パリときどきバブー

パリを拠点に活動するフォトエッセイスト/ヘアメイク、とのまりこのフォトブログ。
飼い犬バブーとちびっ子パリジェンヌ達と、パリの日常をお届けします。
著書のパリのガイドブックシリーズも絶賛発売中♪
人気ランキングバナー

バブーはヨーロッパ何位?
人気ブログランキングに参加中
毎日必ずボクを押してね!

本と製品
お仕事
ドルカのパリ通信
KIRIN Cafe Deliキャンペーンサイト
集英社ハピプラ
パリのお役立ち情報コラム
るるぶパリ
パリ在住人気ブロガーがこっそり教える裏技PARIS!
アクセス・パブリッシング
連載「きゅるコロむ」
犬と一緒に世界を旅するコラム
世界文藝社
女性芸術作品集 MINERVA(ミネルヴァ) Ⅳ
オペラ座写真
株式会社オガワ
ユニバーサルデザイン シリーズパンフレット
ミレジム(Millesime)
オールドヴィンテージ コレクターが提案する
ワインライフ フランス・パリ通信
One Wave
犬と人の新ライフスタイル 情報マガジンOne Wave パリ特派員ブログ&パリカフェ情報コーナー
フェリーチェ(Felice)
ハッピーな気持ちが生まれるメイクスタジオ
「自分らしさを追求するモードの街パリ通信」
青山トップセラピスト
カレッジ パリ特派員情報サイト
パリParis秘密のパリジェンヌ
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2008年 4月号
ワールドルチェーレ パリ情報
ガールズビーヴァガボンド
(メディアファクトリー)内田春菊さん
コミックエッセイ 表紙/ヘアメイク
雑誌 ルチェーレ
(ベネッセコーポレーション)2007年 創刊号
ワールドルチェーレ パリ情報
雑誌 天然生活(地球丸)
2007年9月号 特集 やっぱり大好き。
甘いもの「パリ・普段着の甘いもの散歩」
Honda Dog
人気ペットブロガーが教える 世界の愛犬生活
雑誌Loveカメラ(宝島社)
Vol.6 2月20日発売 人気ブログの写真に学ぶ
「 I love cats & dogs」
雑誌女子カメラ
Vol.2 (ローカス)
女子50人のフォトプロファイル
雑誌noi(ノイ) Vol.4
(ベネッセコーポレーション)コラム
「tonomarikoのウェディング通信」
「おてんばサル姉妹のPhoto Diary パリの冬休み」
ダイナースクラブ会報誌
フォトエッセイ 「フランスでペットと暮らす」
クイックメイク
パリ通信 日本セールス&マーケティング社

NEWS ニュース

       
  • 今年も「ぼわっと」イベントがいっぱい
  • 「ぼわっと」ツイッターやインスタグラムもチェックくださいね!
  •    
  • 伊勢丹新宿「ぼわっと」フランスウィーク連動企画 5階センターパーク
  • 4月10日(水)から4月23日(火)まで
  •    
  • 蔦屋書店(中目黒店)内 「ぼわっとコーナー」
  • 好評につきしばらく開催中

タグ:世界遺産 ( 55 ) タグの人気記事

バブー家と一緒に旅する、ブルゴーニュ地方へのウェディング撮影。
続いての寄り道は世界遺産の「Abbaye de Fontenay」(フォントネー修道院)。
c0024345_22522551.jpg




パリときどきバブーを応援…


ブルゴーニュの田舎、人里はなれた森の中にひっそりとたたずむシトー会の修道院です。
c0024345_22525417.jpg

シトー会は、ブルゴーニュ地方出身の修道士が1098年、フランスのシトーに設立したシトー修道院が発祥だとうこと。
c0024345_2253977.jpg

彫刻や美術による教示を禁止して、質素、清貧を厳格に守り修道士たちが生活していたという修道院は、とてもシンプルで「壮麗」とか「華美」とかとは真逆。
c0024345_22532494.jpg

