KIRISAME DIARY 椿屋四重奏 KIRISAME DIARY 椿屋四重奏
椿屋四重奏 椿屋四重奏 PROFILE INFORMATION OFFICIAL SITE ARTIST DATA
RELEASE INFORMATION

NEW!!
Single
『マテリアル』
2010年11月24日発売

『マテリアル』

【初回限定盤】(CD+DVD)
WPZL-30242/3
¥1,300(税込)
WARNER MUSIC JAPAN

この作品を購入する

【通常盤】(CD)
WPCL-10883
¥1,000(税込)
WARNER MUSIC JAPAN

この作品を購入する

Album
『孤独のカンパネラを鳴らせ』
NOW ON SALE

『孤独のカンパネラを鳴らせ』

WPCL-10843
¥2,800(税込)
WARNER MUSIC JAPAN

この作品を購入する
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
excite music連載ブログ

◇ASIAN KUNG-FU GENERATION
◇Any
◇Aqua Timez
◇BECCA
◇bonobos
◇風味堂
◇GOING UNDER GROUND
◇ホフディラン
◇HOME MADE 家族
◇ジン
◇ねごと
◇BEADY EYE/OASIS
◇OCEANLANE
◇オレスカバンド
◇PE’Z
◇POLYSICS
◇レミオロメン
◇RYTHEM
◇RYUKYUDISKO
◇サンボマスター
◇サンコンjr.
◇SBK(スケボーキング)
◇スクービードゥー
◇SEAMO
◇sleepy.ab
◇SOIL&“PIMP”SESSIONS
◇SPARKS GO GO
◇高橋優
◇the pillows
◇TRICERATOPS(和田唱)
◇TRICERATOPS(吉田佳史)
◇椿屋四重奏
◇ウルフルケイスケ
◇ユニコーン
◇矢沢洋子
◇Yum!Yum!ORANGE
◇編集部

◆連載ブログの
バックナンバーはコチラ



おことわり

コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。 また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。

名古屋祭と京都祭
名古屋祭と京都祭_e0045775_1261837.jpg

京都の楽屋、終演後。

名古屋、今回もなごやは終始なごやかでした(ヤッチン語録より)
こちらも過去最多動員!
本当にありがとうね。
もちろん手羽先、あんスパ、味噌煮込み、天むすコンプリート。
うちのチームはいつも名古屋で太ります。

そして京都、ソールドアウト!
前回の磔磔も相当な盛り上がりでしたが、
今回も素晴らしかったです。文句なし。
おおきに。

あとね、二カ所とも男子率高い!
うれしいねえ。

そして、これは本当に苦渋の決断なんですが、
当分ダブルアンコールはやらない事にしました。
ここ2、3年、ツアーでのダブルアンコールが何故か恒例のものとなっていて
本当に気持ちは嬉しいんだけど、
これって本当はよっぽどの事がない限り普通は行わないもので、
当たり前のように付け足すものでは無いんだよね。

でも本当にありがたく思うから毎回やってました。
今回のツアーにしても名古屋まで全箇所。
「これって本当にいいのかな・・」って違和感を感じながら。
はじめからやらない方が良かったのかもしれないけど、
応えたい気持ちと同時に、なんかおさまりの悪い感じもあって。
でもやっぱりこの違和感を抱えたままやりたくないと思った。
ダブルありきで完結するような雰囲気が正直あったから。
何か追加注文しないと満足出来ないようなコース料理みたいで嫌だった。
曲数が一曲でも多ければ良いライブかって
そういう問題じゃないはずだし、
俺たちはメインで満足してもらえるようにセットも考えてます。
あくまでそれでやりきりたいんです。

申し訳ない、
異論は受け付けません。
俺たちはロックバンドです。
大前提として、俺たちは俺たちのやり方で皆と向き合うだけ。
何故俺がロックという表現を選んだか、が答えです。

わがままだからです。

器用に誰彼の要求に応じられないからです。
だから押し付けるしか無い。
でもやっぱり皆の事が大好きで、
心から楽しんでもらいたいと思っています。

長々とまわりくどい文章でどよ〜んとしちゃいそうですが、
カーニバルは間違いなく楽しいので全く問題ありません。
ただここでちゃんと言っておきたかったんです。ごめんなさい。

明日は三都シリーズ最終日、神戸です。
しかも念願のソールドアウト!何もかも忘れましょう。
でもうっかりチケットを忘れないように。
by tsubakiyablog | 2009-11-17 03:04
<< 神戸祭、鳥取祭 千葉祭 >>