パリときどきバブー

パリを拠点に活動するフォトエッセイスト/ヘアメイク、とのまりこのフォトブログ。
飼い犬バブーとちびっ子パリジェンヌ達と、パリの日常をお届けします。
著書のパリのガイドブックシリーズも絶賛発売中♪
人気ランキングバナー

バブーはヨーロッパ何位?
人気ブログランキングに参加中
毎日必ずボクを押してね!

本と製品
お仕事
ドルカのパリ通信
KIRIN Cafe Deliキャンペーンサイト
集英社ハピプラ
パリのお役立ち情報コラム
るるぶパリ
パリ在住人気ブロガーがこっそり教える裏技PARIS!
アクセス・パブリッシング
連載「きゅるコロむ」
犬と一緒に世界を旅するコラム
世界文藝社
女性芸術作品集 MINERVA(ミネルヴァ) Ⅳ
オペラ座写真
株式会社オガワ
ユニバーサルデザイン シリーズパンフレット
ミレジム(Millesime)
オールドヴィンテージ コレクターが提案する
ワインライフ フランス・パリ通信
One Wave
犬と人の新ライフスタイル 情報マガジンOne Wave パリ特派員ブログ&パリカフェ情報コーナー
フェリーチェ(Felice)
ハッピーな気持ちが生まれるメイクスタジオ
「自分らしさを追求するモードの街パリ通信」
青山トップセラピスト
カレッジ パリ特派員情報サイト
パリParis秘密のパリジェンヌ
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2008年 4月号
ワールドルチェーレ パリ情報
ガールズビーヴァガボンド
(メディアファクトリー)内田春菊さん
コミックエッセイ 表紙/ヘアメイク
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2007年 創刊号
ワールドルチェーレ パリ情報
雑誌 天然生活(地球丸)
2007年9月号 特集 やっぱり大好き。
甘いもの「パリ・普段着の甘いもの散歩」
Honda Dog
人気ペットブロガーが教える 世界の愛犬生活
雑誌Loveカメラ(宝島社)
Vol.6 2月20日発売 人気ブログの写真に学ぶ
「 I love cats & dogs」
雑誌女子カメラ
Vol.2 (ローカス)
女子50人のフォトプロファイル
雑誌noi(ノイ) Vol.4
(ベネッセコーポレーション)コラム
「tonomarikoのウェディング通信」
「おてんばサル姉妹のPhoto Diary パリの冬休み」
ダイナースクラブ会報誌
フォトエッセイ 「フランスでペットと暮らす」
クイックメイク
パリ通信 日本セールス&マーケティング社

NEWS ニュース

       
  • 今年も「ぼわっと」イベントがいっぱい
  • 「ぼわっと」ツイッターやインスタグラムもチェックくださいね!
  •    
  • 伊勢丹新宿「ぼわっと」フランスウィーク連動企画 5階センターパーク
  • 4月10日(水)から4月23日(火)まで
  •    
  • 蔦屋書店(中目黒店)内 「ぼわっとコーナー」
  • 好評につきしばらく開催中

タグ:子供 ( 969 ) タグの人気記事



昨日14日はフランスの革命記念日。
シャンゼリゼ大通りでの軍事パレードが行われ、夜はエッフェル塔の花火大会。



c0024345_22083629.jpg






パリときどきバブーを応援…




我が家は毎年恒例のエッフェル塔が見える素敵な友人宅で花火を待ちながらパーティー。
今年の14日はかなり気温が低くてちょっと寒かった。
花火は日が落ちる23時から始まるのでかなり長い間待たなくてはいけないのでみんなあったかな格好を持ち寄って。
昨日はかなり秋に近いお天気でした。



c0024345_22083648.jpg


14日、革命記念日の日を境に、またまたグッとパリの人口が減りますが、残っている組はみんなどこかしらに集まってパーティーというパターンが多いのかな。
当然ながら、エッフェル塔の見えるお家は特等席。



c0024345_22083737.jpg


周りのお家もみんなホームパーティー。
夕方から楽しそうにおしゃべりする声が聞こえてきていました。



c0024345_22083638.jpg


今年は5ファミリーで集まったけれど、そのうち半分は日本に行ってしまっていたり、田舎のおばあちゃんの家に預かられていたり。
バカンスに入った途端、親元を離れ、親は仕事をしながらもいつもとは違うのんびりした子供なし生活を楽しむ。
子供は親のいないところで夏休みを楽しむ。
フランスの典型的なバカンスパターン。
すごいなあ・・・。



c0024345_22083790.jpg


というわけで、プチモンスターの相手をしてくれるのはお兄ちゃん1人でしたが・・・。
この2人のはしゃぎっぷりが・・・。
周りのどんなどんちゃん騒ぎをしているフランス人の家よりもうるさかっただろうなあ・・・。



c0024345_22083760.jpg


よっぽどはしゃいで楽しかったのか。
今日は保育園の入り口に到着するまで爆睡し続けていましたzzz



↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

by tonomariko | 2019-07-15 22:29 | パリのイベント&エンタメ | Comments(0)