静かな時間が流れる心落ち着く場所でした。
ここを訪れた時は雲行きも怪しく、空一面が真っ白の雲に覆われて、肌寒い日。
c0024345_22533819.jpg

でもなんとなくそんなお天気までもがフォントネー修道院の雰囲気にピッタリで、中庭に立ってしばらく空を眺めていました。
c0024345_22535457.jpg

さて、パリの空もなんだかちょっとあやしい雲行きになってきた。
洗濯物を入れて出かけないと!
それでは仕事に出かけてきま〜す。





↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2012-10-02 23:17 | フランスの結婚式/ウェディング | Comments(0)
バブー家がフランス中を旅して大好きになった、魅力ある地方の街や小さな村をぎゅっと集めたガイドブック、「パリからの小さな旅」(翔泳社)が8月3日発売になります。
とにかくフランスは、パリに全く負けないほど地方が素敵。
一度では語りきれない地方の魅力をいつか形にしたいと思っていた念願の本です。
c0024345_7312246.jpg




パリときどきバブーを応援…


今回は、パリにプラスアルファで楽しめる場所ということで、パリから日帰りもしくは1泊/2泊の旅で行ける場所を紹介しています。
パリの郊外のオススメスポットはもちろん、ブルゴーニュ地方、アルザス地方、ロワール地方、ブルターニュ地方、ノルマンディー地方とフランス中の旅。
c0024345_7314791.jpg

そして今回は、日本から旅行する方誰もがこのガイドブックを持って実際に旅できるようにと、電車かバスなどの公共交通機関を使って行ける場所の中から選んでいます。
ロワールの古城めぐりの章で登場するお城の一部だけ、どうしても車でしかアクセスできない場所もありますが、それ以外は全部!
私の大好きな、地方の中世の面影がそのまま残る小さな小さな村なんかもたくさん紹介していますが、電車とバスでアクセスできる場所!
アクセスの仕方、時刻表のアドレスなどもスペースの許す限り細かく記載していますので1人でもたくさんの方の旅のお供にしていただきたいと願っています♪
c0024345_732498.jpg

パリなどのように、日常的に日本でも目にする場所と違って、地方の場合は特に写真がたくさんあって、文字を読むというよりは目で見てイメージを膨らませられて、行く先を決めて、旅の準備をしてということが何よりも大切だと思っていたので、写真を贅沢に使ってページ作りをしていただきました♪
もちろん、いつものようにカフェ、レストラン、雑貨屋さんなどのたくさんのショップ情報も。
そして切符の買い方、電車やバスの乗り方/便利な会話集、地方を旅するときのポイントや注意事項など便利情報もたくさん書きました。
この本を持って実際に旅する方も、お家のソファに座りながら本の中で旅をする方にも、たくさんの方に手に取っていただけたらうれしいです。
c0024345_7322240.jpg

バブーのお気に入り、このかわいいカフェも登場します♪
そしてこの本のために訪れた旅先で見つけたかわいい雑貨や蚤の市グッズが今回の「ぼわっと」でもたくさん登場するのです♪
どうぞお楽しみに!






↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2012-07-27 07:55 | フランスの旅 | Comments(13)
ただいま大工事中のモンサンミッシェル。
満潮の時には海に浮かぶ神秘的な島だったモンサンミッシェルが、砂が堆積してしまったせいでその姿が失われてしまったということで、元の姿に戻そうという大プロジェクト。
もうけっこう前からこのプロジェクトは進められていたのですが、観光客として訪れる私たちの目に見えて、私たちにも影響がある大工事が始まったのは今年くらいから。
2015年に全て完成するそうです。
c0024345_18142094.jpg




パリときどきバブーを応援…


以前は島の真下の駐車場まで乗り入れることができましたが、今年の4月からは2.5km手前の本土側につくられた大駐車場に車を停めて、専用無料ナヴェットで島の近くまで移動するというものに変わりました。
もちろんかなり遠いけれど徒歩もOKだし、時間はかかるけれど馬車が車輛をひく「ラ・マランゴット」(こちらは有料)というのもできるみたい。ちょうど先日取材に行った時には馬たちが往復の練習してました。
c0024345_18143925.jpg

人間が島の目の前につくってしまった以前の大駐車場などのせいで、世界遺産の本来の姿が失われてしまったのだからこのプロジェクトは素晴らしいことなのだけど、歩く距離が格段に多くなってアクセスが大変だったのにはちょっと驚き!
とにかく毎日た〜くさんの人が訪れる世界遺産。
「本土側の駐車場」
と一言で言ってももんのすごく広く、ナヴェット乗り場までが遠い…。
ナヴェットは頻繁に来るのでそんなに問題はないけれど今までの駐車場よりはずっと手前で降ろされて島に到着。
バブー家まさかこんなに歩くと思っていなかったのでちょっと疲れました。そのくらい遠い。
c0024345_18145284.jpg

これはバスでパリから来るツアーなんかにも相当大きな影響があるのでは?!
と思って調べてみたら、どうやら団体ツアー等は事前に申し出をしておけば駐車場の中でも一応いちばん近い降りるポイントで降ろしてもらえるようなので、車で行く一般の人に比べたら歩く距離は少ないみたい。
でも明らかに今までよりも合計1時間弱のロスになってしまうのでただでさえ早い集合時間が早くなったり、パリに帰って来る時間が遅くなったりしているのかなあと思っていたのでした。
ちなみに、バスで片道4時間の旅は本当に疲れるので、私個人的にはTGV(フランス版新幹線)とバスを乗り継いで行く個人旅行が疲れも少なくてオススメなのですが、このレンヌからのバスだけは今の所ナヴェットと同じところまで乗り入れが許されているそうで。
個人で行くならますますこの方法がオススメだなあと思ってしまいました。
いいなあ。。。レンヌバスは。。。って(笑)
だってそのくらいバブー家歩かされたんですもの。。。
(もちろんツアーはぜ〜んぶ連れて行ってくれて案内してくれて、切符を買う必要もないし、初心者には大安心で、ツアーだからこそのよさだってあるのであくまでも個人的にという話ですが!)
c0024345_181571.jpg

大昔はこの巡礼地を目指して多くの人が干潮で陸と島がつながったところを一生懸命歩いて、そしてたくさんの人がせまってくる海にのまれたというのが元々の姿。
そのくらいすごい場所だったのだから観光させてもらう私たちがちょっと大変な思いをするのは当たり前なのですよね。。。

その代わり、前は島の前に並ぶ車がずら〜っと写真に入ってしまっていましたが、素敵な写真が撮れるようになりました。
この今の道路もこれから全て取り壊されて、新しい本土と島を結ぶ橋ができるそうです。
そして海の中に浮かぶ島が元通りにも戻るそうで。
その姿も楽しみ。
c0024345_18152085.jpg

きっと3年なんてあっという間にすぎてしまうんだろうなあ〜。






↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2012-05-30 18:38 | フランスの旅 | Comments(7)
ベルサイユ宮殿のチケット売り場。
とにかく人気のこの観光地は、いつ行っても大混雑。
お昼をすぎても大混雑。
晴れた日なんて本当に大変!
事前にインターネットでチケットを買えたりもするので、最初から行く日が決まっている人はもちろんそちらがオススメなのですが。
お天気を見て急に思い立ったらもちろんベルサイユ宮殿のチケット売り場に並ぶことに。
c0024345_2153184.jpg




パリときどきバブーを応援…


お庭をネコさんが横切ったこの晴れた日、相変わらずの大行列で、チケット売り場の建物から外に人が溢れ出して並びました。
チケット売り場の建物、レジがある部屋からいくつかの部屋がつながっていて、一番奥の部屋にはインフォメーションのカウンターがあります。
チケット売り場のレジが混みすぎて、並ぶ人の列が全ての部屋を横切って、インフォメーションカウンターの前を通過してまたぐる〜りと部屋を横切って外の階段にまで列がつながっているから、一体何の列なのか分からずただ地図をもらいたい人も行列に並ぶことに。。。
何十分も並んでようやくインフォメーションカウンターの前に来た時に、この列はただチケットを買うための列だったんんだ!
と気づく。
c0024345_2155177.jpg

