パリときどきバブー

パリを拠点に活動するフォトエッセイスト/ヘアメイク、とのまりこのフォトブログ。
飼い犬バブーとちびっ子パリジェンヌ達と、パリの日常をお届けします。
著書のパリのガイドブックシリーズも絶賛発売中♪
人気ランキングバナー

バブーはヨーロッパ何位?
人気ブログランキングに参加中
毎日必ずボクを押してね!

本と製品
お仕事
ドルカのパリ通信
KIRIN Cafe Deliキャンペーンサイト
集英社ハピプラ
パリのお役立ち情報コラム
るるぶパリ
パリ在住人気ブロガーがこっそり教える裏技PARIS!
アクセス・パブリッシング
連載「きゅるコロむ」
犬と一緒に世界を旅するコラム
世界文藝社
女性芸術作品集 MINERVA(ミネルヴァ) Ⅳ
オペラ座写真
株式会社オガワ
ユニバーサルデザイン シリーズパンフレット
ミレジム(Millesime)
オールドヴィンテージ コレクターが提案する
ワインライフ フランス・パリ通信
One Wave
犬と人の新ライフスタイル 情報マガジンOne Wave パリ特派員ブログ&パリカフェ情報コーナー
フェリーチェ(Felice)
ハッピーな気持ちが生まれるメイクスタジオ
「自分らしさを追求するモードの街パリ通信」
青山トップセラピスト
カレッジ パリ特派員情報サイト
パリParis秘密のパリジェンヌ
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2008年 4月号
ワールドルチェーレ パリ情報
ガールズビーヴァガボンド
(メディアファクトリー)内田春菊さん
コミックエッセイ 表紙/ヘアメイク
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2007年 創刊号
ワールドルチェーレ パリ情報
雑誌 天然生活(地球丸)
2007年9月号 特集 やっぱり大好き。
甘いもの「パリ・普段着の甘いもの散歩」
Honda Dog
人気ペットブロガーが教える 世界の愛犬生活
雑誌Loveカメラ(宝島社)
Vol.6 2月20日発売 人気ブログの写真に学ぶ
「 I love cats & dogs」
雑誌女子カメラ
Vol.2 (ローカス)
女子50人のフォトプロファイル
雑誌noi(ノイ) Vol.4
(ベネッセコーポレーション)コラム
「tonomarikoのウェディング通信」
「おてんばサル姉妹のPhoto Diary パリの冬休み」
ダイナースクラブ会報誌
フォトエッセイ 「フランスでペットと暮らす」
クイックメイク
パリ通信 日本セールス&マーケティング社

NEWS ニュース

       
  • 福岡・博多大丸 「ぼわっと」
  • 1階 ポップアップショップ 7月8日(水)〜7月14日(火)まで
  •    
  • 「ぼわっと」通販サイトがようやくオープン
  • shop@boite.tv から色々お買い物いただけるようになりました!
  •    
  • 「ぼわっと」通販サイトは福岡イベントが終わるまで
  • 一時的にクローズさせていただいています

どこにも楽しいところにいけない自粛生活が続く今だからこそ、解禁後の楽しみへの妄想ワールド期間にしようと思って。
フランスの美しい地方への旅の数々を思い出しています。
ブログでも紹介しようなんて思っていた旅とかもここ数年実はめちゃめちゃたまりまくっていて、これを機会にみなさんにも色々なフランス旅気分を味わっていただけたらいいななんて思い、出来るだけこまめにアップしていこうなんて思ってます。



南仏トゥールーズの屋内マルシェ_c0024345_11301084.jpg





パリときどきバブーを応援…




本来ならばこれからの時期、撮影&アテンドの旅なども多く楽しく忙しい時期のはず。
フランスが最も美しい季節に入ったところだし…。
今日の写真は南仏のトゥールーズの屋内マルシェ。



