プロフィール
トータス松本

トータス松本

本名:松本 敦(まつもと あつし)
ウルフルズのヴォーカル。
1966年12月28日うまれ
山羊座A型

アーティストデータ

リリース
Album 「FIRST」 FIRST

Album 「マイウェイ ハイウェイ」 マイウェイ ハイウェイ

Album 「NEW FACE」 NEW FACE

Album 「TWISTIN' THE NIGHT AWAY」 TWISTIN THE NIGHT AWAY

詳しくは、オフィシャルサイトへ!!


リンク
2009年 08月 25日 ( 2 )
トロフィー
e0174904_2002382.jpg

1999年七の月、
ノストラダムスの大予言は空振りに終わったが、
ウルフルズは三人になった。

しかし、活動をやめるわけにはいかない。

混乱のままアルバム作りに突入。

プリプロはバンドで行わず、
おれとプロデューサーの二人きりでスタジオに籠もる。


このアルバムにはシリアスなイメージがあるようだけど、
内容は今までと変わらず、
バラエティーに富んだものだ。

ただ、ひとり辞めてしまった事と、
「ヤングソウルダイナマイト」の妙な男前さが、
このアルバムを今までになく、
ウルフルズらしくないものに感じさせているのだろう。

「ヤングソウルダイナマイト」なんて、
ギャグのつもりだったのになぁ。
アレンジもPVも。

うまくハマりすぎたのだろうか。

あと、全体的に音が硬い。
HD録音の初期だったからだ。

この事も、暗く感じる原因だろう。

評価は大きく分かれ、
ウルフルズの将来には暗雲が立ちこめた(笑)。

つくづく思い出深く、愛すべき一枚。
by tortoise_m | 2009-08-25 20:00
サンキュー・フォー・ザ・ミュージック
e0174904_0544286.jpg

五枚目のこのアルバムは、まさに入魂だった。

みんな生き生きとしたプレイをした。
思いつきを貪欲に音にした。

「サンキュー・フォー・ザ・ミュージック」、
ド直球の表題曲。
「愛してる」の、Hi Sound への憧れ。
「R&R三部作」の楽しさ。
「星を見ていた」の渋いアレンジ。

シークレット・トラックを含めて、
このアルバムは音楽満載だ。

思い出すのは、ちょうど開催されていた長野冬期五輪。
メシの時はみんなで観ていた。

途中、仕事でハワイへ行かなければならなかったが、
それもまた刺激的だった。

とにかく、自信を持って世に送り出した一枚。
ツアーも大がかりだった。
by tortoise_m | 2009-08-25 00:54
エキサイト連載ブログ

当サイトに掲載されている記事および写真の無断複写、転載等の利用・使用はお断りします。
Copyright (c)1997-2013 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタ-トペ-ジに | BB.excite | Woman.excite | エキサイト ホーム