さらにさらに、それを通り越して、ようやくチケット売り場のレジに近づいて来たと思ったら、レジの方向に向かって矢印で「チケット売り場」、そして「出口?」と思われる反対の方向にも矢印で「チケット売り場 自動」的なことが書いてある。
?!?!
ま、まさか…。
と思い彼を残してそちらの部屋に向かうと、自動券売機が8台並んでいる。
もちろんみんな並んでしまっているので誰もいない…。
故障中かしら。
と思っていじってみると、いえいえみんなちゃんと稼働中。
あっさりこれでチケットが買える。
フランスにありがちな、カードしか使えなくて分かりづらいシステムだからみんな窓口の列に並んでいるのかしらと思ったけれど、ちゃ〜んと紙幣も使えるし、日本語切り替えボタンまでありました。
なんというムダ。
そしてこれを分かっていてほったらかしにするなんというシステム。
表示板もと〜っても分かりにくいのが絶対に気づかないような場所にあるだけ。
レジの人も、インフォメーションの人も、警備員さんも、働く人は全員見て見ぬふりですもん。
さっすがおフランスです。
「マシーンでチケット買えたよ。」
とちょっと周りの人に聞こえるように列に戻ってみたら、みんな半信半疑ながらゾロゾロとちょっとずつマシーンに気づく人が。
というわけでベルサイユ宮殿に行くかもしれない方には大きな声で言っておきます!
チケット売り場の建物の奥の部屋には誰でも簡単に買える自動券売機がありますよ〜。
c0024345_21679.jpg

おフランス、不思議発見リポートでした♪





↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2012-05-19 21:23 | フランス不思議発見 | Comments(10)
ず〜っと一度見てみたいと思っていた気になる世界遺産「Pont du Gard」(ポン・デュ・ガール)。
長い間ガイドブックに付箋がついていました。
c0024345_16591560.jpg




パリときどきバブーを応援…


大きくて想像を超える迫力は、期待通りだったけれど、それ以上に感動したのが「ポン・デュ・ガール」の下を通る川の美しさ。
c0024345_16593848.jpg

ローマ時代の水道橋の下には透明な深い青緑色の川が流れていて、カヌーを楽しむこども達や、川で泳ぐファミリーたちがたくさん。
ちょっとしたエクスカーションスポットになっていて、駐車場から橋までの間には美術館やおみやげもの屋さんやカフェが並んでいたり。
水着で歩く人がたくさんいたり。
c0024345_16595457.jpg

まるで海辺のリゾート地に来たかのような賑わいでした。
世界遺産の真下で水遊びをするなんてなんて贅沢な過ごし方!
見ているだけでちょっと感動しました。
次の機会がある時は、絶対に水着を着て、憧れのカヌー体験をしてみようと心に誓ったスポット。
c0024345_170968.jpg

水嫌いのバブーはノンメルシーかもしれないけれど。
私はもう一回ゆっくり行きたいな。。。





↑がんばるバブーに応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2011-09-09 07:58 | フランスの旅 | Comments(8)
モンサンミッシェルは、観光の友人や家族が来ると必ず行く場所のひとつなので、もう何回目か分からないほどの数になりました。
凍えるような真冬にも、今回のような春の入り口にも、人が多くて歩けない真夏にも。
c0024345_1643585.jpg




パリときどきバブーを応援…


そんなモンサンミッシェル、いちばん好きなのが夕方以降の人がいなくなってからの寝静まった町。
あんなにたくさんいた人たちがどこに消えてしまったのだろう!
と思うくらいひっそり静かになる世界遺産。
c0024345_16444996.jpg

賑わっていたメインストリートは、まるで時がとまったかのように静かな場所になります。
モンサンミッシェルは、島内にいくつかと、歩いて30分弱の島外にホテルがいくつか。
今回は島の外、お部屋からモンサンミッシェルが見えるというホテルへ。
c0024345_1645589.jpg

闇に浮かび上がるモンサンミッシェルを眺めるのも素敵でした。
いつか家族を連れて来てあげたいな〜と。
(だって以前、母と伯母と来た時は、なんと旅の疲れで夜景を見ないで2人とも寝てしまったんだもの!なんのために夜泊まったのじゃ〜と。。。)

ちなみに、私個人的には島内に泊まる方が好きです。
「島の中に泊まってしまっては、夜景が見れないから意味がない」
なんていう人もいますが、ひっそり静まり返った素敵な島内をゆっくり歩けて、そしてちょっと外に出れば夜景のモンサンミッシェルも見れて。。。
島外のホテルからの往復は、かなり遠くて体力を奪われるので。
車がない場合は個人的には島内をおすすめします♪
(車の場合はどちらでも!)
c0024345_1644289.jpg

「夜中の1時までライトアップされてるよ。」
というホテルのムッシューに言われて夜景を楽しみに来たら、なんと12時前にはシャットダウン。
ホテルに戻ろうとしていると真っ暗闇になり。
「ひょえ〜!!!危ない危ない。。。夜景を撮りそこねる所だった。。。」
明かりが消えた夜のモンサンミッシェルは、黒い山の塊みたい。
降ってきそうな満点の星空を眺めながら、ホテルに戻ったバブー家ご一行様でした。







↑最後に応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2011-03-10 17:13 | フランスの旅 | Comments(3)
あ〜眠い〜。
さっきからものすごい眠気と闘っています。
そんな私の横でバブーは気持ちよさそ〜うにひなたぼっこzzz
最近とってもいいお天気が続いていて、気分爽快なのはいいけれど、ポカポカお日様の中で眠気と闘うのが大変です(泣)。
c0024345_2233218.jpg




パリときどきバブーを応援…


モンサンミッシェル名物と言えば、羊ちゃんたち。
朝になるとどこからか出て来て(あれは本当にどこから出て来ているのだ?!)、モンサンミッシェルの干潟をウロウロしながら草を食べ続け、夕方になるといなくなっている。
羊ちゃんたち。
c0024345_2233421.jpg

モンサンミッシェルでは羊ちゃんが何より優先。
車だって、人だって、何だって何分でも停めちゃいます。
まだまだ冬だから人が少ないけれど、これ、ただでさえ島の手前何キロも渋滞になる夏のシーズンは、羊ちゃんでさらに大変なことになる名物の横断風景です。
c0024345_22335537.jpg

方やレストランに行けば
「モンサンミッシェル名物、塩を含んだ草を食べているのでほどよい塩加減がおいしい羊肉」
なんて言われてしまう羊ちゃん。
ふと考えてみればガ〜ン。。。
ということなのですが、あまり考えないことに。。。

今回羊ちゃんたちが「メエ〜」「メエ〜」とまるで人間が言ってるテープが流されているみたいに同じ声で鳴き続けるのを物まねしたりしながらふと思ったのですが。
メエ〜
って鳴くのってヤギじゃなかった??
羊もメエ〜って鳴くものだっけ??
そういえば、羊の鳴き声って知らないな〜と思った私でした。
鳴き声の問題で出て来るものといえば。
ヤギ、犬、猫、馬、牛…。
なんかで羊って言われたことなかったかも?!
c0024345_2234979.jpg

羊ちゃんたちの後をつけながら、モンサンミッシェルに到着。
かっこよくポーズをとるバブーのはずなんだけど。
潮風に吹かれて大変なことになってる!!
c0024345_22342237.jpg

ちょっとボク、飛ばされるよっ!!
モデルも楽じゃないな〜。





↑最後に応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2011-03-07 22:48 | フランスの旅 | Comments(2)
先日、半日のお休みを取って、シャンパンの街、ランス(Reims)へ日帰り旅行をしました。
もちろん、シャンパンにおぼれるために!
c0024345_725969.jpg




パリときどきバブーを応援…


フランスの北東部、シャンパーニュ地方はもちろん、その名の通り、シャンパンの地域。
その中心都市がここランスです。
TGV(フランス版新幹線)が開通してからは、パリから45分。
あっという間についてしまうので、半日旅行にはぴったりの場所。
c0024345_735018.jpg

ここはランスでいちばんの見所、世界遺産にも登録されているノートルダム大聖堂です。
小雨が降る、どんより曇り空の中での散歩だったせいか、大聖堂はなんとなく地味で暗い第一印象だったのですが、中をゆっくり歩いて、次々にあらわれる個性的なステンドグラスにすっかり心奪われてしまいました。
c0024345_742024.jpg

↑こちらはシャガールのステンドグラス。
しばらく見入ってしまったほど素敵です。
c0024345_744926.jpg

私が個人的にいちばん気に入ったのはこの一番下の写真のステンドグラス。
家にこんな窓があったらいいなあ…。
晴れた日は、きっともっと輝きが増して明るい印象なのでしょう。
また夏に再チャレンジしたい場所です。
もちろん見所を巡った後は、シャンパンづくし。
c0024345_751964.jpg

本当に溺れるほどシャンパンに近づける街なので、酔っ払う前に、午前中に観光をすませないとダメ!
帰りの電車は爆睡ですzzz






↑最後に応援クリック!