南仏トゥールーズの屋内マルシェ_c0024345_11303629.jpg


パリのマルシェでもいまだに行くたびにワクワクしますが、地方の自分が知らないところのマルシェに立ち入るのはさらにワクワク感が増します。
だから食いしん坊の私は、どこに行ってもついついマルシェ情報をまず調べてしまいます。
チーズ屋さんの横に無造作に置いてある(↑)カフェを飲んだ後の食器もとってもフランスっぽい♪
お店の人が飲んだのか、仲良しの常連さんが立ち話しながら飲んだのか。
どちらもありえるけれどこの自由な感じ。
とっても好き。



南仏トゥールーズの屋内マルシェ_c0024345_11301046.jpg


マルシェには肉屋も魚屋もチーズ屋も八百屋も。
それぞれのお店が何店舗も、いくつも入っていますが、特徴や人気の違いを観察するのも面白いのです。
同じ野菜を売っていても、人気のお店はずらりと長い行列ができていて、どんなに待とうともみんなそこで買う。
閑散としているお店はいつも閑散。
もちろん空いているからよくないお店だというわけではないですが、人気具合は自分が選ぶ時の一つの指標になったりするので観察していると面白い♪



南仏トゥールーズの屋内マルシェ_c0024345_11301005.jpg


あとはどんな客層の人たちが買っているかとか。
そのお店の中でもみんな何を買っているのか。
親しげに話す常連さんが何やら未知のものを買っていたりするのを見て、真似して買ってみたり。
時間があるときは同じマルシェの中をグルグル回って、色々観察して楽しみます。



南仏トゥールーズの屋内マルシェ_c0024345_11300911.jpg


ちなみに、コロナ騒動の今、フランスのマルシェは出来るだけ開催しないほうがいいとしつつも、各街の判断に委ねられているようで、地方は開催されているところも多いようです。
配達してくれるお店とかも多いみたいで、私の友人ファミリーの中にはマルシェのお店の配達をもっぱら利用しているという人もちらほら。

でも、「マルシェに子供はお断り」という張り紙があって問題にというニュースを見たり。
人との距離を保って並んだり、入場制限をしたり、ビニールシートで販売者と客の間を仕切っていたりといつものマルシェとは全く様子が違うので、このワイワイガヤガヤ賑やかないつものマルシェとは違います。
やっぱりマルシェはお店のムッシューやマダムたちの威勢のいい声が飛び交い、ワイワイガヤガヤ賑やかだからこそのマルシェ。
1日も早くいつものマルシェの姿が戻ってきますように…と願うばかりです。



南仏トゥールーズの屋内マルシェ_c0024345_11301050.jpg


最後の写真はマルシェ内に入っているレストランでのランチ。
イカのソテーにチョリソーのせ。
あ〜!!!
食べたいっ!!!
フランスのマルシェ。
マルシェ内に食べられる場所を併設しているところも多く。
つまりそれはマルシェの新鮮なものを使って提供される料理たち。
それが絶対的に美味しいものに出会える間違いない場所。
マルシェ併設食べどころを見つけたら、間違いなく吸い込まれる私たち。
おいしいどころ発見の秘訣です♪




↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

タグ:
by tonomariko | 2020-04-15 12:10 | フランスの旅 | Comments(0)

日本からのお客様のアテンド。
今回のパリからの日帰り旅のみなさんのご希望は「シャルトル」。
世界遺産の大聖堂がある町です。
毎月何本かフランスコラムを書かせてもらっているPARIS mag(パリマグ)でもシャルトルを紹介したのでぜひそちらもご覧ください♪
またブログでも追って紹介しますが!



