日新聞の掲載記事ですが、これは僕への電話取材によるものでしたが、記者の方が独自にスコアシートを取り寄せて、僕のコメントを混ぜて記事を作ってしまったため、読まれた方の誤解をまねいてしまったと思います。確かにスコアシートを見る限りでは、ダウングレードというようなマークもなく、記者にはわかりにくいものだと思います。ただ、僕の本意ではないことを、僕のコメントのようにされてしまったのは残念です。少なくともこのブログを見ている人には、説明できたので、crispyさんには感謝しています。僕もその記事を見て、多くの人に誤解を招いてしまうのではないかと不安に思い、ここで説明したいと思っていました。 

 最初の4回転が3回転と認定されたせいで最後の3Ltzの得点が認められなかったわけではありません。crispyさんの言うとおり、2回目の3A+2Tは、3A+2Tの得点となっていますが、2回転半ぐらい回ってしまったため、3Tと判断。これでジャンプは3A→3Lz+3T(認定)→3A+3T→3Lzとなり、これが3種類の重複ジャンプとなり、最後の3Ltzはカウントされません。そのため、大ちゃんの得点が低く抑えられてしまいました。最初の4回転の失敗での焦りが、全日本で織田君がやってしまったのと同様の失敗につながったのかもしれません。初出場ということで、計算が出来なくなってしまったのかもしれませんが、この経験を次のバンクーバーにもつなげてくれればと思います。

 それでは、改めて男子シングルのフリーの結果を振り返ってみましょう。

 最終組に滑った選手はみなメダルを狙っていた選手なので、それを意識し過ぎてミスが続きました。そんな中でもプルシェンコ選手は、抑え気味の演技でまとめました。彼にしてみれば、このフリーは、SPのリード をしっかりと守って金メダルを獲ることが目的ですから、ここで無理する必要はありませんでした。仮にフリーで負けたとしても、SPで10点以上のリードがありましたから。勝負に徹するという点では、正しい判断だったと思います。

 SPで2位にいたジョニー・ウェア選手は、SPのリードを守って2位を狙うか? それとも他の選手の追い上げを引き離すために攻めるか? そして、4回転を跳ぶかトリプルアクセルでまとめておこうか、演技に迷いがあったように思います。彼自身は、今回の公式練習で4回転を取り入れていましたが、本番では跳びませんでした。そうした迷いがそのまま演技に出てしまい、得点が伸びなかったですね。終わって見れば、皆が崩れていく中で、そこまで考える必要もなかったかもしれませんが、それがオリンピックです。

 ランビエール選手も、公式練習を見た限りではあまり調子がいいよう に見えなかったのですが、そのまま本番に入ってしまいました。彼も ちょっと狙い過ぎだったように思います。

 そんな中で、ジェフリー・バトル選手は、4回転こそ失敗しましたが、うまく演技をまとめました。もともと彼にとって4回転は決まったらラッキー程度の感じでしょうから、あわてることなく、その後しっかり演技しました。
 
 ジュベール選手も気負いが感じられて、4回転ジャンプでの着氷が乱れるなど、もったいないシーンが見られました。

 6人目の最後に滑った大ちゃんですが、4回転で転倒したことが焦りを生んだのかもしれません。ただ、2回目のトリプルアクセルが無理をしてトリプルトゥループをつける必要はありませんでした。後ろにつけるトリプルトゥループは、どのジャンプの後に跳んでも価値は一緒です。

 それでも、今までは最初のジャンプが崩れると、その後も崩れることが多かったのですが、頭の中が真っ白な状態でも、しっかりと演技を立て直しました。そうした中で結果は8位。しかもオリンピック初参加ということを考えても、すごいことです。大ちゃんはこの1年すごい成長を見せてくれましたが、それでももう少し時間が足りなかったのかな。

 あのヤグディン選手も長野では失敗を経験。プルシェンコ選手もソルトレークで失敗。そう考えると、大ちゃんの今回の経験は、きっと次につながっていくことでしょう。
# by style_figure | 2006-02-19 18:10 | フィギュア | Comments(4)
男子フリーを終えて
 テレビを見ていた皆さん、早朝までお疲れ様でした。そして、コメントどうもありがとうございます。この場を借りてお礼を申し上げます。やっぱりテレビで話すの緊張しますね(笑)。それでも中居さん、小倉さんの司会の2人が気さくで、いろいろ気をつかっていただき、楽しくできました。正直、SPのときはかなり大変でした。だって、大ちゃんが1番滑走で続いてプルシェンコ選手が出てきてしまい、言ってみればメインの2人なわけです。これで7時30分までどうするの? と思いましたね(笑)。フリーは、その逆に大ちゃんが1番最後でメダルの可能性も見えてきていました。それだけに、残念な雰囲気にはなりました。フリーに関する話はまた次に書きます。とりあえず大ちゃんお疲れ様でした。

f0000966_10294710.jpg

今後のスケジュール打ち合わせのところを撮影してもらいました。
# by style_figure | 2006-02-18 10:30 | フィギュア | Comments(5)
男子SP 終了 フリーに向けて
 男子シングル SPが終わりました。まず最初の感想は、プルシェンコ選手はすごい!の一言です。4年前にはミスで金メダルを逃した経験があり、トリノでも同じようなことがあるのでは? そんな思いで見たのですが、まったく関係なかったですね。90点台は初めて見ました。2位のジョニー・ウェア選手の80点台もすごいのですが、90点台を見てしまうと、普通に思えてしまいます。大ちゃんの73点台も、ミスをした割には高い点数だったのですが……。
 
 さて、16日のフリーですが、やはり4回転ジャンプがカギになります。ジョニー・ウエア選手は、練習では4回転を跳んでいるという情報も入っていますが、SPを2位につけたことで、フリーで守りに入るか? それとも下を引き離すために跳んでくるか? それも見どころの1つです。
 大ちゃんは、4回転を成功させなければ、メダルの可能性は低いです。とはいえ、1つ心配が。今シーズン、試合で4回転が1度も入っていないと思います。それを本番できっちりと決められるか? SPでミスをしたトリプルアクセルもそうですね。前半の2つのジャンプ以外、後半のステップなどはほとんど心配ないので、ぜひ成功してもらいたいです。

 フリーは、プルシェンコ選手が1人抜けていて、2位争いが3人いて、そこから脱落した選手と、大ちゃんとで争う展開になりそうです。2位争いの選手がお互い牽制しあって、つぶれていくとメダルも見えてくるでしょう。オリンピックという大会では、例えプルシェンコ選手であっても、絶対に大丈夫ということではありません。大ちゃんがパーフェクトの出来であれば、メダルの可能性は十分あります。ただ、周りがメダルと言う分にはいいのですが、本人が意識してしまうとよくないですね。もう1人、カナダのサンドゥ選手。彼はSPかフリーかどちらかで必ず高い得点を出す選手です。SPが悪かった分、フリーで台風の目になるかもしれません。

 いずれにしろ、まだメダルのない日本だけに、大ちゃんが第一号になることを僕は願っています。
# by style_figure | 2006-02-15 15:19 | フィギュア | Comments(3)



J SPORTS STYLEトップ

関連サイト
田村岳斗さんの本拠地、京都アクアリーナ情報です。

Road toTorino 著者
snow time report
小田島賢

土屋ホーム スキー部監督
木下義幸

田村岳斗

三宮恵利子
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31




Copyright (C) 2005 J SPORTS Broadcasting Corporation
All Rights Reserved. No reproduction or republication
without written permission.
Copyright © 1997-2005 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム