きのう何使った?23 汲田日向子さんのガラスプレート

きのう何使った?23  汲田日向子さんのガラスプレート_e0253342_11075153.jpg
これは汲田日向子さんのガラスのスクエアプレート。かわいい。かわいすぎる。そしていまの私の気分にぴったり合う。迷わず持ち帰った。汲田さんはパート・ド・ヴェールというガラスの粉を型に詰めて窯で焼く(=ガラスを溶かす)技法と、吹きガラスという熱したガラス玉に空気を吹き込んでかたちづくる技法で作品を作る。こちらはパート・ド・ヴェール。この技法は細部までデザインにこだわることができたり、色の組み合わせや濃淡をじっくり考えながら作れるのが利点だと聞くけれど、焼成後、石膏でできた型を砕いて中にあるガラスを慎重に取り出し、そのガラスにはまだ余分な部分が残っているので丁寧に除いたり磨いたりして仕上げるという、なんとも根気のいるお仕事だ。なのに汲田さんの作品はそんな苦労を微塵も感じさせない。澄みわたった明るさにあふれている。二色のあいまいな境界線に、不安の絶えない世の中に寂しさを覚えつつも、できれば柔軟な発想で周囲の人と手を取り合って現状にさよならして未来に飛びたちたいという個人的な感情を投影した。見るたびに背中を押されるうつわになるはず。そういうのって、いい。Bye-Good-Bye.

作り手:汲田日向子
年代:2022年
購入場所:うつわshizen

きのう何使った?23  汲田日向子さんのガラスプレート_e0253342_11081220.jpg
きのう何使った?23  汲田日向子さんのガラスプレート_e0253342_11084093.jpg



by tsena | 2022-04-16 11:06 | うつわ | Comments(0)