パリからの「おとなの遠足」。シャルトルでマルシェ散策_c0024345_20132393.jpg






パリときどきバブーを応援…




今回はストライキの影響で前の日まで無事に「おとなの遠足」に出かけられるかわかりませんでしたが、電車が動くことを確認して朝早く出発!
電車が出るモンパルナス駅まではメトロもないのでバスやタクシーで工夫して。
なんとかたどり着く。



パリからの「おとなの遠足」。シャルトルでマルシェ散策_c0024345_20132229.jpg


ちょうどマルシェが開かれている日。
日本からきたお客様たちは、もちろん大興奮。
でも私も大興奮。
フランスに住んでいたら毎週のようにお世話になる身近な存在のマルシェですが、いつもとは違う場所のマルシェに行くと、ものすごく新鮮な気がしてテンションが上がります。



パリからの「おとなの遠足」。シャルトルでマルシェ散策_c0024345_20132339.jpg


いつも行くマルシェは、これから数日の献立を考えながら、真剣に買い物。
子供を連れて行ったら連れて行ったでたくさんの人混みをかき分けながら、ぐずる前に買い物を済ませようと大変だし。
子供をパパに任せて置いて行ったらいったで、早く買い物して帰らないと悪いかななんて思いながら持てるだけの荷物を抱えて買い物するし。
観光気分ではないので、慌ただしく楽しむ感じですが。
お散歩や観光で行った場所で遭遇するマルシェは余裕がありながら楽しめる場所だから、いつもとは新鮮具合が全く違います♪



パリからの「おとなの遠足」。シャルトルでマルシェ散策_c0024345_20132213.jpg


というわけで、私もみんなと一緒に大興奮。
マルシェって本当に見ているだけでワクワクします。

そしてやっぱりマルシェで買ったものは美味しい。
サラダの葉っぱひとつとっても。
農産物が美味しいフランスは、スーパーのサラダの葉っぱすら、すでに日本とは違いを感じますが。
スーパーとマルシェの葉っぱを比べたら、さらに格段の差。



パリからの「おとなの遠足」。シャルトルでマルシェ散策_c0024345_20132211.jpg



やっぱりマルシェで買う葉っぱはぜんぜん違うねえ。
なんて言いながら、昨日も山盛りのサラダを食べていた我が家。
特大サイズのステンレスボールいっぱいに入れた葉っぱ。
おとな2人であっという間に平らげてしまいます。




↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

タグ:
by tonomariko | 2020-01-30 00:54 | フランスの旅 | Comments(0)


季節ごとに変わっていく店先に並ぶ野菜や果物たちを眺めているだけでなんだかウキウキした気持ちになります。
ゴロゴロゴロゴロ。
無造作に積まれた野菜と果物。
形も色もいたみ具合も大きさも全然違う。



ゴロゴロゴロゴロ野菜に果物。パリの八百屋さん。_c0024345_21095269.jpg






パリときどきバブーを応援…




フランスは、基本的にkg単位のお値段だから(ものによっては1束いくらとか1パックいくらもありますが)、好きな色や形や大きさのものを選べばいい♪
今では東京ではあまりあちこちで見られなくなってしまったこういう八百屋さん。
パリではいたるところにゴロゴロと。



ゴロゴロゴロゴロ野菜に果物。パリの八百屋さん。_c0024345_21095375.jpg


保育園のお迎えから我が家に帰ってくるまでの歩いて20分くらいの間だけで、一体何軒あるのだろう??
今日はどこで買っていこうかなと迷う八百屋さんだけで7軒か8軒か・・・?
数分おきに無造作に積まれた野菜と果物の横を通りながら、
「あっ、にんじん!」
「トアト(トマト)!」
「りんご!」
「エローン(メロン)!」
「いーちーごーかーうー!」
...etc etc

プチモンスターのいちばんのお勉強の場。



ゴロゴロゴロゴロ野菜に果物。パリの八百屋さん。_c0024345_21095217.jpg


「これ、なーに?」
「柿だよ。秋が来たねー。」
「これ、なーに?」
「イチヂクだよ。保育園で食べたんでしょ?昨日」

と、季節を感じながらのおしゃべりができる。
都会に暮らしながらも、昔から変わらぬお店の姿があるからこそのありがたさ。
全部大きさ揃ってて、パックに綺麗に詰めてあって、ビニールやラップ越しにしか触れないのとは違う。