なんでもない日もこども達にとっては特別。
毎日学校のあとも週末も1日中大冒険しないといけないから。
大人は何をさせようかと大変だけど、パリには歩けば公園に当たるってほど大小様々な緑の公園が多いから、いつものご近所さんに出かけるだけで大冒険になります。



c0024345_15035622.jpg






パリときどきバブーを応援…




特別なところに出かけなくても、のびのびと安心して遊びまわれるところが多い環境は本当にパリの素晴らしいところ。
プチモンスターの保育園はまだまだ今月いっぱいあるものの。
フランスの学校はもう終わってしまったし。
世の中のお母さん達は朝からお出かけとか大変そうです。
(共働きがほとんどだから、学校が休みに入ると交代で休みを取って面倒を見ている人も多いし、おばあちゃんやおじいちゃんが面倒を見ているパターンも本当に多い)



c0024345_15035737.jpg


プチモンスター、この日は可愛い女子3人とデート。
お姉ちゃん2人と、まだ0歳の妹ちゃん。
面倒見のいいお姉ちゃん2人に教えてもらって、プチモンスターのチャレンジタイム。



c0024345_15035729.jpg


どんどんなんでもできるようになっておくれ♪
いつものマネージュ(メリーゴーラウンド)も、一緒に乗るお友達がいると楽しそう。



c0024345_15035766.jpg


そうそう、マネージュといえば、いつもの公園のこのマネージュ(↑)。
プチモンスター達が乗っているこのバス(↑)は、中に広い椅子があるだけでシートベルト的なものは付いていません。
他のヘリコプターとか船とか車とかは1人シート用のところにはシートベルトが付いてるものが多いので、いつもはシートベルト付きの方へ。
ずっと前、マネージュというものにちょっと慣れ始めてプチモンスターが調子に乗り始めた頃、このシートベルトなしのバスに乗って予想通りに立ち上がって、まるでバク転しているみたいに中で1回転してしまったことがあるので、そりゃそうなるよね・・・。
と、反省してそれ以来はいつもシートベルトのあるものに乗せるようにしています。
でも今回は久しぶりに試してみて。
一緒に乗ってくれるお姉ちゃん達がいたら、ちゃんと座ってました。
よし、ちゃんと学んでね。



c0024345_15035726.jpg


ぐるぐる回るマネージュの周りには特に何も柵などはなく(けっこう危ない)、よく「危ないわよ!!」て怒られる子を見かけるし。
当たり前だけど、よくぐるぐる回っている間に立ち上がっちゃう子供も多いし。
我が家のプチモンスターのように中でぐるりと回転して転んでいる子とかも見かけるし。
だけどそんなちょっぴり危ない部分も含め、それにどう対応するか、この国は全て自己責任。
「シートベルト付いてなくて危ないじゃない!」
「周りに柵がないと危ないじゃない!」
「係員が全部見てないとダメじゃない!」
ということにはなりません。
みんなで見てる。
だからこそ昔ながらのマネージュがそのままレトロな形で残るわけだし。
何かが起こった時の責任を負わなくていいように徹底的にその危険性を排除するために色んなことに制限が出てしまう、色んなことがダメになってしまうよりもとっても心地よい気がします。



c0024345_15035624.jpg



今日もパリはいい天気。
そしてパリは相当数の人がすでにバカンスに出てしまっているので、なんだかすでにガランとしています。
保育園もすいているし。
いつもは見つけるのに大苦労する路上パーキングスペースもガラガラだし。
パリの空気全体がのんびりしています♪



↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

by tonomariko | 2019-07-10 15:47 | パリの公園 | Comments(0)


今年は久しぶりにプロヴァンの中世祭りに行ってきました。
旧市街には中世の街並みが残る世界遺産の街プロヴァン。



c0024345_02544828.jpg






パリときどきバブーを応援…




素敵な街並みだけではなく、週末やバカンス中は中世の騎士たちの馬のショーや鷲や鷹のショーなど大人も子供も楽しめるエンターテインメントもいっぱいの街。
パリから割と近く日帰りの旅ができるのも魅力の街で、このブログではもちろん、コラムやガイドブックでも何度か紹介してきている大好きな場所です。



c0024345_02544807.jpg


ちょっと前にこのブログの中で、地方を旅した時に田舎の小さな街で開催されていた中世祭りに遊びに行ったと書いたのですが、フランスは国中色々なところに中世の街並みが残る村や町が残っているので、その「ホンモノの舞台」を使った「中世祭り」というイベントや中世関係のスペクタクルががものすごーく多いのです。



c0024345_02544724.jpg


↑初参戦となるプチモンスター、音楽隊を見つけるたびに走っていって参戦するという・・・なかなかの度胸?!

このプロヴァンの中世祭りはとても規模が大きいもので、さらにパリからの日帰り旅行も可能ということで観光客もたくさんやってくる人気イベントです。
(だって街の旧市街エリアに入るのに1人12ユーロの入場料金を取るくらいですもん。かなりのイベントです。)
15年くらい前に行ったときは、まだまだなんだかのんびりしたイベントだったような気がするのですが、テレビで紹介されたり年々有名になってどんどん観光客も増え、数年ぶりに行った今年はこんなに歩けないほど人がいたっけ?!
と驚くくらいの混雑ぶりでした。



c0024345_02544884.jpg


前は色々なものに簡単に近づけたのに、もう人垣がすごくてなかなか近づけない・・・。
さらに今年は最高にいいお天気(というか猛暑の入り口という感じ)だったので、美しいお祭り日和だったけど人手もすごかったのかなあ。



c0024345_02544759.jpg


フランスの子供の大好きなもの(大好きなコスチューム)。
女の子は圧倒的にプリンセス。
そして男の子は海賊かこの中世関係の騎士とか。
いわゆる日本でいう「戦隊モノ」の代わりが中世の騎士なのです。



c0024345_02544735.jpg


こんなに日常に「中世」があれば自然にちびっこ達が大好きなものになります。
こういうイベントでも子供用の中世の仮装用のコスチュームや木や発泡スチロールででできた剣や盾や仮面などがたくさん売られています。
日本で言えば「武士」「サムライ」「姫」「忍者」的なものなのか?!
フランスの中世ものの方が圧倒的に全国民の全子供に親しみを持たれていてちょっと羨ましいくらい。
こういうものに親しみがあれば、なんとなく歴史とかも頭に入ってきやすいのではないかなあ・・・などと。



c0024345_02544789.jpg


2日間の中世祭りの大きなイベント、パレードに参加する人たちもすごい仮装をしてウロウロ。
まるでディズニーランド状態で子供達は大喜び。
プチモンスターも真っ先に走っていってご挨拶だけど。
下層の方々、炎天下の中、暑そうでお疲れ様・・・泣。
と心の中でたくさんつぶやきました。



c0024345_02544827.jpg



ドラゴン使いのムッシューが操るドラゴンにすっかり魅せられて。
100回くらいバイバイして離れず。
めいいっぱい中世祭りを楽しんで。
今年もプロヴァンを堪能しました。



c0024345_02544804.jpg



プロヴァンは、この中世祭りの2日間以外も、シーズン中は様々なショーをやっていたりするので割と盛り上がっていますが、オフシーズンにはどこに人がいるの?!
ってほど静かな世界遺産の姿になります。
(お店などもほとんど閉まるちょっと寂しいくらい静かな町に)
季節ごとに違う姿、賑やかさを見せるプロヴァンの町とても魅力的なのでぜひみなさん足を伸ばしてみてくださいね。




↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

by tonomariko | 2019-07-05 03:33 | フランスの旅 | Comments(2)


明日、日曜日以降はまた少し気温が落ち着くのだと思われる(天気予報の通りだと信じたい)パリ。
とはいえヨーロッパの場所によっては45度なんてとんでもない気温になってしまったようですが、パリはおととし、去年と続いた猛暑の日々よりは少しはましな感じで、なんとか耐えられる感じでした。
よかった・・・。
とにかく湿度は日本に比べたらぐっと少ないので、木陰に入ったり風が吹けば気持ち良いのですが、バスやメトロやお店の中がすごい!
イメージとしては、暑い道路を歩いてそのままさらにモワッとするサウナに入っていく感じです。
めちゃめちゃ暑いところから、電車やお店に入ると寒すぎるくらいひんやりする日本とは真逆の体験。
結構これが強烈で、私は「訓練」だと思い込むことにしながら毎日バスやメトロに乗ってます(笑)。



c0024345_22263283.jpg







パリときどきバブーを応援…



ジメジメして、これが毎日毎日続いて、日本の方がよっぽど辛いからパリなんて余裕だし。
ここでこの「訓練」をしておけば、例えば日本の夏で停電が起こって何日間も電気が使えずクーラー使えずとなった時に私は多分強いぞ。
と、訳のわからない理由を作ってはバスの中でダラダラ汗をかきながら、「ひとり訓練」。

本日土曜日は、またまた朝から強烈な暑さで(我が家が周りに何一つ遮るものののない一番上の階だからあっという間に気温が上がる)、プチモンスターは朝からベランダで水浴び。
バブーおじいちゃんはひたすら昼寝。



c0024345_22263246.jpg


そうそう、こんな時に超オススメなカフェの飲み物が「シトロン・プレッセ」。
コップ3分の1くらいにレモンをそのまましぼった原液レモンが入ってきて。
好きな割合で水で薄め、砂糖を入れて(こちらにはガムシロップはないからグラニュー糖を入れて混ぜる)好きな味にしていただきます。
どこのカフェでも必ずあって、「オレンジ・プレッセ」と「シトロン・プレッセ」がありますが、私はいつも「シトロン・プレッセ」。
疲れた時なんかにも最高で、しぼりたてのレモンの酸っぱさに「ヒョーー」となりながら、気分爽快。さっぱり。
なんだか元気になるのです。

問題は、発音が難しいってことくらいでしょうか・・・。
「Citron pressé」
「スィトロン」と「スィトホン」の間くらいの発音で最初の「スィ」が「シ」だとなぜか絶対に伝わらない。
でもってフランス語特有の「R」の発音も加わって「レモン」がなかなか通じないのだ。。。
でもってさらに後半にも「プレッセ」という「R」の発音も入ってくるし。
昔々、語学学校でど〜うしても「Citron」の発音が直しても直しても違うと言われ続け、先生と喧嘩してフランス語が嫌になってフランス語は諦めたというのは我が家の旦那様の自慢の話・・・ですが。
そんな感じで注文の際、通じにくいというのがタマニキズなのですが、とにかく暑い時にも疲れた時にもオススメのカフェメニュー。
どうぞお試しを♪



c0024345_22263347.jpg


「シトロン・プレッセ」はまだ早いボクはお家でこれ。
今日も昼寝の時間だよって言われてから3時間以上粘り続けて、ママを困らせてます。
寝ないモンスター。
寝てくれーーーー。


↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

by tonomariko | 2019-06-29 22:56 | パリの食 | Comments(2)


今週のパリは猛暑!
とにかく日が長いこの時期の猛暑は、太陽様ののぼっている時間が長すぎてかなりのダメージ。
何しろピークが午後から夕方過ぎにやってきて、そのまま夜遅くまで街中がガンガン熱され・・・。
昨日も夜8時過ぎまでベランダのミニプールで水浴びをさせていたくらいあづい・・・。
夜中過ぎにようやく全ての熱がさめてきたのかなあと涼しくなってくる感じです。



c0024345_18191333.jpg






パリときどきバブーを応援…



普段から温室のようにあたたかい保育園(もちろんクーラーはない)は朝から熱帯パークのようになっていて。
みんなオムツ一丁にされて(パンパースのCMかという状況になっていて迎えに行った時の光景がめちゃめちゃ可愛い♪)霧吹きとかで水をかけられながら過ごしているよう。
先生たちも、それはバカンスの海辺で着るようの洋服ですかっていう薄いテロンテロンのリゾートミニワンピにビーサンという姿で頑張ってくれてました。
ここ数年は毎年のようにありえないような猛暑が続いているパリ。
パリの一般家庭でクーラーが当たり前になるのももう時間の問題かもしれません。
最近たまにメトロやバスでもクーラーつきのもあるのですが、クーラーというよりは送風機。
全く涼しくないからみんな勝手に小さな窓も開けちゃったりして全く機能も果たせていないし、乗り物は相変わらずサウナって感じになってます・・・。



c0024345_18191337.jpg


今週はあまりにも暑すぎて、公園に行く勇気もないけれど。
普段は保育園の帰りには公園に寄り道。
ありあまる体力を使い果してもらっています。
この間は小さなイベントが開催されていて、あやしい着ぐるみの人形や音楽隊やお料理イベントなんかをやっていてプチモンスターも大喜び。



c0024345_18191346.jpg


最近色々なことがわかるようになって「こわい」というものが多くなってきているプチモンスターですが、こういう着ぐるみ系には抵抗がないらしい。
これも生まれた時からいっしょにいバブーのおかげだろうか。



c0024345_18191446.jpg


小さなコックさんコーナーでは子供用のコック帽やエプロンまでもらって(こんなのあるんだなあ♪)、パン焼き体験。
みんなめっちゃ公園で遊んでいる途中なのに、おててはそのまま洗わずにってところがおフランス。
だからただ生地をこねておままごとごっこみたいに体験するだけのコーナーなのかと思ったら、しっかり名前を書いてオーブンで焼いているし。
食べるんかいっ!
と思ったけれど、こうやって菌に強くなっていくんだろう。。。
我が家も日本人家庭だから、ウェットティッシュを常に持ち歩くとか、帰ってきたら一応手を洗うとかはちゃんとしているけれど、ノー抗菌生活だし、神経質じゃなさすぎる日本的にはもしかしてアウトな生活を送っていますが。
なんだか色々な面で菌に強くなっているんじゃないかと実感することが多いです。
さすがに砂場やアスレチックで遊んだ手は拭いてからこねて欲しかったけど・・・苦笑。



c0024345_18191396.jpg



今週で私立の幼稚園や小学校はおやすみ。
来週で公立の幼稚園や小学校はおやすみ。
今週末から一気にパリの人口が減りはじめます。




↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

by tonomariko | 2019-06-27 19:05 | パリの公園 | Comments(0)


プチ天使ちゃんのお姉ちゃんと妹ちゃんが習い事「コメディー・ミュージカル」の発表会を見に行ってきました。
「コメディー・ミュージカル」、フランス語で「ミュージカル」のことです。
なぜかフランスでは「コメディー」を前につけないと「ミュージカル」になりません。


毎週3時間のクラスに通っている2人。
ミュージカル大好き。
ディズニー大好き。
と、めちゃめちゃ話が合う2人になってます♪
私がミュージカルやディズニー関係のちょっと「オタク」な一面を見せると、めっちゃ目を輝かせて喜ぶ2人の舞台。



c0024345_22200675.jpg


今年の演目は『レミゼラブル』。
歌って踊って練習しているのをこの1年見てきたので、まるで家族のように楽しみにしてました。
フランスの習い事は学校と学校のバカンスに合わせてあったり休みだったりするので、9月始まりで6月が年度末。
というわけで発表会などもこの6月にあるのです。



c0024345_22200672.jpg


私も実はフランスに来てから何度も何か習いに行きたいなあ〜。
と覗きに行ったことがある結構有名なダンスセンター。
そこの子供コースのミュージカルの習い事です。

敷地内にめちゃめちゃ可愛い小さな劇場があって。
6歳から12歳くらいまで年齢別のいくつかのクラス合同でされる演目。
『レミゼラブル』なんて難しい演目、有名な歌だけいいところどりしてやる感じかと思ったら、半分くらいに短縮されているとはいえ、がっつり1時間半『レミゼラブル』のお話通りになぞるミュージカルでした。



c0024345_22200723.jpg


歌が上手な人にって出会ったことのないおフランス。(失礼!)
(何しろ学校の音楽の授業では合唱とかはやらない。カラオケ文化もない。というわけでみんな結構歌は下手。日本人ってカラオケ行ってもなんとなくみんなまあまあ上手だったりしませんか?!あれは絶対に小さい頃からなんだかんだみんなで歌ったりハモったりする機会が多い賜物だと思われます。)

そして協調性を求められるチームプレイも苦手なおフランス(失礼!)
(これも学校で運動会があってみんなでラジオ体操だの行進だのダンスだの組体操だのをやらなくてはいけないという「協調性」を小さい頃から叩き込まれる日本ならではなのかもだけど、本当にフランス人苦手です)



c0024345_22200761.jpg


というわけで、そういう面ではやっぱり「グダグダ感」は否めない舞台でしたが・・・。
(パリの日本人幼稚園の先生をしているプチ天使ちゃんママが、「毎年幼稚園がやっている園児によるミュージカルの方がある意味上手だよね。」と感想をこぼしていましたが、一理ある・・・笑)
でも、子供たちがもう可愛すぎて完全に雰囲気が出るので見ごたえたっぷり。
衣装やメイクもさすがフランスと思うセンス。
なんだか「こどもミュージカル」じゃなくてちゃんと「アートな舞台」が出来上がっているのがすごい。
この「こどもこども」しないセンスというのは本当に日本とは正反対な文化なのでなんだか色々考えてしまいます。
それにしてもプチ天使ちゃんのお姉ちゃんと妹ちゃんは満足気でよかった♪
彼女たちは今、本気で大きくなったらミュージカルをやりたいと思っているようで、うん、うん、わかるよその気持ち♪
と思いながら私がこれからも陰ながら応援していこうっと♪



c0024345_22200780.jpg


いくらダンスに音楽大好きとはいえ、ちょっと無茶かなと思ったけれど、連れて行ってみた我が家のプチモンスター。
1時間半のうち、20分くらいを除いてめちゃめちゃ集中して見てました。
終わってからも、大人たちのダンスクラスをじ〜っとのぞいて。
たまにタップダンスの足のマネみたいのしちゃったりして。
私は「よしよし。」と思いながら見てました。
すぐにでも入れてみたいけど、習い事の始められる年齢が高いフランスではこんな小さなこの習い事というのは基本的にない。
このダンスセンターでも、最年少でも3歳。
そして3歳が入れるのは唯一『アフリカンダンス』。
『アフリカンダンス』?!
黒人の人たちがいっぱいいるこの国ならではの習い事かしら?!
面白そうじゃないの♪
来年からやってみるか?!プチモンスターよ(笑)。



c0024345_22200778.jpg


大きくなったプチ天使ちゃん弟(なんと9月からフランスでいう中学なんだって!)とも一緒に遊んでもらって。
ちょっとずつ大きくなってきて。
幼稚園のこととか、習い事とか、そして日本人だけに日本語のこともフランス語のことも。
そろそろ本格的に色々考えていく時期になってます。




↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

by tonomariko | 2019-06-24 22:50 | プチ天使ちゃん&弟くん | Comments(0)


おたくの息子さん、ちょっとなれなれしすぎないですかね。


ってカンガルーに言われているような気がした、「カンガルーパーク」。
若干引き気味のプチモンスターの小さな恋人、ポニョちゃん妹と一緒に行ってみました。



c0024345_18485571.jpg


広大な敷地に、ひたすらカンガルーが自由に遊びまわっている「カンガルーパーク」。
入り口でカリカリに乾燥したバゲットがたくさん入った缶を受け取って。
(フランスだからバゲットなの??カンガルーの食べ物はもともとバゲットなの?!)



c0024345_18485523.jpg


しょっぱなか近い近い。
生まれた時からバブーと暮らしているプチモンスター。
動物は全然怖くないようです。



c0024345_18485556.jpg


ポニョちゃん妹はちょっぴり怖いみたいでほんの少し遠巻きに。
バゲットをちょっと遠くから投げる。



c0024345_18485431.jpg



つぶらな瞳で見つめられながら。
美味しそうにカリカリとバゲットを食べるカンガルーたち。
癒されます♪



c0024345_18485488.jpg



白いお花を摘んではあげようとするプチモンスター。



c0024345_18485473.jpg



「花はいりませんよー」
と、カンガルーに拒否されていました。



c0024345_18485531.jpg



カンガルーなんて私も見たことあったかなあ・・・。
オーストラリアってこんな感じなのかなあ・・・。
なんて妄想しながら。
みんなでカンガルーパーク楽しみました。



c0024345_18485675.jpg


お姉ちゃんのことが好きすぎて。
しがみついて離れないプチモンスター。
2人が乗っているワニはもちろんニセモノです。




↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

by tonomariko | 2019-06-22 18:59 | フランスの旅 | Comments(0)


2歳2ヶ月になったプチモンスター。
だいぶ人間らしくなり、言える単語が少しずつ増え、たまに2語文が出てくるようになったりと意思疎通がしやすくなってきました。
ちょっと年上のお姉ちゃんやお兄ちゃんが大好きで。
すぐ絡んでいきます・・・。


前から会うたびにお気に入りだったっぽい、ポニョちゃんファミリーの3人目の末っ子ちゃんのことなんか、もう大好きでしょうがなくて。
かなり積極的にアプローチ。



c0024345_19342133.jpg


幼稚園生のお姉ちゃんにおかし食べさせてもらったり。
ブランコ押してもらったり。
かなりご満悦な様子♪



c0024345_19342274.jpg


プチモンスター、誰にでもすぐ絡んでいく人懐こさはいいのだけど、若干しつこすぎるきらいがあり・・・。
お友達すきすきを表現しすぎて、抱きついて離れないとか・・・。
抱きつき度がしつこすぎてレスリングみたいになっちゃうとか・・・。
「お友達へのアムールがいっぱいいっぱいなのはいいけど、もうちょっと加減しときなさい。」
なんて保育園で先生に言われるプチモンスター。



c0024345_19342298.jpg


その辺のさじ加減、いくら言ってもまだ全然わからないようで。
「そ〜っとしときなさい。」
「あんまりしつこくしちゃダメだよ。」
とか毎日色々伝えてみるけど伝わらない。
目下の私の悩みです・・・。
年齢的なものだから、仕方ないからひたすらダメなことはダメと注意し続けるしかないからしょうがないのよ〜。
と、先生は言うけれど。



c0024345_19342255.jpg


小さな恋人にもちょっぴりしつこくしすぎて引かれ気味なプチモンスター。
頑張れ。
アムールは多すぎたら引かれるんだぞ!!




↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

by tonomariko | 2019-06-21 19:51 | ポニョちゃん | Comments(0)


バカンスに一緒に行ったり、事あるごとに集まる仲良し4ファミリーでプチバカンス。
今年の夏はパリに残るチームの我が家と、日本に帰るチームの3ファミリーとそれぞれみんなバラバラで。
一緒にバカンスに出かけられそうもないので。


3連休を利用してみんなでロワールのぶどう畑に囲まれたバカンスハウスを借りてのんびりした休日を。
私たちが日本の「ぼわっと」催事で毎日髪を振り乱してあたふたしている時に企画されたプチバカンス。



c0024345_17300941.jpg



泊まるところ候補だとか日程だとか毎日大量に送られてくるメッセージを読む暇もなく未読スルーしていたため、参加予定ではなかったのですが、みんなが借りた「ジット」と同じ敷地に、「シャンブルドット」のお部屋もあってたまたま1部屋空きがあったので一緒に行けることになりました。

「ジット」はキッチンがついていて一軒家丸々借りるような貸別荘。
そして「シャンブルドット」は英語でいう「B&B」のような朝食付きのお部屋(5部屋までの小規模なもの)。
「ジット」と「シャンブルドット」両方を経営している場所も多く、今回も超広大な敷地のぶどう畑を持つワイン生産者の経営者が同じ敷地内で両方やっていたのでラッキーでした♪



c0024345_17300931.jpg


リビングスペースの窓の外に超巨大なぶどう畑が見渡せる超巨大な家。
10人マックスというから後乗りの私たちは諦めて、シャンブルドットを借りたけど。
「はっきりいって30人は泊まれるよね・・・。」
とみんなで羨望の眼差しで見てしまった大きなお家でした。
これまた巨大なお庭には、トランポリンやブランコなどの遊具が置いてあって。
もちろんバーベキューコーナーもあって。



c0024345_17300994.jpg


もちろんプールもついています。
そしてフランス人たちは、すぐプールに入ります。
プールに入っては、日焼けして、ワインを飲んで、またプールに入って、おつまみを食べて、日焼けして・・・のループ。
完全にダラダラするモードのおフランス人典型的なバカンスの過ごし方です。
3日間いるんだから、2日目の日中ちょっと近くまで遊びにいってくるなんて言ってみたら「出たよ日本人。すぐ動きたがる。」的な目で見られて苦笑いされます。
もう慣れたけど・・・笑。



c0024345_17300956.jpg



バカンスでもパーティーでもこのメンバーで集まると、必ず繰り広げられるのが。
プチ天使ちゃんとポニョちゃん、女子2人のスペクタクル大会。
「もうちょっとでスペクタクルやるから、ちゃんと座って待っててよ。」
と言い残され、30分くらいどっかでごちょごちょ練習してきたと思ったら、よくわからない歌と踊りと芝居のパフォーマンスが始まります。



c0024345_17300977.jpg



男の子チーム、最初の3分くらい真面目に様子を見ていたけれど、あっという間にどこかに行ってしまいました。
家族たちはもう毎回、毎回この2人のスペクタクルに付き合わされすぎて、誰も真剣に見てくれないので(笑)。
わりとフレッシュな目で見てあげられる、我が家がターゲットになります♪



c0024345_17301034.jpg


さて、そんなこんなで日本から帰ってきてようやく久しぶりにみんなとゆっくり過ごせるはずだったプチバカンスなのですが・・・。
実は我が家みんなで次々と体調を崩し。
ほとんどの時間をシャンブルドットのベッドの上で寝て過ごすという悲しい結末に・・・。
ま、写真で見返せばそんなことはわからない楽しそうっぷりだからいいとしよう♪




↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

by tonomariko | 2019-06-20 17:59 | フランスの旅 | Comments(0)


先日、パリの友人ファミリーの長女、白雪姫ちゃんのお誕生日記念にみんなでディズニーランドへ。


プチモンスターは初めてパリのディズニーランドに行ったのが8ヶ月の時。
とにかく音楽やショーやダンスが大好きなようなので、ちょこちょこ気軽にパレードを見に行けたらいいなと年間パスポートを買っているので今回で4回目。
赤ちゃんの頃は、何も訳がわからず乗っていたというアトラクションも、どうやらちょっとずつ「楽しい」とか「怖い」とか感情が芽生えてきて色々感じるようになったらしく、前よりもちょっと嫌がったり怖がったりするように。



c0024345_18201267.jpg


どうやら室内系はちょっぴり怖いと感じるようになったらしく、ずっと顔を下に向けて見ないようにしていたりします。

そして、とにかくすばしっこい。
手を離せばあっという間にどこかに走っていってしまうので(足がまあまあ早い上に歩くということがないからあっという間・・・)捕まえておくだけで大変です。
わがまま言っては大泣きしたり、もう白雪姫お姉ちゃんも「苦笑」って感じです。



c0024345_18201223.jpg


パリのディズニーランド、日本のように混んでいないとは言っても、やっぱりいい時期やバカンス中は混んでます。
今は夜遅くまで明るい最高に過ごしやすい季節だし、もう人々の頭の中は半分以上バカンスに突入している時期だし。
平日でもディズニーランドけっこうな人・人・人。
が、それでもとっても並ぶもので50-60分。
空いてるのは5-10分。
という感じで相変わらず楽チン。
パレードもパリにしてはかなり頑張って、みんなで30分くらい座って場所取りをしたけれど。
ゆっくりいちばん前で見れるから子供も大喜び♪



c0024345_18201374.jpg


ちなみに、私も白雪姫ちゃんのママも、日本にいた時代は数えきれないほどディズニーランドに通い詰めたまあまあのディズニーマスター。
(ちなみに、2人とも大学の卒論はディズニーランドなど日本のテーマパークビジネスについて書いていたという超偶然な共通点も・・・。)
一方、白雪姫ちゃんのパパは生まれて初めての「ディズニー」体験の日。
「ディズニー」なんて並ぶだけでしょ〜?!
ってちょっぴりなめていたっぽいけれど、一つ目に乗った「ピノキオ」のアトラクションから目に涙。
(まさか怖かったのか?!と思ったけどどうやら「感動」の涙だったらしい笑)
パレードだって白雪姫ちゃん以上にテンションが高かったのは間違いなく白雪姫ちゃんパパだ!
よかったよかった。
みんなで楽しめて♪



c0024345_18201255.jpg



白雪姫ちゃん、夢にまで見ていた夢の世界で本物の白雪姫やプリンセスたちを見て、テンションだだ上がりで最高のお誕生日だったのは言うまでもないけれど。
白雪姫ちゃんパパがめちゃめちゃ楽しそうにしている姿を見れたのも何より♪
よかったよかった。

夜のプロジェクションマッピング&花火ショーも見て帰りたいところだけど。
なんと日が長すぎてこの時期の夜のショーは23時から・・・。
ちびっこ連れではかなり難しいお時間なので諦めます。
日照時間が長い時と短い時と、あまりにも変わりすぎる国だと夜のショーの開始時間が違いすぎる・・・という問題があるんだなあ・・・。




↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!

by tonomariko | 2019-06-19 18:55 | パリのイベント&エンタメ | Comments(0)
Copyright‐©2005-2018 tonomarikoAll Rights Reserved.