いつも応援ありがとうございます♪
1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
今日も楽しんで頂けたら、忘れず応援クリック
していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2008-12-10 10:45 | フランスの旅 | Comments(4)
c0024345_87950.jpg




フランスの風をちょこっと楽しんでいただけたら…


フランスに観光に来ている友人達とモンサンミッシェルに行った。
モンサンミッシェルは、かれこれ夏も冬も合わせて4回目か5回目なのだけれど、こんなに混んでいるモンサンミッシェルは初めて!
夏休みの超大観光シーズン、しょっちゅう通過するパリのノートルダム寺院の混み具合を見ていたら、なんとなく想像はついていたのだけど、まさかまさか、こんなに混んでいるとは思っても見なかった!
バブーが踏まれないように見張るのに精一杯。
c0024345_8738100.jpg

モンサンミッシェルへ続く道は車の大渋滞。
無事到着して島内に入ってからも、山頂の修道院へと続く細い道は大混雑すぎて全く前に進まない。
カメラ小僧の私でさえも、全くカメラを構える気にならない位の人・人・人で、唯一撮った写真達はものすご〜くすいている場所のもの。
それでもこんなに人がいるのです。
もしくはカメラを上に向けて、建物の写真しか撮ることが出来ません。
c0024345_875262.jpg

よく考えてみると、夏休み期間中は日本ですごしている事がほとんどだったわたし。
そしてパリにいたとしても特に観光地に行く機会がなかったわたし。
久しぶりに夏中パリですごしてみて、そして友人達と観光地を巡って、夏休み中の混み具合を改めて知ることになったのでした。
この時期、ヨーロッパ各地、アメリカ、イギリスなどからの家族連れがとっても多い。
日本人は1年中多いけれど、とにもかくにも長いバカンスを使って来ている外国人観光客の多いこと!
モンサンミッシェルの駐車場。
フランス人らしい(?!)要領のと〜ってもよろしくない交通整理も手伝って、たった数百mの距離、モンサンミッシェルからバスが抜け出したのも小一時間たってから…。
アパートの周りはみな雨戸も閉め切ってバカンスに出払って、こんなにひっそりのんびりしているのに、実は8月のパリってなかなかすごい!
c0024345_88985.jpg

からっと気持ちのよい素敵な季節だけれども、8月のモンサンミッシェルも、かなりの覚悟が必要です。



↑ブログ楽しんでいただけたら…ここから応援どうぞよろしく

1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
最後に忘れず応援していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2008-08-08 08:26 | フランスの旅 | Comments(6)
c0024345_20505999.jpg



「パリときどきバブー」を応援っ♪ここからクリック♪


夏時間になったパリ。
ますます日が長くなって、待ちに待った季節の到来する中で、気持ち良さそうにお昼寝しているバブー。
一方、関西に上陸している方のバブーは、大阪から京都へ移動。
清水寺をウロウロしているバブーは、こちら「きゅるコロむ」へ。
c0024345_20514335.jpg

日本での犬と一緒の移動術、そして宿泊術。
ヨーロッパとのギャップにとまどいつつも、だんだん慣れて来たけれど、京都はけっこう大変でした。
観光する場所には困らない古都、おいしいものもいっぱいある京都。
外国人観光客にも慣れたものだけれど、犬の観光客はさすがにね…。
なかなかいないらしく、泊まれる所を探すのにも苦労しました。
結果的には大満足の素敵な旅になったけれど…。
c0024345_20521682.jpg

そんなバブーの京都旅行もお楽しみください♪
苦手な幼稚園児よりひどいイラストも書いて(泣)。
ちゃんとどんどん更新されますから…。



↑ブログ楽しんでいただけたら毎回応援クリックを!

1日1回のクリックがランキングに反映する仕組みです。
最後に忘れず応援していただけるとうれしいです!
by tonomariko | 2008-04-01 21:01 | 日本の旅 | Comments(2)
Copyright‐©2005-2018 tonomarikoAll Rights Reserved.