ゴロゴロゴロゴロ野菜に果物。パリの八百屋さん。_c0024345_21095303.jpg


(食べてくれないくせに)「にんじんかーうー」と、お店の人に「どうぞ」とレジで渡すのが楽しみでしょうがないプチモンスターと、今日も帰り道に八百屋に寄ろう。




↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

タグ:
by tonomariko | 2019-10-09 21:30 | パリの食 | Comments(0)


バカンスが終わったマルシェ(市場)。
毎週何十軒どころじゃなくて100軒以上かな。
お店が並ぶいつものマルシェは8月中、ほとんどのお店がお休みで歯抜けも歯抜け、5〜6軒に1軒くらいの屋台がたつという寂しい感じだったけれど、昨日の9月1日から完全にいつもどおりのマルシェに大復活。



日常に戻ったマルシェには秋の味覚がずらり_c0024345_22093711.jpg






パリときどきバブーを応援…




人気のお店は、八百屋や魚屋や肉屋全部に10人から20人くらいの大行列ができ。
(八百屋だけでも何十軒と並ぶマルシェの中のお店。当然人気店とそうでないところ、くっきり分かれるので行列が違います。そしてみんなお気に入りのいつものお店があるので立ち寄る場所がだいたい同じで顔見知り)
あ〜みんなそれぞれがみんな帰ってくるのを待ってたんだな〜。
と、私も行列に並びました。



日常に戻ったマルシェには秋の味覚がずらり_c0024345_22093655.jpg


「あ〜久しぶりだね!」
「どうだった?!バカンスは。」
「うん、よかったわよ。1週間海辺に。あとは田舎の家でダラダラね。」
店主と客の間で交わされる会話。

これが一通り終わってから、玉ねぎを3個だニンジンを5本だ・・・
って始まるので昨日は行列渋滞がさらなるひどい渋滞に。



日常に戻ったマルシェには秋の味覚がずらり_c0024345_22093667.jpg


あまりの渋滞ぶりに。
アンパンマンクッキーを食べ尽くし、ミルクも飲み干してしまったプチモンスターが暴れ始めたけれど。
秋の味覚が一気に増えている賑やかなマルシェで私も久しぶりに美味しい野菜たちをゲットしたいと、なんとかなだめすかしながら久しぶりにお買い物。



日常に戻ったマルシェには秋の味覚がずらり_c0024345_22093761.jpg


きのこの種類も一気に増えて。
秋だなあ・・・。



日常に戻ったマルシェには秋の味覚がずらり_c0024345_22093628.jpg


そして今日は9月2日、月曜日。
フランスの新年度が始まりました。
長いバカンス後の「新学期」というだけじゃなく、フランスは9月が「新学年」の始まり。
今日から一気に街を忙しそうに歩く人が増え、バスやメトロもいつもの混み具合に戻っていました。

さて、名古屋タカシマヤのフランス展に参加中の「ぼわっと」はついに明日火曜日が最終日。
裏方は任せろだけど、売り場は本当に苦手・・・と言っていた隊長もかなり接客のコツをつかんだようで、なんだかんだ毎日楽しそうに忙しそうに頑張っています。
遊びに行ってくださったみなさん、本当にありがとうございました!
最終日までどうぞよろしくお願いいたします♪



↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

タグ:
by tonomariko | 2019-09-02 22:28 | パリの食 | Comments(2)


3ヶ月弱パリにいなかったといういまだかつてない長い日本滞在だったので、パリの友人たちとも誰と会っても懐かしいくらい久しぶり。
1つの季節が過ぎるくらい久しぶりなのでこの間あったことを話してお互いの近況を話すだけでも1日じゃ足りない。
この日はプチ天使家へ急遽行くことに。


夕ご飯の1時間前になって急に人が来ることになっても、いつもオシャレでおいしいおもてなしをしてくれるプチ天使家、さすがです。
プチ天使家のごはんの本を出したいくらい。



久しぶりのプチ天使家で大集合♪_c0024345_19265308.jpg


ピアノの発表会を次の日に控え、この日は地方に住んでいるおじいちゃんとおばあちゃんも遊びに来ていて。
なんだか親戚のようにお付き合いしているので、我が家も久しぶりにおじいちゃん&おばあちゃんに孫を見せた気分に。



久しぶりのプチ天使家で大集合♪_c0024345_19265376.jpg


プチ天使姉弟たち3人は、次の日の発表会で弾く曲を順番に披露してくれました♪
ピアノを習い始めて、まだ楽譜も何も読めなかった頃を見ているだけに、親戚のおばちゃん気分に感動。
めっちゃ上達していました。
やっぱりピアノが弾けるって全世界共通でいい。
女の子も男の子も音楽はできたらステキ♪



久しぶりのプチ天使家で大集合♪_c0024345_19265277.jpg


メインはプチ天使家パパが作ってくれるお得意のオーブン料理。
豚肉のフィレを使ったオーブン焼き。
これもいつも簡単簡単、ただただ調味料をかけてオーブンに入れるだけって言うのだけど本当においしいんだよなあ・・・。
やっぱりちゃんとレシピにしたい。
どうやらハチミツとかニンニクとかハーブを使うのが美味しさの秘密らしいです。



久しぶりのプチ天使家で大集合♪_c0024345_19265223.jpg



今週は最高にいいお天気のパリ。
日も長くなって保育園帰りに公園に寄ることができる季節になっていました♪


↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

タグ:
by tonomariko | 2019-05-15 22:01 | プチ天使ちゃん&弟くん | Comments(0)


またまたとても久しぶりのブログ更新となってしまいました。
今までで一番ひどいブログの更新のなさっぷり。
知らないうちに「令和」に突入してしまいました。
今回の大きなイベントの連続により異例の長い長い滞在になっていましたが、伊勢丹も終わり無事に日本での仕事を終了!
あとはパリに帰るだけ。
なのですが、23日の伊勢丹が終わった次の日にでも帰ろうとしていたのですが、日本がゴールデンウィークに突入してしまうため飛行機のチケットが高騰。
そのため私たちが使っている安いチケットは使えないということでゴールデンウィークが終わるまで帰るのはお預けです。


というわけで、我が家はあと数日だけ、日本のゴールデンウィークが落ち着くのを待ってからパリに帰ります。
フランスでは5月1日のメーデーは「スズランの日」。
去年の今頃は一体何をしていたのだっけなあ・・・と思って写真を見返してみたら、カルカッソンヌや南仏プロヴァンスをアテンド旅行中でした。



去年の今頃は南仏プロヴァンスに・・・_c0024345_10455591.jpg


そういえば、このアテンドの旅の記事も途中で終わったままになっていたんだった・・・。
もう1年経ってしまったとは。
この時のお客様は3回目となったアテンド。
毎月「旅貯金」をしている方達で、パリやモンサンミッシェルやノルマンディー地方やロワールなど、パリから毎回ちょっとずつ足を伸ばして、3回目のこの時はついに1週間全てを南仏でという旅に。
南仏の空港で待ち合わせしてカルカッソンヌや南仏プロヴァンスの小さな村々などを巡りました。



去年の今頃は南仏プロヴァンスに・・・_c0024345_10455525.jpg


「これぞおフランス」というバカンスの過ごし方をしてみたいということで、カルカッソンヌではキッチンのある大きなアパートを借りて。
そして南仏プロヴァンスに移動してからは、大きな大きなプール付きのバカンスハウス、一軒家を借りて。
フランス人達がバカンスになると友人達と一軒家を借りたりしてのんびり過ごすというフランスらしい過ごし方をしていただきました♪



去年の今頃は南仏プロヴァンスに・・・_c0024345_10455564.jpg


もちろん私たち、欲張りに色々回りたい日本人なので、昼頃起き出してダラダラ飲み食いをして夕方前に出かける?!
というおフランス人的な過ごし方はしませんでしたが、プロヴァンスの小さな村々をめぐり、その先で開催されているマルシェで美味しいものを買い込んで、夜はキッチンで料理をして美味しいものパーティーというフランスの醍醐味を味わっていただくべく、南仏プロヴァンスの旅をプロデュースしてみました♪



去年の今頃は南仏プロヴァンスに・・・_c0024345_10455593.jpg



太陽をいっぱい浴びた南仏の野菜達はそのまま切って粗塩をつけたり。
軽く焼いてオリーブオイルをかけるだけで素敵なご馳走に。
楽しかったなあ・・・。
毎回ご希望の場所や内容などリクエストが全く違うアテンドはめちゃめちゃ楽しい。
今年はこれからどんなアテンドができるかなと楽しみにしています。
最近は1年のうち日本へ帰る期間も多くなってしまったので、アテンドや撮影やウェディングのコーディネートができる日程も少し限られるようになってしまいましたが、前もってお問い合わせいただいた方にはできる限り合わせるようにしています。
いつでも遠慮なくご相談ください♪



去年の今頃は南仏プロヴァンスに・・・_c0024345_10455567.jpg


南仏プロヴァンスで借りた一軒家(↑)。
大きな庭に大きなプールがついているバカンスハウス。
車がないと絶対にたどり着けないようなところにあるのがちょっと困ったポイントですが、ホテルに泊まるよりもはるかに安くこんな大きな素敵なところに滞在できるのが田舎のバカンスハウスならでは。
私もこんなセカンドハウスが欲しいなあ・・・。

今日、5月1日は「ぼわっと」お休みさせていただいています。
5月3日からは「ラ・フォル・ジュルネ」という世界最大級のクラシック音楽祭に参加する「ぼわっと」。
(実は毎年参加しています)
明日が搬入なので、ぼわっと隊長こと我が家の旦那さまは今日も朝から荷造り作業。
昼も夜も日本滞在のほとんどを倉庫で過ごしたのではないかというぼわっと隊長。
最後の一仕事をがんばってもらいましょう・・・。

私とバブーは明日2日と3日の午後はぼわっとにいる予定です。(3時以降くらい?)
今回の滞在最後のお店出勤、もしよろしかったら遊びにいらしてくださいね。



↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

タグ:
by tonomariko | 2019-05-01 11:14 | フランスの旅 | Comments(0)

バブー家の元旦



2日のパリ。
新年を迎えましたモードは特になく、2日の今日から世の中は通常営業。
保育園も今日からすでに始まりました。
(幼稚園や小学校など学校は来週からのようですが)
日本人的にはお正月のダラダラなく2日から動き始めるモードにするのがちょっと難しい!
早起きして連れて行くのが面倒くさいなんて思ってしまいながら、なんとか体を動かして保育園に到達。
というわけで、バブー家ではフランス流に今日からがっつり仕事モードに突入しています。




もう久しくしていなかったおせち料理作り。
今年はパリでできる限りの範囲でがっつりと作りました。
季節ごとの日本の行事はちゃんと体験してもらおうと。
せっせとプチモンスターが起きだす前に、早朝から母ちゃんは頑張りました。
ま、とはいえおせちなんて1歳児にわかるはずもなく・・・。
口に入れてみてはペッと吐き出す・・・。
もぐもぐ食べてみるのは、雪だるまカマボコ。
よりによって唯一手作りじゃないカマボコかっ!!
とがっくしですが、バブー家みんな元気に2019年を迎えることができました。



バブー家の元旦_c0024345_23522466.jpg


バブーじいさんは一人でのんびり寝正月zzz。
気持ちよさそ〜うに1日中スヤスヤ寝て。
たまにおやつが欲しいと起き出してきて。
キッチンのあたりをうろうろ。
おせちを作っている時は、鶏肉だの牛肉だの、肉の何かを作っている時だけなぜか真下によってきてアピール。
肉の匂いを嗅ぎつけるイヌの嗅覚。
さすがだわ〜。



バブー家の元旦_c0024345_23522447.jpg



さて、今週はガレット・デ・ロワも本格的にスタートする週。
今年はどこのガレット食べようかな。
どこのフェーブが可愛いかな?!



↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

タグ:
by tonomariko | 2019-01-03 00:21 | バブー家の食卓 | Comments(0)


パリはこの1週間弱で突然冬に。
一気に気温が下がって。
慌ててコートやブーツやヒートテックを出して。
バブーにも散歩の時はコートを着せて。
ベビーカーにもカバーをつけて。



毎日「なべ」を思い浮かべてしまう季節になっています。

逆に中央暖房のアパルトマンの中はどんどんどんどん暖かくなるので、Tシャツ&短パン。
外に出る時は一度バルコニーに出て気温を確かめて。
という冬特有の温度差生活になりました。



バブー、プチモンスターから逃げる日々?!_c0024345_21414021.jpg


バブーとプチモンスターは、こんな風に近づいて座ることは希。
最近は全然撮れないレアショット。
布団にくるまっているバブーに奇襲攻撃をかけたり、バブーが吠えれば吠えるほど喜んでちょっかいを出したり。
そんなことばっかりだから、おじいちゃん犬的には毎日できるだけ離れたところでひっそりしていよう作戦です・・・。



バブー、プチモンスターから逃げる日々?!_c0024345_21413906.jpg


寒くなって週末のマルシェへの人手もゆっくりのんびりですが。
マルシェには秋の味覚が並び。
おいしいメニューを考えているとちょっと体がホカホカしてくるような気になるのは気のせいかな???



バブー、プチモンスターから逃げる日々?!_c0024345_21413904.jpg


マルシェのお店を通りかかるたびに、ハムだのチーズだの。
いっちょまえのものをいただくプチモンスターは。
赤ちゃんのものでは満足してくれないような一面も・・・。
こんな本格的なチーズをこんな小さい頃から覚えてしまっていったいどうなるのだろう。



バブー、プチモンスターから逃げる日々?!_c0024345_21413972.jpg


もうちょっと大きくなるまではチョコレートも塩分も控えめになんてことはこの国じゃムリムリ。
ってことで諦めて。
ホンモノ志向でいろんな味を覚えてもらうことにしようか・・・。




↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

タグ:
by tonomariko | 2018-11-01 22:15 | 子犬っ子バブー | Comments(0)


カルカソンヌから毎日南フランスの観光地を巡る今回のアテンドツアー。
その日の目的地に向かいながら、おいしそうなものや、気になるものがあったらぶらり途中下車の旅♪




この日は、フランスならではの見どころとお土産のひとつ、料理にも欠かせない「塩」を求めてのぶらり途中下車。
ピンク色に広がる塩田に併設されている「塩」ショップへ。



塩田にぶらり途中下車。そして豪華な「おやつ」?!_c0024345_16350229.jpg


ナチュラルな塩はもちろん、ニンニク、ローズマリー、フヌイユ、バジル、コリアンダー、唐辛子、レモンetc。
ハーブなどが入った好きな味を選んで、「ガリガリ」容器に入れます。



塩田にぶらり途中下車。そして豪華な「おやつ」?!_c0024345_16350256.jpg


お料理上手な主婦の方ばかり。
みなさんお友達のおみやげにもまとめ買い。



塩田にぶらり途中下車。そして豪華な「おやつ」?!_c0024345_16350278.jpg


そして同じ敷地内には、海の幸が食べられる「海の家」的なレストランが。
まだ午前中でしたが、こんなところにきて食べずに帰るわけにはいかない!
と、午前中の「おやつタイム」決行。



塩田にぶらり途中下車。そして豪華な「おやつ」?!_c0024345_16350289.jpg



生牡蠣、カニ、巻貝など海鮮盛り合わせをいただき。
これ、本当に「おやつ」の量なのか・・・。
という山盛りでしたが。
「おやつ」ですがもちろん白ワインも一緒に♪



塩田にぶらり途中下車。そして豪華な「おやつ」?!_c0024345_16350353.jpg



特に有名でもなんでもない田舎町で立ち寄る、こういうところこそ美味しいものがいっぱいあったりして。
今回も塩だけでなくおいしい「おやつ」にも出会い朝から大満足。



塩田にぶらり途中下車。そして豪華な「おやつ」?!_c0024345_16350300.jpg



さらに車を進めて、海辺の人気バカンス地へ向かいます。




↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

タグ:
by tonomariko | 2018-10-10 16:49 | フランスの旅 | Comments(0)


9歳の姪っ子がひとりでやってきたと書いたものの、「ぼわっと」のじゅんこさんから
「姪っ子じゃなくない??」
という指摘が入ってはたと気づく。
そう、この子は私の姪っ子じゃない!
いとこの子供じゃないか!
と、大きな大きな間違いをしていた大間抜けな私です。

小さなころから可愛がってくれた大好きないとこのお兄ちゃん。
そしてそのいとこのお兄ちゃん夫婦の新婚旅行(フランス&イタリア)まで完全に一緒に行ってしまったくらいお嫁さんにもかわいがってもらって。
その大好き夫婦の娘だから、もう完全に存在は「姪っ子」で、なんの疑問もなく私の中で姪っ子という存在になってました(笑)。




よくよく考えたら、姪っ子じゃなかったんだなあ〜。
さてさて、そんな彼女と友達の子供セット。
2年生と4年生を連れたノルマンディー地方の旅。
途中雨が降ってしまった日はチーズ工場の見学に。



チーズ工場の見学と搾りたて牛乳_c0024345_17541303.jpg


ノルマンディー地方は車を走らせていればあちこちに牛が放牧されていて。
牛乳にチーズにバターの名産地。
この地方のチーズのひとつ、「LIVAROT」(リヴァロ)チーズを作る工場を見学してきました。



チーズ工場の見学と搾りたて牛乳_c0024345_17551684.jpg


小学生2人、フランス語の説明はわからなくてもカメラを構えていっちょまえに社会見学。
工場は、午前中に来た方がラインが動いているところを見れるとサイトに書いてあったけれど、12時の鐘とともに見事に全員いなくなり、ラインがストップし笑ってしまいました。
見学&販売をうりにしているなら交代制にすればいいのに〜と思ってしまうのはやっぱり日本人だからなんだろうか・・・。



チーズ工場の見学と搾りたて牛乳_c0024345_17541341.jpg


ノルマンディーでは、友人のお家に宿泊させてもらって。
パン屋さんすら隣町からトラックでやってくる田舎の小さな小さな村。
すぐお隣は牛農場。
ぴったり18時にいけば、搾りたてのの牛乳を売ってくれるらしくみんなで空き瓶を片手に搾りたて牛乳をいただきに。



チーズ工場の見学と搾りたて牛乳_c0024345_17541433.jpg


小さな虫1匹で大騒ぎの都会育ちの姪っ子(じゃなかったいとこの子)は・・・
ハエがすごすぎる〜。
え〜牛乳あったかくて気持ちわるい〜。
くさ〜い。
と大騒ぎだったけれど。
東京のど真ん中じゃなかなか体験できないものをどんどん体験して帰ってね♪
フランスに着いて1週間ちょっと。
最近は最初の数日ほど虫で騒がなくなったような気がします。
少しずつたくましくなっているか?!




↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

タグ:
by tonomariko | 2018-08-17 20:10 | フランスの旅 | Comments(0)
Copyright‐©2005-2018 tonomarikoAll Rights Reserved.